社会・経済

「パパみたいにならないでね」という母親のグチが子どもをダメにする 世代間連鎖を防ぐ子育て論(5)

幼稚園に通う息子が問題児に?

現代ビジネス 8/12(土) 14:00配信
写真:現代ビジネス

 その晩、夫は珍しく早く帰宅した。ケイコさんは、どうやって息子の話を切り出そうかと考えていた。

 ユウトが4歳になって、やっと幼稚園生活も軌道に乗ったと思っていたのに、今日の夕方お迎えに行ったとき、担任の先生から「少しお話があります」と言われたのだ。

 出産するまで幼児教育関係の団体に勤めていたケイコさんは、育児や子どもの教育にはそれなりの知識があると自負していた。

 不安になったが、できるだけにこやかな顔つきを心がけているケイコさんに向かって、先生はこう言った。

 「ユウトくん、じつはお友達に軽いけがをさせてしまったんですよ」

記事の続きを読む

 柔らかな口調だったが、明らかにユウトに対して批判的な内容を聞いて、ケイコさんは驚くと同時にショックを受けてしまった。

 「ああ、そうですか……ほんとうにすみません。できればそのお友達の名前を教えていただけるでしょうか。ちゃんとお詫びをしたいと思いますので」

 ひたすら頭を下げているケイコさんに向かって先生はさらにこういった。

 「最近、ご家族に何かあったんでしょうか。ちょっと落ち着きがないし、お友達との関係もうまくいってないみたいなんですね」

 追い打ちをかけるような担任の言葉を聞きながら、ケイコさんは冷静さを失い、頭の中が真っ白になってしまった。落ち着きがなく、友達とうまくいかない……つまり、園では問題児になっているということだろうか。

photo by iStock おやつまで手作りにして、水泳教室も開始したし、いずれ小学校を受験するための準備だってぬかりなくやってきたのに。ママ友との関係だって、自分で言うのもなんだけど、それほど困っているわけじゃない。行事のたびに私は中心的な存在になっている。

 なのに、いったいどうしてだろう。「ご家族に何かあったんでしょうか」というのはいったいどういうことなんだろう。その言葉を反芻しながら、心の中で不安の塊がだんだん大きくなってくるのを感じた。

 でも、担任に家庭のことにまで首を突っ込んで来る権利などあるだろうか。何よりこの話がママ友に伝わっていくことが怖い。

 「先生、ご心配おかけします。特に何も変わったことなどありませんから、ユウトがもっとのんびりできるように、今度の週末、山の家にでも連れて行きます」

 ケイコさんは、ゆっくりした口調で伝え、深々と頭を下げた。

 帰る道すがら、ユウトがけがをさせたお友達にどうお詫びをすればいいかを考えながら、ケイコさんはだんだん担任に腹が立ってくるのを覚えた。

 幼稚園の指導や教育の問題なのに、それを家族の問題にすり替えているのではないだろうか。自分たちの幼稚園教諭としての至らなさを親のせいにするなんて責任逃れではないだろうか。

この夫とやっていくしかない……

 夫が入浴を終えるのを待って、ケイコさんは担任への批判も込めて言われたことを報告した。

 夫はいつものように缶ビールを開けて、テレビのニュースを見ながらスマホをいじっている。いちおううなずいているものの、相槌を打つわけではない。ケイコさんの顔を見るわけでもない。

 ケイコさんはそんな夫の姿に慣れているはずだった。体調が悪いときも特に気を使ってくれるわけではない。

 休みの日の買い物には付き合ってくれるが、いつも車の中でゲームをしながら待っている。ユウトと遊んでくれるときも、いっしょにゲームをするだけで、ときには口惜しがってユウトとケンカになってしまう。

 「ちゃんと話、聞いてよね。スマホやめて私の顔を見てくれる」

 ケイコさんが声を荒げると、
「ごめんごめん、そんな感情的になることじゃないだろ」
「たいしたことないじゃん、よくあることだよ。俺なんてママにいつも苦労かけてたし」
と言う。

 その言葉を聞いて、ケイコさんは怒るよりも体じゅうの力が抜ける気がした。

 ユウトはケイコさんのことを「ママ」ではなく「おかあさん」と呼ぶ。ユウトが生まれた今でも夫が姑のことをママと呼んでいるせいで、家族のあいだでママというのは姑のことを指すようになっているからだ。

 ケイコさんのマンションは夫の実家から徒歩5分の位置にある。夫の両親がケイコさんたちを近くに住まわせるために購入してくれたものだ。

 夫は実父の経営する会社の専務であり、同族経営特有のゆるい仕事に携わりながら、同年代の男性よりはるかに高額な給与を得ている。

 その恩恵を受けていることにはケイコさんも感謝しているのだが、息子に対してこれから先、どんな父親の姿を見せるつもりなのだろう、そう考えるとイライラや疑問ばかりが強まってしまう。

 育児の方針に関しても、最後は「ママに聞いてみるよ」と逃げる。そのことを責めると逆ギレされたことが何度もあったので、今ではあきらめて触れないようにしている。

 姑はまだ若々しく、ミニスカートを履いて、ゴルフ三昧になるにはもったいない年齢にもかかわらず、週の半分は車でゴルフに出かけている。

 ユウトの育児に対しては、「専門的な知識だけじゃやっていけないんじゃない」などとそれとなく嫌味を言ってくる。

 「ハヤトはほんとに素直な子だったわ」とユウトに言い聞かせるのが常だったので、ユウトは父親をパパと呼ばずに「ハヤト」と呼び捨てにするようになってしまった。

 いつのまにか、姑が来宅したあとは、ケイコさんを激しい頭痛が襲うようになった。

photo by iStock 担任の言う「家族環境の問題点」を挙げ始めれば、もう限りがない。ケイコさんが努力して変えることができる部分など、ほんのわずかしかないのではないか。

 夫は今の会社を辞めないだろう、そのままいけば後継者になるだろう。夫の両親は丈夫なので、ずっと長生きするに違いない。そうすれば夫は「ママ」に依存したままに違いない。ユウトにとって父親はあの夫であり、ことあるごとに「ママが……」「ママに……」と言い続ける姿を見本に育っていくのだ。

 ときどき、ケイコさんはすべてを投げ出して家を出たくなる。離婚して、新しい人生を歩みたくなる。

 でも、ユウトの姿を見ると、やはりあの夫といっしょにやっていくしかないのかと思う。とはいえ、夫の背後に数珠のようにつながっている一族のことを思うと深いため息が出るのも事実だった。そんなときは、ユウトだけが救いに思えた。

 「ユウトは、おとうさんみたいにならないでね」「ユウトだけはおかあさんのこと、わかってくれるよね」、そう言って少し涙ぐむと、ケイコさんの目をみつめて、ユウトは真剣に「だいじょうぶだよ」とこたえてくれるのだった。

母親の孤独と「母子密着」

 ケイコさんのような夫婦関係の女性は少なくないでしょう。その多くは、夫に不満を抱えながらも、さまざまな理由からあきらめたり我慢したりしているのが現状です。

 経済力や子どもの年齢などの問題もあるでしょうが、「事態がよくなるようにまだまだ努力の余地があるはずだ」という気持ちもどこかにあるからでしょう。日常生活の忙しさにまぎれて、なかなか事態を突き詰めて考える時間がないことも影響しています。

 こうして、言葉にならない不満や疑問、時には怒りといったものが少しずつ沈殿していきます。大切なことは、これらが時間とともに忘れられるわけではないということです。

 記憶の世界に堆積しつづけて、何らかの拍子に、一気に思い出されるということが起きるのです。

 そして、ユウトくんは、いったいどのような父親像を抱いて育つのでしょうか。子どもが抱く父親像はどのように形成されるのか、考えてみましょう。

 同性の親が、子どもにとってもっとも大きなモデルになることは言うまでもありません。息子にとって父親が、こうなりたいと望むような肯定的モデルであることは望ましいですが、そのとおりにいかない場合もあります。そんなときは、叔父や祖父、ときには近所に住む親しい知人がモデルになることもあります。

 ところが近年、親族との付き合いや近隣との交際の機会が減少することで父親以外のモデルの不在が生まれています。そうなると、どんな父親であるかということがきわめて重要になり、見方によっては一種のリスクの高まりともいえるでしょう。

 文学などの創作やフィクションの世界にモデルを求められるようになるのは、小学校3年生以降だろうと言われています。

 そうか、やっぱり「父親不在」が問題なのかと思われるでしょうが、今回はあまりにありふれたこの言葉をとりあげるわけではありません。

 ケイコさんは、夫や「ママ」と呼ばれている姑のことを、どのようにユウトくんに伝えているでしょう。

 誰にも言えない、沈殿するしかないような日々の負の感情や思いを、いろいろなことがまだ理解できないはずのユウトくんに、だからこそ安心して伝えているのではないでしょうか。

 何もわからない、いわばイノセントな存在である子どもだからこそ、多くの親(特に母親)は恨みやグチといった、聞くに堪えない内容を吐露するのです。

photo by iStock 母から寝物語のように聞かされた内容は、子どもに大きな影響を与えます。母の言葉が世界そのものですから、それを信じるしかないのです。

 母の言葉が相対化され、それ以外の現実があることがわかるのは小学校3年生を過ぎたころです。母の言葉が子どもの世界を作り上げるとすれば、父親のようになってはいけないと言われた男の子は、同性の親をモデルにすることを母から禁じられることになります。

 それは同時に、「ユウトだけはわかってくれるよね」という、息子に対してケアの与え手や理解者役割を期待していることを意味します。息子はこうして「母親を守らなければ」と思うようになるのです。

 それは義務感だけではなく、自分だけが母を理解し守っているのだという「選ばれた陶酔感」をもたらしますので、多くの子どもたちは、それを頼りに、それを唯一の親からの愛情や承認の証しとして生きるのです。

 多くの孤立した母親たちは、自分に全面的な信頼感を寄せるイノセントな子どもによって救われます。

 夫が理解してくれなくても、姑からどのように責められようとも、目の前の子どもだけは自分を信じている。こうして子どもは母親にとっての、もっとも忠実で裏切ることのない存在に仕立てられていくのです。

 母親が不幸であればあるほど、その必要性は増すでしょう。知らぬ間に「救済者」「無批判な聞き手」の役割を与えられた子どもたちは、母から必要とされる存在として選ばれた陶酔感が、母からの愛情だと信じて成長するのです。

 これを外側から見ると、「母子密着」だととらえられるでしょう。このレッテルを貼る前に、子どもにその責任はないということをわかってもらいたいと思います。密着をつくり出すのは親なのです。

「イクメン」は増えたけれど……

 では、母親を中心とした、子どもがあたかも臣下であるような関係は、父親が育児に参加すれば防げるのでしょうか。

 「イクメン」とは、「ワークライフバランス」のような、男性も仕事をするだけではなく育児に参加しようという政府の提唱から誕生し、全国的に広がった言葉です。地方自治体の男女共同参画センターでは「イクメン講座」などが開かれた時期もありました。

 育児休暇を取る男性を増やそうという主張、休日には子どもと遊ぼうといったキャンペーンも展開されていますが、現実はそれからは程遠いことは周知のとおりです。

 しかし街を歩けば、抱っこ紐で子ども連れている父親たちにはいっぱい出会いますし、父親がベビーカーを押したりする姿や、明らかに育児をひとりで担当している男性の姿も珍しくありません。これらは、私たちが育児をしていた1970~80年代には見られなかったものです。

 イクメンが増えるのはたしかにいいことでしょう。それに、どこか気恥ずかしい気配を残していた男性の育児を、むしろかっこいいのではないかとファッショナブルに転じさせることができたのも意味がありました。

 女性誌の一部では、都心の広大な公園でパパが子供と遊んでいる光景がグラビアを飾り、たいてい、傍らではモデルのようにスラリとしたママが足を組んでベンチでそれを眺めています。

 もちろん、子どもに目もくれずに自分だけゴルフに行くパパより、子どもといっしょに公園に行って遊んでくれるパパのほうがいいに決まっています。育休をとれるパパはそれほど多くないでしょうが、育児に明け暮れる毎日の大変さを経験することは、宇宙旅行よりも大きな経験になるはずです。

 でも、それだけでは不十分ではないでしょうか。

イクメンが引き起こす「育児の覇権争い」

 もともと育児のほとんどを担っている母親と父親との関係がどうなのか、父親の育児参加に対して母親がどう感じているか、が大きな要素となるからです。

 ときどき気まぐれに、「イクメンだよ」と言って育児にかかわられても、母親としては迷惑かもしれません。たまに手伝うくらいで大きな顔をしないでよ、と反発する母親もいるかもしれません。

 イクメンといえども、妻(母親)に対して威圧的だったり、子どもをめぐって妻をバカにしたりという態度と無関係ではありません。「育児の覇権争い」(父と母が、どちらが正しいかを競い、たがいに批判しあう)が起きてしまうとしたら逆効果でしょう。

 母親と父親の関係が、否定し批判し合う関係ではなく、尊重し合っているかどうかという視点を抜きにしてイクメンを持ち上げることは、いくつかの危険性をはらんでいます。

photo by iStock もっとも多いと考えられるのは、いま述べた「育児の覇権争い」です。母と父(妻と夫)のあいだに競い合いが生まれる危険性です。

 「今までこうやってきたのに、口を出さないで」
「休みの日だけ勝手に子どもをいじっても、どうせ最後は私がやらなきゃならないんでしょ」

 こう言ってかえって妻のほうがイライラしてしまったら逆効果ではないでしょうか。中には「やっぱ、パパのほうがいいんだよね」と子どもに語りかけ、妻をむっとさせる夫もいるでしょう。

 そんな様子を察知してすかさず、「ママってこわいよね~」と子どもを取り込み、「ママよりパパのほうが好きだよね~」とダメ押しをするのです。そんな夫の態度は、果たして育児の助けになっているのでしょうか。妻はますます不機嫌になり、子どもにもあたりかねません。

 このように、育児をめぐって父と母が対立し、互いに子どもを取り込もうとすることは、子どもにとっては決してうれしいことではありません。

 自分をめぐってパパとママが言い争いをしているのですから、ひとこと「うん、パパのいうとおりだよ」とでも言おうものなら、母親は自分を裏切り者という目で見るでしょう。もちろん、逆も起こります。

 子どもたちの多くは、そんな空気をいち早く読み、ひたすら沈黙し、どちらにもつかない態度を示すしかないのです。両親の平和がそのまま自分の平和につながるのですから、そうするしかありません。

 このように、イクメンがそのまま両親(夫婦)間の平和につながらないということは、自覚されるべきでしょう。

子どもは「仲間はずれ」でもいい

 子どもの視点に立てば、主たる育児者をもういっぽうの親は尊重し支えなければならないということが見えてきます。

 両親ともに働いていても、やっぱり母親が中心の育児であれば、父親はその補助・支援者の役割に徹するべきだということです。

 時間もないのに、イクメンだからと主導権を握ろうとすれば、それは子どものためにはならないでしょう。むしろ自分の力を示すためのものになってしまいます。

 極論すれば、母親にとっては、口も手も出さずに無関心なままでいてくれたほうがいいということにもなりかねません。時間と労力を使いながら、あくまで妻の方針を尊重すること、これがイクメンの正しい姿でしょう。

 どうしても目に余る妻の育児態度があるとしても、それは子どもの前で指摘しないで、二人だけのときにやんわりと妻が傷つかない言葉を使って説明し、説得するべきでしょう。

 ケイコさんの例は、母と子と父が、二対一になっていました。夫婦の不和の多くは、「母子」対「父」という二対一の構図を生み出します。

 イクメンの例では、子どもをめぐる覇権争いでしたが、これも二対一(母子対父、または父子対母)であることに変わりありません。

 大切なことは、父と母が二になるべきで、子どもは一でいいということです。子どもが仲間はずれになったと感じたとしても、母と父が二人でチームを組んでいるほうが、前述の二対一よりもはるかに望ましいといえます。

 月並みな結論めいていますが、夫婦が仲がいいこと、二人が連携をとって主たる育児者を尊重する態度を示すこと。

 これがいわゆる「母子密着」といわれる状態、それがもたらすさまざまなリスクを避けるために必要なことだと思っています。

信田 さよ子

 

現代ビジネス

 

名無しさん 23時間前
全文読んだ自分を褒めたいと思う。
 
名無しさん 2017/08/12 18:07
全文読めたんですね。すごいです。諦めました。
名無しさん 2017/08/12 18:50
挫折しました(^^)
名無しさん 2017/08/12 19:03
なっが。
名無しさん 2017/08/12 19:39
私も途中ドロップアウト
全文読めた人すごい!
名無しさん 2017/08/12 19:57
拾い読みと飛ばし読みしてなんとか最後まで掻い摘んで分かった、、、かな。
名無しさん 2017/08/12 20:07
長い。最後の方は飛ばしてしまった。
で、このコメ見たら笑ってしまった。
名無しさん 2017/08/12 20:09
頑張って全部読んだ。
読んだけどよくわからない。
著者は育児の分担について物申したかったの?
子どもに愚痴を聞かせるのがいけないってことを言いたかったのではなくて?
分担さえ上手くいってれば愚痴が出ないっていうものでもないでしょう。
要点がボケた感があって、なんか残念•••。
たぶんいい事言ってそうなんだけどなあ。
名無しさん 2017/08/12 20:15
写真、ダンボールを被ってる?
名無しさん 2017/08/12 20:16
最初と最後以外は流し読みだけど、多分理解できたと思う(笑)
旦那は家族のためと言いながら自分のために仕事をし、嫁は子供のためと言いながら自分のために育児をした結果、子供がストレスで問題児化したって話。
名無しさん 2017/08/12 20:26
言いたいことが途中でバラバラした気がするけど、興味深い内容でした。
しかしこのままだと、ユウト君も将来「ママに聞いてみる」とか言い出しそうですが?
私、子供と話してて(今の愚痴みたいになったなー)と思ったら、「…とか言ったらいけんのんよー?いろんな考え方があるけんねー」と付け加えます。
名無しさん 2017/08/12 21:04
読めなかった…
名無しさん 2017/08/12 21:24
途中で挫折、でも概要は把握できた。要するに、悪口言うな。
名無しさん 2017/08/12 21:27
自分も読みきれなかった(>_>)
名無しさん 2017/08/12 21:40
この程度の文章読めないやつが、育児しないでね
名無しさん 2017/08/12 21:50
とても興味深い話だったので読み始めましたが、半分読んで挫折しました…
本当に途中で話がバラバラして疲れた…
ここのコメントのおかげで内容を理解しました…
名無しさん 2017/08/12 21:53
無駄に長い
名無しさん 2017/08/12 22:13
担任を逆恨みしてる段階で終わってる
更に駄目な亭主を選んだのは誰なのかと
名無しさん 2017/08/12 22:37
それ。保育教育に少しでも従事してたのなら
園の指導の至らなさを家庭のせいにするな、なんて考えなんか出てくるかな?
園と家庭、スッパリ切り離せるものではないんだから。
で結局この母親は自分の過ちに気づけたのかな?
名無しさん 2017/08/12 23:10
担任のせいにするのもあれだけど、家庭で何かあったのかと尋ねる担任も踏み込みすぎだしどうかと思うけど
家庭の出来事が因果関係と思える内容でもないですし
名無しさん 2017/08/12 23:32
で、結局ユウトくん家はどうなったんだ?
そりゃ夫婦円満がいいのは自明なんだけど、現実そうもできないから
みんな苦しんで、子供も犠牲になってるわけで
分かりきったことをあっちこっち飛び火しながら書いてるだけ最後まで読んだけど、要旨不明
名無しさん 2017/08/12 23:38
かなりの長編でした。
ちょいちょいでてくる
PhotobyiStock。
かなり目ざわりでした。
名無しさん 2017/08/12 23:49
日本女の面倒くさいところだ
名無しさん 2017/08/13 00:10
そうですね、無駄に長い!
それとPhotobyiStock!
いい年して母親をママと呼び続ける気持ち悪い旦那が霞みました。
息子、母親、旦那、先生、書いた人、みんな問題ある…
名無しさん 2017/08/13 00:14
眠くなりそうな自分に鞭打ってやっと辿り着いた結論「月並みな結論めいていますが、〜」
この筆者殴っていいですか?
名無しさん 2017/08/13 00:17
ほんとそれ、長過ぎ…。読み手の気持ちを考えてください。
名無しさん 2017/08/13 04:14
最初の息子の問題行動は、母親の父親、姑への愚痴のせいってこと?よくわからなかったです。
名無しさん 2017/08/13 04:56
私は途中で離脱。
最後まで読んだ貴方はエラい(笑)
名無しさん 2017/08/13 06:48
ギブ!2ページの途中で野際さんが見えてきた。
名無しさん 2017/08/13 08:09
まずはこんなクソみたいな駄文をだらだら書いて金もらうような大人にならないよう子供に教育しないとあかんな。
名無しさん 2017/08/13 09:22
文字数で報酬決まってるんじゃないですか?
名無しさん 5時間前
半分くらいで読むのやめた
はっきり言って内容以前に
「文章を書く能力が下手すぎる」
 
名無しさん 5時間前
(・`д´・)
 
名無しさん 3時間前
夫がママに聞いてみようとか言い出したあたりでやめた
 
名無しさん 1日前
私の母も愚痴だらけの人で、長女の私はずっと聞かされてました。
自分が被害者で可哀想なんだというスタンスで話を進めてましたが、
後からよくよく考えてみたら、母にも十分落ち度はあるという結論にいたりましたよ(笑)
 
名無しさん 2017/08/12 16:42
同じ立場で苦しんで来ました…
いい歳になってようやく客観視出来るようになりましたが、これまで母の敵を同じように敵視してきた自分に情けなく思うことが多いです。今はむしろ母の落ち度や欠点ばかり目に入ります。
名無しさん 2017/08/12 17:04
就職し世の中との関わりが多くなってから、母親の愚痴多しの発言が一方的だったことに気づきました。
それまでは母親の言い分そのままを吸収するばかりで…。記事にあるような、守ってあげなきゃ、味方でいなきゃ、という感覚が優先してました。
それだけに、母親の正体を気づいたときは自分がほとほとイヤになりましたし、多少自暴自棄になりました(笑)。
繰り返される愚痴というのは洗脳めいたものがありました。今振り返るとゾッとします。
名無しさん 2017/08/12 17:08
毒親とまでいかなくても、長女ってそんな役回りさせられますよね。
父親への愚痴、父方の祖母に対する愚痴、私の友人のお母さんの悪口、学校から帰るたびに聞かされるのが、本当に辛かった…。
名無しさん 2017/08/12 17:10
全く同じ。親戚のおじちゃんおばちゃん、近所の人、自分はむしろ好きな人たちなのに母に「.あの人はうちを影で悪く言ってるから話してはダメよ」なんて言われて育ったからなんとなく疎遠になってしまった人々。情けないことに40代になって客観的に見られるようになり母の方が問題のある人物だったんだな、と思うばかり。自分の子供にはこういう風に接したくないな。
名無しさん 2017/08/12 17:25
面前DVと同じ。
子どもに親の愚痴を吹き込む行為は、立派な児童虐待です!
名無しさん 2017/08/12 17:47
多いのですね。姑、親戚、その他諸々…母の愚痴(敵)は私の敵。に感じてました。一人暮らし→社会人→30代になるにつれ、洗脳が解けていった感じ。
娘、息子には引き継ぎたくない。誰にでも認知バイアスはあるものの、子どもの成長を考えたら、人様への愚痴なんて口にできない。
名無しさん 2017/08/12 17:56
私も幼いときから母親の愚痴を聞かされてきました。弟には言わなくて長女の私だけに言う。
聞きたくないと言ったから母親に逆ギレされました。私は母親にとって愚痴悪口のゴミ箱みたいな存在です。
名無しさん 2017/08/12 18:08
愚痴は聞いてくれるなら旦那が良いかもしれませんね。旦那の愚痴はママ友の旦那への不満大会で。
子どもに愚痴を言うなら、子ども自身が自立して、色々な人の立場や感情を理解できるようになり、ふんふんそうだねー大変だねーって聞いてくれるようになっとき…って、いつなんだろう?
名無しさん 2017/08/12 20:25
愚痴を言う母親めっちゃ多いんだね、
なんか安心したわ
むしろ女は愚痴を言う生き物なのか
名無しさん 2017/08/12 20:41
こんなに同じ境遇の方々がいるなんて!本当に嫌になりますよね。私は幼い時から母親にも問題があると思っていたので、洗脳されなくてすみました。あれってただの八つ当たりですよ。
名無しさん 2017/08/12 22:22
私も長女でそういう状態でした。
子供の頃は父親が絶対悪い!お母さん可哀想!って思ってましたが、大人になれば「そんなに嫌なら離婚したらいいじゃん」って思ったし(でも自分が苦労したくないから絶対に離婚はしない。でも愚痴は私に言う)子供が産まれたらこんな妻や母にはなりたくないと反面教師になりました。
結婚とともに距離を置きましたが、母は自分の兄弟には「自分が娘に夫の悪口を吹き込んだからだ」なんて絶対に言いません。自分がよく見られたいから。私の父にも同じです。
だから私は親戚や父親には「母の言うこと聞かない偏屈娘」扱いです。
ちなみに私の母の姉も娘(私の従姉妹)に同じことをしてます。おばは離婚して自宅で孤独死。母はそれを見てるので余計離婚はしないでしょう。従姉妹は葬儀にもきませんでした。当時の私は不思議に思ったものですが、今なら従姉妹の気持ちがわかります。私も母が死んでもどうでもいいです。
名無しさん 2017/08/12 22:53
ウチもそうでした。
因みに長男です。
結局、そんな母親って「自分が全て正しい」とばかり言うだけで、何にも反省しないんですよね。
都合の悪い事は全て他人が悪い事にしてしまう、かつ子供を味方にする事でそれを確固たるものにする。
私はそういう母に疑問を持ちつつも、社会人になるまでは味方のフリしてました。
社会人になって、父の立場が理解出来るようになった頃、母の相変わらずの一方的な父への見下しに腹が立ち「お前はいつもいつも自分が正しいとばかり言ってるけど、それでも文句言わずにお金を稼いでくれた父に対しては何の感謝も無いのかよ?」と言って、ビンタを食らわせて車から降ろし、母を置いてけぼりにして帰りました。
こんな母親ですから、それ以来、何を言って来ても一切無視しています。
名無しさん 2017/08/12 23:11
私も長女で母の味方だったし、父が大嫌いでした。でも、自分が大人になって、父が嫌いな気持ちは減り、母が大嫌いになりました。
理不尽で自己中だったからです。
そんな私も、今、気づけば長女に旦那の文句を聞いてもらってます…情けない…
これから気をつけます。
名無しさん 2017/08/12 23:21
うちもそうです〜。むちゃくちゃ母に愚痴られました。
何度も「そんなに嫌なら離婚せーよ。離婚して経済的に苦しくなっても、今よりマシや」って思いましたし、実際に母にもそう言いました。
だけど周りのせいにして、母は絶対に離婚しませんでした。
終いには「あんたらがまだ小さいのに離婚できるわけないやろ!」と私たち子どものせい(笑)
「私のせいで離婚できひんのかー、つまり私のせいでお母さんこんな苦しんでるやなー、私が死んでいなくなったら、お母さん楽になれるんかも?」と、何度も思いました。
名無しさん 2017/08/12 23:44
まーーーーったく!皆さんと同じでした。そこまで毎日悪口言うのになんで離婚しないのか不思議でしたが、既に二人ともバツイチだったと、大人になって知りました。
だからって、たまに実家に帰った時まで父親に喧嘩腰になられるとうんざりします。
東海と関西で離れたのでまだ良しとしますが、こんな妻にはならないと固く誓って結婚しました。
名無しさん 2017/08/13 00:07
因みに、私はそんな母を目の当たりにしていたので、「女は外面と腹の底で思っていることが違う」という感覚が今でも抜けず、結婚願望は全くありません。
腹の底が分からない他人と暮らすくらいなら、自分一人のほうが気楽だからです。
近づいてくる女はいますが、どことなく腹黒さをちらつかせて、「そんな私を認めてね♪」的なノリの人があまりに多いのに辟易します。
名無しさん 2017/08/13 00:08
うちも小さい頃から母親の愚痴を聞かされることがありました。もちろん出張がちな父親からも聞くこともありましたが、大人になって父親の言っていたことや感じていたことの方が浅かったと気付きました。
様々な家庭があるとは思いますが、私も出張がちなので家庭内での出来事に気付けない事も多いだろうと発言には注意するようにしています。
名無しさん 2017/08/13 06:34
離婚して引き取った子どもに吹き込む愚痴ほどタチの悪いものは無い。
子どもを洗脳し「会いたくない」と言わせ、離婚時に交わした親子面談の約束も履行しなくなるからだ。
親子断絶防止法案に要注目だ。
名無しさん 2017/08/13 07:37
日本の母親は妥協が下手だね
名無しさん 2017/08/13 08:48
私の母親もそんな人です。
友人が出来てもすぐに不満愚痴って本当の友達がいないよう…
私が結婚したばこりのころ「あんたは、家族を踏み台にして幸せになっていく!」みたいなこと言われました。
自分より相手が勝ると思うと実の娘の幸せでも許せない母親でした。
そうやって周りのせいばかりにしているので当然孤独です。
母は、そう言う可哀想な世界観でしか生きれない貧しい心の生き方なんだと思って距離を置いて付き合ってます。
本当にこんな重荷な親になりたくないと思います。
親なら自分が不幸せでも子どもが幸せならそれでいいて思いたい。
名無しさん 2017/08/13 10:41
私の母親もそうでした
父の悪口、親戚の悪口
夫婦喧嘩すると1週間も父と口をきかず
あげくの果てには私達子供にもとばっちり…
子供の頃から嫌でした
大人になってから
親戚の事でグズグズ言って来たので
聞くのも嫌気がして(どうせ1人でなんて生きていけないくせにと思いもあり)
『そんなに嫌なら1人になったらいいじゃない』って言ってしまった…
母親は黙ってしまったけど…
そんな反面教師の下で育った為か
性格もあると思うが
母の様なタイプの人間にならなかったので
(ずっとあんな風になりたくない思いがあった)楽しく子育ても出来たし
平穏な生活を送れてます
ある意味母親に感謝なんですかね…苦笑
名無しさん 4時間前
嫁姑問題で子供は母親の味方になると思い込んでる女がいるけど、必ずしもそうとは限らない。
どんな事情があっても他人の悪口ばかり言ってる人は例え親でも幻滅する。
 
名無しさん 3時間前
子供の方が大人な家庭もあるよね
 
名無しさん 2時間前
同じ状況の人ばっかりでびっくりした
私も長女で、私だけ母の愚痴を聞いて育った
父方の祖母と関係がうまくいっていなかったみたいで、(母は祖母から来るなと言われたようで)幼い頃から子どもと父だけその家にいき、帰ってくると決まって不機嫌になったり怒られたりしたから帰りたくなかった…
最近だと私が小さい頃に愚痴を言っていたことを悪かったと気づいたのか反省して時々謝ってくるようになった
 
名無しさん 1日前
ほんとこのパターンあるあるですね
離婚しなくても母子家庭感覚でやっていく
みたいな人もいますけど
よその頼り甲斐あるご主人さんと比較して
情けなくなるかもね
誰の悪口でも子供には言わない方がいいけども
言わせてるのは誰って話
 
名無しさん 2017/08/12 15:57
父親の悪口を言う母親は、
ほとんどがパーソナリティ障害の人です。
母親こそが問題。
父親の悪口を言うことで、
自分の価値を楽してあげようとする
毒母親。
子供の成長を考えたら、
父親の悪口は父親にだけ言うべき。
子供の心理に悪影響しかない。
人格障害の、
幼児のまま母親になった。
ボールビーが指摘する
親子の役割逆転ですね。
名無しさん 2017/08/12 16:07
一体、そんなに何を頑張ってるんです?
名無しさん 2017/08/12 16:08
ほんとですね。
愚痴だらけだった頃の母に聞かせてやりたいわ。
姑への不満は姑に、夫への不満は夫に言え、無関係の子供を巻き込むなと。
名無しさん 2017/08/12 16:23
知りもしないくせに「母子家庭感覚」などと軽々しくいうな。
名無しさん 2017/08/12 16:42
子供に平気で嘘をつくだんな、騙されたと泣く息子に、ゲームでご機嫌をとらないでほしい。
愚痴りたくもなるよ。
名無しさん 2017/08/12 16:48
母子家庭感覚か自分の役割と割りきるかは母親しだいでしょうね。
名無しさん 2017/08/12 16:58
この場合の母子家庭感覚って
行事など含め父親不在ということ
気に障ったんならごめんね
名無しさん 2017/08/12 17:24
>誰の悪口でも子供には言わない方がいいけども
>言わせてるのは誰って話
なら面前DVも、振るわせてるのは誰って話か?m9
名無しさん 2017/08/12 17:48
言わせてるのは誰??
じゃあそのバカ旦那を選んだのは誰?www
名無しさん 2017/08/12 17:51
旦那に責任転嫁するなよ醜い
名無しさん 2017/08/12 18:13
思い上がるな。ばーか。
名無しさん 2017/08/12 18:33
そんな旦那を選んだのはあなた
離婚する気が無いならあんまり旦那の事を言わない方が良い
きっと旦那さんもあなたの事で我慢してる事あるんじゃないかな?
でも言わない そのかわりあなたの言葉を聞かないと言う手段に出てるだけじゃない?
名無しさん 2017/08/12 18:36
なによりもいい歳こいたおじさんが母親をママと呼ぶことが一番びっくり
名無しさん 2017/08/12 18:44
言わない方がいいんじゃなくて言うべきではないだよ
あんたにとっては他人の悪口でも、子供にとっては自分に流れる血の半分を絶対的な存在である母親から否定され続けて生きるんだよ?
こんな頭悪くて想像力のない人は子供産まない方が良かったと思う
子供が可哀想
名無しさん 2017/08/12 18:46
私の場合は逆で旦那が子煩悩で家事も協力的で楽に主婦生活させてもらって日々感謝して来たので子供が小さい時からパパを褒めたりパパみたいな男性が旦那さんだと奥さんは幸せだよ。
と、言って育てたら成人した息子達は日本男児的な所がないマメで彼女に尽くす男に育った。
だが母親としては少し微妙な気持ちでは有る。
結婚してそれで家庭が上手く行くなら良いと思うが奥さんに頭の上がらない不憫な子になってしまわないかと…
あまりにも父親に威厳が無いのも悲しいし。
また高校生の娘が父親大好きで結婚した後でパパと自分の旦那を比べて不平不満が出るのではないかと…それも心配。
最近はパパはちょっと変わってて特別な人だからパパみたいな人は探せないと思うよ。
と、それとなく言ったりしてる。
名無しさん 2017/08/12 18:52
母親の愚痴を聞いてる子供はストレスなんだよ。
精神面が不安定になるよ。
子供には絶対言うべきじゃない。
聞いてる側は捌け口がないんだよ。
名無しさん 2017/08/12 18:56
元夫は働くけど全く家族に興味なし、土日は好き勝手にダイビング三昧、で運動会にも来ず、なほぼ母子家庭感覚だったからか、本当に母子家庭になったところで本当になにも変わらん。残念。(離婚しても困らぬよう経済面は上手くやった)
名無しさん 2017/08/12 18:59
そんな感じでとても優しくて家事育児に協力的な叔父がいるけど、叔母は幸せそうだけどそこの娘は30代で2人とも結婚はおろか彼氏もできてない。
父親大好きだし父親以上の相手はこのご時世じゃなかなか見当たらないだろうし。
おまけに未だに2人とも実家暮らし。
たぶんこのまま一生家を出ることはないと思う、、、
名無しさん 2017/08/12 19:15
言わない方が良いけどもってそこで終わらないのなら言う意味がない。
言わせてるのは誰?っていうのが本質なのでは?そこがミソ。対価を求めるのは人の本質。いつか幸せになれると良いですね。
名無しさん 2017/08/12 19:31
日本人は歴史的に見て、親子癒着型にはなりやすいのだと思う。
多くが農耕に従事してきたことや、個人の自立より家制度が重視されてきたことも、その一因だろう。
現代は農耕社会が主体でもないし、家制度も殆ど崩れてきているが、癒着型の精神性は形が変わっても遺っているように思う。
家庭毎に健全な在り方を模索し、構築できれば、子ども達も自立して親や親族とも良好な関係を築ける。
が、不健全な方に出ると、様々な問題が起こるのではないか。
たとえ記事のような対立関係が無くとも、コメント欄にあるような自立できない親子関係になってしまったり。
根深い問題だと思う。
記事のような機能不全家庭状態がずっと続くと、子どもはそれこそパーソナリティ障害になる。
名無しさん 2017/08/12 19:59
言わせてるのが誰って言うのがキモって旦那が本当に最低で出た愚痴だろうが本当は人格者だろうが子供には関係ないわ
こういう人って自分のストレス解消>>>>>>子供なんだろうね
名無しさん 2017/08/12 20:12
旦那が嫁と子供にストレスを与え、嫁がそのストレスを子供に受け流す。
誰のための仕事、誰のための育児なんだか。
名無しさん 2017/08/12 20:13
隣の芝生は青く見えるって諺、知ってますか?知り合いの旦那と比較するからおかしいことになるんですよ。他所との比較の結果、自分で落第点付けて愛想尽かすのってどうかと思いますよ?自分の旦那にも他所様より優れてることたくさんあるもんですよ?ただ、あなたが今の旦那の良さに慣れ過ぎて鈍感になっただけで。
名無しさん 2017/08/12 20:46
どれほど立派な母親なんだか。笑
名無しさん 2017/08/12 21:43
まあ実によくいるよね。
今ある幸せにまるで感謝しないで不満のネタばかり探すオンナって。
こう言うオンナは一生不満タレておっ死ねば良いんだ。
名無しさん 2017/08/12 22:01
コメ主、本当に幼稚ですね
名無しさん 2017/08/12 22:17
コメ主最悪!
旦那さん可哀想。
離婚すればいいだろうがよ
愚痴言われなくて旦那も楽だろうし
名無しさん 2017/08/12 22:34
このコメントに赤を押す人が一定数いるって事に、ヤフコメ社会の捻じ曲がりを感じる。常識的に、これを肯定しちゃダメだろ。
名無しさん 2017/08/12 23:07
「言わせてるのは誰」って、子どもの言い訳ですか。
名無しさん 2017/08/12 23:11
お金の為に結婚したのかな?
甲斐性のない人を選んで結婚したのは自分なのに言わせてるのは誰って…
旦那が全て悪いようにいうのはどうなのかと思う。
比較しても情けなくなるだけ。
最低限、子供には愚痴を聞かせないでほしい。
名無しさん 2017/08/12 23:13
コメ主が私の母だったら、間違いなく往復ビンタで顔をプクーッと腫れあがらせて置いてけぼりにしますなぁ。
自分の行動を反省するという選択肢が全く無い人は、世間からもそういう目で見られてるよ。
見られてないと思ってるのはバカ母だけ。
名無しさん 2017/08/12 23:46
よその頼り甲斐あるご主人は、ただのよその頼り甲斐あるご主人に過ぎないけどなぁ。
名無しさん 2017/08/13 00:19
コメ主のような奴って、「そういう旦那を選んだ自分にも責任がある」とか、「自分の行動が旦那に影響を与えている」といった発想が全くないんだよ。
でも大丈夫♪
そういうとっても図々しい人は、友達関係の間でも普段からとっても図々しいのを隠せていないから、陰でとことん嫌われてるよ。
どこにいても「私は絶対悪くない」という態度が滲み出るからね。
名無しさん 2017/08/13 00:32
隣の芝生は青く見えますよね。
でも、そういう他人の表面的な言動を見て比較するのは、「足るを知る」を知らない、知性のない人だと自分が思われますよ。
言わせてるのは誰、って言わせることをさせてるのは誰って話。
名無しさん 2017/08/13 05:08
このケースは、実際どうしたら良いのかな?
できる所まで自分が努力しても、夫が変わらなかった場合・・・離婚を選択するか、離婚しないと決めたら、(この話なら夫実家によりお金も時間もありそうだから)割り切って自分や子どもが楽しむためにお金使ったり、夫に任せられるなら子どもの相手してもらったり・・・少ないかもしれないけど、夫の良いところだけを見て・・・。要は自分が精神的な自立をしていれば、母子密着から避けられるという話?
名無しさん 2017/08/13 06:57
>できる所まで自分が努力しても、夫が変わらなかった場合・・・
その感覚が、すでに自分より夫の方が下、という感覚ですよね?
そんなに自分が偉いの?
そんなに自分のやっている事は凄いの?
その感覚がすでに嫌い。
うちのバカ母もそうだったけど、周りから見ていると、父をディスる母なんて、実は大した事していないのに「私はとっても凄い事をしている。でも父は何一つしない」ととってもとっても大きな勘違いばかりしていて、実は周りへの配慮が大きく欠けている。
そんな態度に気づかない限り、何も変わらない。
息子が友達を虐めるのも、実は母が父を含めた他人を普段から叩いているのをそのまま真似ているだけかもしれませんよ?
名無しさん 2017/08/13 07:19
米小売り大手ウォルマートの店舗で、
何丁ものライフル銃を並べて「今学期を席捲しよう。ヒーローのように」
などと銃を学校用品のように販売して炎上したが
コメ主はまさにそんな状態だな!
銃社会でもまともな人がいたから炎上したように
ヤフコメもまた、まともな人が多くて安心した。
コメ主がウォルマートのように叩かれているのだから。
名無しさん 2017/08/13 07:41
何で他人と比べて見下すんだ
自分は、そんなに偉いのか
名無しさん 2017/08/13 07:50
>何で他人と比べて見下すんだ
>自分は、そんなに偉いのか
一度、mit氏の生活を隠しカメラで本人に気づかれないように、2~3か月くらい撮影してみたいよね。
これだけ自信持って旦那を見下しているんだから、よっぽど他人に見せても恥ずかしくないような素晴らしい子育てをしているのでしょうな。
名無しさん 2017/08/13 08:27
そうゆうバカな女達は、褒めてくれる人間が周りに誰もいない。
無論、大した事もしていない。無知で他力本願。
そして、常に悲劇のヒロイン。
離婚で子供を引き取った時から子供がグレ始める。いや、むしろ既に精神障害を起こしてる。
そんな人間供が国のせいにし、政治のせいにし、全ての旦那のせいにし、全ての異性のせいにする。
そして反日人間達のフェミニスト宗教団体の言葉や、やらせの反日メディアのテレビ番組の内容を鵜呑みにする。
偽被害者の一人となりビジネスになるだけ。
百害あって一利なし。
本当に苦しんでる人間達の邪魔でしかない。
名無しさん 2017/08/13 08:58
よその頼り甲斐あるご主人の奥様は、ちゃんと子どもの前でも、もちろん外でも夫をたてますよ。だから頼り甲斐のあるご主人に見える。
そして、たててもらった男性は妻のために頼り甲斐のある夫をつとめます。
どんな夫婦でも相手に不満は、ありますよ。
でも、賢い奥さんは絶対に夫の愚痴を外で言いません。損するのは、愚痴った自分。
名無しさん 2017/08/13 09:50
被害者意識が強く、自分には問題が無いと思い込んでいる内は成長はしない。
名無しさん 2017/08/13 10:22
この旦那さんって気分転換の為に何か始めても文句言わなそうだし、やはり奥さん側の問題の様に感じる。
奥さんの不満がお子さんに伝わってるんじゃないかな?
うちも舅の自営の下で安い給与で使われてたし、不満は一杯あるけど家事は一切しなくても子供は居れば必ずお風呂に入れてくれてたし、朝は行って来ますのチューを必ずしてたら娘は好きな子にお昼寝の時間にチューをしたそうだ。
先生にはお家でされてるんですね(笑)と言われたけど…
旦那も遊ぶから不満は沢山あったけど、舅に無駄に使われるのが嫌で私は働いてたな。
気持ちの転換をはかりながら生活をしないとキリがないと思うよ。
名無しさん 2017/08/13 11:13
女って、よく喋る割に無神経な表現を厚顔無恥で堂々とする。
そのくせ、それを言わせてる原因を他人に平気で転嫁する。
なのに、男がちょっと無責任な言葉を発すると、それをいつまでも根に持ってて、あとで大きく仕返したりする。
女って、自分で思っているほど人間出来ていないんだよ。なのに、物凄く偉そうな態度で堂々としてる。あの図々しさは一体何なんだ?
女の図々しさは、駅に行くとよく分かる。
歩きスマホを注意して逆ギレするのは男より寧ろ女。
手摺や吊革がすぐ近くにある場所で立ち乗り両手スマホしていながらぐらついているのを注意しても、男は素直に言う事を聞くのに対し、女は睨み倒して全く聞かない。
汚い男が触った物を触るのが嫌だとかいう話が聞こえてくるが、その割には汚い男が座ったたかも知れない席にはすぐ座る。
それも、年代を問わずにそういう奴がいる。
こんな女とは結婚なんてしたくない。
名無しさん 2017/08/13 11:17
女って「こういう悲劇のヒロインのアタシを理解しなきゃ許さないからね!」らという態度を、いつでもどこでもしたがる。
その割に、自分は大して周りの理解などしていない。
したつもりになっているだけ。
名無しさん 2017/08/13 11:25
いやなら(結婚生活)やめろ
名無しさん 4時間前
お盆になり真剣に離婚を考える時が来ました。
 
名無しさん 4時間前
悪口を言って無くても態度が顔に出てると子供は見抜くよ。
そしてそういう親を反面教師にする。
 
名無しさん 3時間前
それにしても同じ女としてコメ主さんの赤ポチの多さに恥ずかしさを感じる
 
名無しさん 23時間前
母が父を悪く言う度に、その血は私にも半分流れてるんだと、ドス黒い感情になったものです。
両親仲が良い親は、本当に羨ましく美しく映りました。
 
名無しさん 2017/08/12 22:50
そんな親、そうそういないよ、と思います。
うちも仲悪いし、父の妹1号は離婚歴あり、妹2号は超不仲でそれが娘に伝染して娘は父とは口もきかず。形式上、父はいても、いないも同然だった。
高校時代の友人は離婚での片親多かったし。
名無しさん 2017/08/13 09:54
それでも添い遂げ、介護し、旅立ちを見送りましたが、未だに昔父に苦労させられた話をしたがる母の愚痴を永遠と聞いてあげることが親孝行であることなのが悩むところです。半分くらいは聞いてあげますが、エンドレスに続くマイナス思考にこちらまで参ってしまいそうになるのです。
名無しさん 4時間前
仲の良い両親に育てられた私は、不仲の両親に育てられた妻と考え方が違います。取り敢えず家族はバラバラで行動したがり、家族旅行なんて考えません。
 
名無しさん 3時間前
主人の家は男尊女卑で封建社会。私の家は個人主義。まあ、考えの合わない事(笑)
姑は世話好きのお節介。何でも手作りしたがるから、主人や息子は何でも母親=妻がやるのが当たり前。やらないと文句言う。自分の仕事(家事労働)をやっていないと…そのクセ、今時共働きは当たり前とほざく。なら、お前も今時の亭主になってみろと思う。バカ息子は、家事のひとつも出来ないと将来自分が困るよと、手伝いさせようとすると、イイもん、可愛い彼女か奥さんにやってもらうから〜とほざく。
女は男の奴隷じゃねぇ!
 
名無しさん 1時間前
結局夫婦は他人だからね。
いついつまでも仲良くなんて綺麗事。
 
名無しさん 23時間前
親って、「愚痴っても、まだ小さいから忘れるだろう」とか思って子供の前で愚痴る親いるよね。小さい時の記憶はどこまで覚えてるか個人差はあると思うけど、私は幼稚園に入る前あたりから覚えてます。「よくそんな昔のこと覚えてるね」って驚かれるけど。母親がよく父や祖父母の愚痴を言っていたのを覚えています。幼心にも嫌な気持ちでした。そのたびに「小さいからって、子供の前で言うのはよくないんだ。私は将来母親になったら言わないようにしよう」と毎回思っていたのを覚えています。
 
名無しさん 2017/08/12 21:12
でも言ってしまいますよ
血は変えられない
ああはなりたくない!と思う気持ちが植えついて、そうなってしまいましたね
名無しさん 2017/08/12 22:02
血は変えられますよ。
負の連鎖は自分次第で止められます。
名無しさん 17時間前
女性複数人集まれば夫の悪口大会なのでね
そういう井戸端があれば
子供に愚痴らなくなるのかな
 
名無しさん 17時間前
私も全く同じです!私のこと?と思いました。
幼稚園に行くため、母に制服に着替えさせてもらいながら、母の愚痴を聞いていたシーンが、今でも鮮明に頭に残っています。
 
名無しさん 16時間前
外で言っても、まぁだ家の中で私にまで言ってましたよ。「聞きたくない」と言うと「聞いてよ!聞くのも親孝行だ」とか、わかのわからないこと言われて逆ギレされました。
母の友達には「あんたのお母さん愚痴っぽいね」とか言われる有様。恥ずかしかったです。
 
名無しさん 23時間前
私の母親も、愚痴や悪口ばかり言う人で、母親はいつも可哀想なんだと思い込まされていました。周りには言わないでねと私にはためこませながら、自分は私を愚痴のゴミ箱のように扱っていたな。それでスッキリして、周りには良い人で通っていたね。夫婦の問題や自分が不倫していることまで話してきて、それでも周りには言わないで、あなたしか話せないの、あなたは優しい人ね、と。その役割をやめられたのは大人になってから。やめてからは優しいなんて言われなくなりました。母親はろくな人じゃないと思いましたが、そういう母親、ここのコメント見てもたくさんいるんですね。
 
名無しさん 2017/08/12 20:26
うちの母とよく似ています^^もう相手にしてられないですよね。
名無しさん 2017/08/12 23:14
そうですね。子供だった頃は愛情が感じられず苦しかったですが、解放されて、やっと自分らしく生きられるようになりましたよ^_^
そういう母親多いんですね。
自分だけ苦しかったと思っていましたが、そうじゃないと分かって、何となくですけど、もっとどうでも良い過去に思えてきました。
名無しさん 2017/08/12 23:27
辛いを思いをされましたね…(T-T)
これからは、その辛かった環境から自分を解放させてあげてください。
そして、沢山沢山幸せになってください。
名無しさん 7時間前
母親の愚痴のゴミ箱、私もこんど実母に言ってやろう。幼い頃、「おばあちゃんやお父さんに言っちゃダメだよ」と口止めしながら愚痴を吹き込み続けた母に。
 
名無しさん 3時間前
うちも同じだったな
大人になってうちの親はおかしいって気づけたけど、気づかない人もいるからまだ幸せかも
もう一切連絡もしてないけど、子供(孫)は会わせてるから声聞くのも実はしんどい
反面教師にして子供には父親の悪口は一切言ってない
身内の悪口って友達にも理解されないこともあるからストレスが溜まる・・・
 
名無しさん 2時間前
昔の亭主関白の名残か、それを美徳としてきた日本だから分かるけど。嫌なもんは嫌と言わなきゃね。
年取ってグチグチしかも同じことを言われるのは吐きだまりにされたようで、子として存在意義を無くす。でかい家を建てて、子をみな大学出したと自負してる親ですが、大学以外の道を許さなかった圧力。そんな親は高卒です。自分のコンプレックスを子で挽回しようとする親にはなりたくない。
 
名無しさん 1日前
姑をママって呼ぶ息子気持ち悪い。
子離れ、親離れできてないし、家じゃ奥さんの話し聞かないくせに「ママに相談する」だって~経済力があっても線引き完璧に間違ってる。
奥さんだって生ぬるい環境にいるけど、この気持ち悪い家族と付き合ってたらおかしくなるよ。言いたいことも言えないだなって。
自分が決めた人と結婚したんでしょ?
という人いますが、完璧な人間なんていないから不満が出る訳でむしろそればかり選んでたら多くの人が結婚出来ないって。よくうちは~旦那さん立ててますアピールする人って、「頑張っていい人みつけましたよ」って自慢したいのかな?
問題は奥さんのようにも見えるかもしれないけど、これは夫婦そして大きく言うと家族の問題。旦那さんも幼稚園のお迎えの時に直接担任の先生(第三者)から指摘されてどう思うか。
考えない旦那さんならそれまで。
 
名無しさん 21時間前
言霊ですよ 言葉に出すことで自分を幸せにも不幸にもする
家の旦那って素敵でしょ?って言える人は素敵な人だよ 旦那の欠点も受け止めてるだけでしょ 
そうやってあなたも旦那さんにあなたのお陰で私幸せっ て言い続けてみたら?
すこしはあなたの不満だらけの心根も変わるかもよ?
夫婦は似てくるもの そして大抵自分と同じレベルの男だから結婚と言う縁ができたと思うの
旦那のレベル=あなたのレベル=子供のレベル それ以上にはなりません
 
名無しさん 19時間前
お互い尊重し本当に仲良くできる相手と結婚した人は、基本的に運が良かっただけ。結婚なんてババ抜きみたいなもの。
 
名無しさん 17時間前
相手を悪く思えば、相手も同じように思っているんだよ。
 
名無しさん 23時間前
結局、このユウトくんのお家の問題は解決したのかな?
夫とお義母さん、おかしいですやん。
でも、次期社長でしたか?金銭的に余裕のある生活を送れるし、我慢されてストレス溜めたままなのか?
この、夫と義母の関係が変わらないといろいろ無理ですよね。
 
名無しさん 8時間前
自立出来ない女性が多いね
いつまでも日本に媚びる
 
名無しさん 8時間前
いやどっちかっていうと、父親が自立してないから姑をママって呼んでるんでしょ?
なんでそれが女性のせいなの?
 
名無しさん 8時間前
父親が精神的にも経済的にも自立できてないでしょう?
 
名無しさん 1日前
photobyiStock
 
名無しさん 2017/08/12 16:09
photo無しphotobyiStock
名無しさん 22時間前
 
名無しさん 18時間前
そうそう、これ気になった(笑)
 
名無しさん 17時間前
同じくw
 
名無しさん 1日前
パパみたいにならないでね、と子供にいうのはどうなのかと思う。明らか父親がダメなやつだと教え込んでるじゃないか。ダメなやつでもそんな男と結婚したのは自分だし、離婚しない限りそれを子供に教え込んじゃダメ。
 
名無しさん 2017/08/12 16:55
本当、それ。
離婚する勇気も無いくせに子供に愚痴ることで解消するなって。
子供の半分は父親。
父親を否定するのは子供からしたら自分を否定されているのと一緒。
名無しさん 2017/08/12 20:29
離婚してもだめだよ
選んだのもそいつとパンパン生中して産んだのはお前らじゃん勝手に失敗の結果を子供に押し付けるなって思いますよ本当に
名無しさん 2017/08/12 21:10
パパの下着と一緒に洗うわよ!イヤ〜お母さんやめて〜笑
名無しさん 17時間前
言えば言うほどパパと同じになっていきそうと感じた母子密着。
 
名無しさん 17時間前
結婚式って虚しく感じるのは
自分だけ?
 
名無しさん 16時間前
離婚してもダメだね。大人になって分別ついてからなら良いと思う。けど、子供ってダメな親でも会いたいんだよね。どういう言い方するか本当に難しいと思う。
 

 

関連記事

  1. 言っても聞かない子どもたち。保育士はこう対応して落ち着かせる。
  2. 【事件簿】史上最悪の詐欺師、270人を海の果てで見殺し、「嘘の国…
  3. 飲酒の友人助けるため 警察官に暴行容疑の少年逮捕、に対する世間の…
  4. キリンビール社員のパワハラ紛いの飲み会映像、ネットで非難轟轟
  5. “美しすぎる”と話題のタクシー運転手・生田佳那さん 「かもしれな…
  6. えっ…牛丼でなく「とんかつ」? 松屋フーズ社長に聞く沖縄進出の狙…
  7. ビットコイン、今夜分裂か…取り扱い中止店舗も
  8. 女装して女性の気持ちを体験してみよう。妊娠状態+ベビーカーで街に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

遺留品バッグから犯人毛髪=黒色、バリカンの跡―世田谷一家殺害・警視庁

東京都世田谷区で2000年12月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で…

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生…

【高校野球】“大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!

初戦で自己新記録の154キロをマークした佐々木朗はせず 第100回全国高等学校野球選手権…

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は?

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。逮捕から23年だ…

スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか

● スタバとマックの背中を押した 想像以上にひどいプラスチック汚染 ダイヤモンド・オ…

トミー・ジョン手術を受けた球児の悔い 「痛み我慢せず早く言えば…」

 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱…

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴー…

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP