社会・経済

「母ロス」でうつを発症 解決する方法とは〈AERA〉

 親の看取りは誰しもが経験するもの。しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることができなかったと、後悔する人は多い。まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、その日は急にやってくる。お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、そろそろ話し合ってみませんか? AERA 2017年7月10日号では「後悔しない親との別れ」を大特集。

AERA dot. 7/9(日) 16:00配信
中川葵さん(27)が母との思い出に大事にとっている、小学校から高校まで使っていた弁当箱を入れていた巾着袋。裁縫が得意な母が、縫ってくれたという(撮影/写真部・片山菜緒子)

 母親を亡くした時、「母ロス」と呼ばれる苦悩や悲しみに襲われる人は少なくない。精神的に母への依存度が高い日本では顕著だ。母ロスを乗り越えるには、どうすればいいか。

*  *  *
 遺影の母は、笑っている。

「笑っている写真にしたんです。だけど、見るとつらいです」

 中川葵さん(27)は、そう言うと涙ぐんだ。

記事の続きを読む

 今年1月、最愛の母を亡くした。胃がんだった。がんが見つかったのは2015年冬。その時点で、ステージ3。

 治療すれば治ると信じ、母も治療に積極的だった。母とは離れて暮らしていたが、仕事が休みのたびに実家に戻り、母との時間を過ごした。しかし、昨年12月上旬ごろから母の病状は悪化し、入院。年が明けると体調は一気に悪くなり、最期は家族に看取られ亡くなった。享年59。

「もっと、一緒にいたかったです」

 中川さんにとって母は、どんな時も味方でいてくれ、支えてくれる存在だった。中学・高校と反抗期だったが、母は毎日弁当を作ってくれた。部活で朝が早い時も、朝ご飯を作ってくれた。

 大学を卒業するとCA(客室乗務員)になった。入社してすぐ、会社を辞めざるを得ない状況になったが、「その時はその時でしょうがないわ」と言ってくれた。そんな優しかった母の死を、まだ受け入れることができないという。

「いつも母のことを頭のどこかで思っている感覚です」

●寂しさはなくならない

 今も、ふとした瞬間に、悲しみのスイッチが入る。

 仕事中でも、自分たちと同年代の親子が搭乗してくると、「一緒にどこか連れていってあげたかったなあ」と思う。とくに母と過ごした実家に帰ると、さまざまな思い出が鮮明によみがえり、涙がこぼれるという。

 洋裁が得意だった母が残してくれた洋服や小物、生地を入れていた缶。一つひとつに母の思い出が重なる。中川さんは言う。

「いつか母の死を受け入れられるとは思うんですけど、寂しさはなくならないと思います」

 人には必ず誰かとの別れが訪れる。だが、母を亡くした時、「母ロス」と呼ばれる苦悩や悲しみに襲われる人は少なくない。

『母ロス』(幻冬舎新書)の著書がある心理学者の榎本博明さんによれば、母ロスとは、心理学の専門用語で「対象喪失反応」、つまり愛着の対象を失うことに伴う心理反応のことだという。

「欧米では配偶者を失った場合に対象喪失反応が出やすいのに対し、日本では親を失った時に顕著です。欧米では配偶者同士の絆が強いのに対し、日本では親子間の距離が近いため。また、父親より母親を亡くした時の喪失反応が強いのは、それだけ母子関係が強いからです」

 一般的な母ロス反応として(1)心身の不調、(2)故人のことばかり考える、(3)故人の死にまつわる罪悪感、(4)敵意のある反応、(5)喪失前に果たしていた役割がうまく果たせなくなる、などがあるという。

 今回、本誌ではAERAネットを通して、母親を亡くしている人を対象にアンケートを行った。29人から回答があり、「まだ母の死を受け入れられていない」と回答したのは、全体の約20%に当たる6人。そのうち、母の見送り方や治療法に「後悔」や「自責の念」があると答えた人が目立った。

●冷静な対応ができない

 都内の自営業の女性(44)もそんな一人。昨年10月に母をがんで亡くした。67歳だった。母は6年ほど前にがんを発症。その後は入退院を繰り返したが、亡くなる前日は自宅で家事をこなし、普段とあまり変わらない生活をしていた。それが明け方、急に具合が悪くなり、病院に搬送されその日の夜に亡くなった。最期は家族全員で母を見送ることができた。しかし今も終わらない後悔が続いているという。女性は言う。

「何度も思い返すのは、最期の見送り方があれでよかったのかということです」

 母と離れて暮らしていた女性は、母の危篤を聞くとすぐ病院に駆けつけた。すると、母は「のどが渇いた」と言って、しきりに水を飲みたがった。だが、水を飲むと誤嚥を起こす心配があるので飲ませないでほしいと看護師から言われ、小さな氷を口に運ぶことしかできなかった。だけど、水ぐらい好きなだけ飲ませてあげたかった。感謝の言葉を伝えることができなかったことにも悔いを残している。母に、「今までありがとう」の一言を言えなかった。母に最期であることを認識させたくないとの思いからだった。

「すべてをやりつくして母親を見送れた人は多くないと思います。私も、何とか前向きにいこうとは考えていますが、もう少し時間がかかりそうです」

 先の榎本さんによれば、悲嘆や後悔の念などは、愛着の対象を失った人たちの多くが抱く対象喪失反応。そのダメージは、母への依存度が高ければ高いほど、強くなるという。

「母親が亡くなった場合、混乱して自己コントロールを失って冷静な対応ができなくなり、攻撃的な衝動が表れます。それが医師や看護師などの病院関係者に向くこともありますが、自分に向かった場合は、罪悪感や自責の念になります」(榎本さん)

●現実を直視すること

 母ロスから立ち直るには、どうすればいいか。アンケートでは「母への手紙を毎日書いて客観的に自分の気持ちを知るようにした」「時間が解決してくれた」など、様々な意見があった。

 都内の会社員の男性(56)は、12年前に母を80歳で亡くし、うつを発症したが、現実と向き合うことで母ロスから立ち直ることができたという。

 人は必ず死ぬ──。頭ではわかってはいたが、母を亡くし心にぽっかり大きな穴が開いた。母の死から2、3カ月経ったころから物忘れが激しくなり、気分が晴れず、一日のうちで気分がコロコロ変わる気分変動が大きくなった。仕事にも支障が出るようになった。

「雨が降っていたなと思ったら日が差してくる。そんな感じでした」(男性)

 症状がよくならず、精神科に入院。入院中、投薬を中心とする治療がなされたが、同じ入院患者や友人らに励まされる中で、現実を見つめ直すことができた。人は遅かれ早かれ必ず死ぬと心から思えるようになったという。積極的に治療に取り組み、母の死を受け入れることができるようになり、半年で退院できた。今は、母親のいない生活を普通に受け止めている。男性はこう振り返る。

「僕がこの状態でいても母は決して喜ばないと思ったんです」

 榎本さんは、日本人の場合、愛着の対象は死んでも心の中に生き続けるため、現実を直視し思い切り悲しむことが大切だと話す。

「配偶者や友だちなど、グチを聞いてくれる人がいることが大切。そうして心の中にしっかりとした居場所をつくり、心の中に生かし続けることが大事。逆に、対象喪失という事実から目を背け、一心不乱に仕事に没頭したりするばかりでは、いつまで経っても喪失というつらい現実を消化することはできません。これは母親に限らず、配偶者や子どもなど、大切な人を亡くした人も同じです」

●自分の人生を生きる

 終活コミュニティー「マザーリーフ」を主宰する、葬儀社「ライフネット東京」代表の小平知賀子さん(55)は、こう話す。

「何をしても100%はありません。見送り方にしても治療法にしても、その時はわからないなりに最善のことをしてきたと思います。そんな自分を容認してあげましょう」

 実は小平さんも今年3月、母を急性白血病で亡くした。享年84。愛情の深い母だった。

 今も夜寝る時など、母のことを思い出し、会いたいと思う。余命を告げたほうがよかったのか、抗がん剤をやめさせればよかったのか、病院を変えればよかったのか……。治療中のそんな後悔も押し寄せてくる。それでも少しずつ、悲しみや後悔と折り合いをつけていると話す。

「まずは、頑張れた自分をほめてあげてください。これからも自分の人生を生きていくのですから」(小平さん)(編集部・野村昌二)

※AERA 2017年7月10日号

AERA dot.

名無しさん 23時間前
数年前に母と兄弟を亡くした。その半年後、父も末期のガンで入院、あっという間に亡くなった。とにかく忙しくて何も考える暇が無かった。悲しむ時間も無かった。涙も出なかった。誰にも話せなかった。いつも明るく振る舞った。そんな自分を誰も分かってくれない、自分の居場所が無くなった気がして仕事後に飲み歩いた。私を置いて皆いなくなってしまった事を恨んだりした。怖くて現実を直視できなかった。皆、遠くに旅行に行っている感覚だった。法事は夢の中の出来事のようだった。とにかく全てを忘れたくて遊び歩いた。
ある日、体が動かなくなった。鬱だったんだと思う。仕事も辞めた。貯金も尽きた。何もかもなくして、ようやく家族を亡くした現実に向かい合えた。誰か話せる人がいたら、もっと早く立ち直れていたのかもしれない。だから、助けを必要とする人に手を差し伸べたいと思う。
 
名無しさん 2017/07/09 21:00
親の亡くなり方、兄弟の有無によっても違ってくるでしょうね…
事故とかで突然居なくなる方が辛いのではないでしょうか?
自分は、入院していた母がようやく煩わしい管(点滴や流動食)から解放されて楽になったんだなぁ…と思いながら見送りました。
名無しさん 2017/07/09 21:12
大変だったんですね…。
頑張って生きていきましょう。
名無しさん 2017/07/09 21:25
自分も去年末母を亡くした・・
容態が急変して、見取りも出来なかった・・
その前の年に兄弟を亡くし、父親は小学生の時に亡くした。
自分の出自の家族がみんな居なくなり、自分が死ぬ時のことを考えた・・
母親が亡くなったとき、電車にすら乗れず、勤め先を休職
そのまま退職した・・
その時心療内科の主治医から「みんなこうなる」と言われたが、半年は新しい仕事もはじめ、当たり前の生活はしていたが「ただ過ごしていた」ように思う
名無しさん 2017/07/09 21:33
親が死んだぐらいで 仕事辞める奴って バカじゃないかと思う。
名無しさん 2017/07/09 21:33
お辛いでしょうが、皆さん前を向いて・・・。
私は父が昔自殺し、最愛の母も亡くなってしまいました。仕事はそれなりにしていますが、心の空白は埋めるべくもなく過ごしています。さびしいな・・・。
名無しさん 2017/07/09 21:33
hakさん、大変でしたね。私も地に足がつかない日々を過ごしていました。家族がいないけれど、今は同僚にも恵まれて、何とか前を見れるようになってきました。
名無しさん 2017/07/09 21:34
95点です、起承転結が出来てて読みやすい!
名無しさん 2017/07/09 21:34
続くと耐えられませんね。
お察しいたします。
名無しさん 2017/07/09 21:35
頭でしっかりしないと、と思ってても、体が動かないとか、それで仕事辞めざるおえないとか人生であるのでしょうけど、本当に辛いですよね。肉親だけじゃなくいろんなものが失われていく現実の辛さ。精神状態がどうであろうと待ってはくれない現実の辛さ。なんらかの形でセーフティネットがあればいいんでしょうけど、ないと相当辛い。そういう苦しみを軽くする社会になってほしい。
名無しさん 2017/07/09 21:40
教えてくれてありがとう。私は一人亡くしただけだけど人に話せなくて1年後のある朝突然会社に行けなくなりました。
社会復帰して長くたつけど、普通の人との違いというか、違和感は結局あるなあ。意識はしていませんが。
名無しさん 2017/07/09 21:45
良い人過ぎると鬱になるのかな。自分は親が死んでもたぶん平気。今の自分を精一杯生きることで親孝行したことになると思ってるから。
名無しさん 2017/07/09 21:48
私は親と離れて一人で暮らしているけど最近は話もせず
ただ働いているだけで頭の中がボーっとしている
今の時点で鬱だろうけどこんな状態だと親が死んでも悲しめない気がしている
 
コメントの続きを読む
名無しさん 2017/07/09 21:50
この類の話で茶化すやつとかありえない
人でなしだな
名無しさん 2017/07/09 21:54
大変でしたね。本当は辛かったり、不安だったり、苦しくても、人間って普通にしなくちゃ、そうすることで自分を保とうとするのかもしれません。が、辛い気持ちや喪失感に向き合うことは、前に進むためには必要な作業なのだろうと思います。
身近な人、それも一番身近な親が物理的にいなくなるというのは、自分の一部が失われるような喪失感だと思います。だから辛いのです。それを自分の中で受け止め、解釈し、自分の中の親を再構成する作業には時間がかかります。
いいんです、時間かかっても。
人間そんな器用じゃないが、生きようとする限り、いつか光が見えるから。
名無しさん 2017/07/09 21:58
うつにうつ手はなし。
名無しさん 2017/07/09 22:00
は?
名無しさん 2017/07/09 22:06
きっと、素敵なお母様だったのでしょうね。
私も、理由は全然違いますが
本当に孤独です…
離婚です…
誰にも理解されない…
それでも、毎日元気を装う…
乗り越えた先に何があるのか…
日々、それだけを思って生きています。
生きるって、なぜこんなに辛いんでしょうね…
名無しさん 2017/07/09 22:13
本当に、、、。生き地獄って言うくらいそう言うことってありますよね。
死が訪れたとき「あぁ、やっとたどり着けた」って思うだろうと思ってます。
名無しさん 2017/07/09 22:14
生きるの辛い時は、深く考え無いで、適当にやって行くしかないです。
倒れたり寝込んだりするより、ゆっくりでも前に進めればきっとトンネルの光は見えて来ると思います。
名無しさん 2017/07/09 22:14
実家暮らしなんかするから
結婚すれば親なんかどうでも良くなり子供が一番になる
名無しさん 2017/07/09 22:27
母親の死で悲しむ私って、なんて優しくていい人なの! 自分で自分にうっとりしちゃう…。私って、可愛いいい…
名無しさん 2017/07/09 22:29
貯金も尽きたニート状態からヤフコメに書き込めるようになるまでの経緯を教えてよ。
名無しさん 2017/07/09 22:29
肉親の死ばかりはどうにもなりませんね。
何十年と一緒に過ごし、そこにいる事が当然だったのですから。
ただし、介護を続けていれば話は変わります。
よく生きたな、がんばったなという思いと、ようやく介護から開放されるという思いとが交わってしまいます。
今にして思えばこれは良くできたシステムだったのですね。
介護という苦労をする事により、肉親の死に対して悼む思いがマシになったのです。
ただ、突発的な死であったならどうだったのでしょう。
こればかりは経験しないと分かりませんし、したくもありません。
名無しさん 2017/07/09 22:30
ざまぁと思う人間もいることを忘れずに。
自分で解決するしか無いのよ。
名無しさん 2017/07/09 22:35
苦しい時や辛い時は周りがとても幸せに過ごされているように見えて辛さが増していたけれど、こうして苦しい思いを抱えながら生きている方々のお話を聞く事ができ励まされてる自分がいます。ありがとうございます。
名無しさん 2017/07/09 22:50
医療過誤で出産の時に母親が殺されて、赤ちゃんの時に養子に出された自分には、皆さんとはまったく違う境遇なのであろう。
その意味で、生きた親の顔を見ている皆さんが羨ましい。
名無しさん 2017/07/09 22:55
家族を短期間に複数亡くす理由の一つに、先祖由来のもの、たとえば墓を無理やり改装したりつぶしたりすることが挙げられる。
しかしそれもその家系が生まれ背負った運命、因縁である。
名無しさん 2017/07/09 23:09
6年前に母親を亡くしたが、いまだに立ち直れない。
母は花が好きで、スーパーの生花コーナーで母の好きだった花を見つけると、胸が締め付けられそうになる。
時が悲しみを癒してくれると言うが、嘘だと思う。
何年たっても、悲しみは昨日のことのように思える。
名無しさん 2017/07/09 23:25
両親からは、毛虫のように嫌われて、今は絶縁。悲しい結果です。
たぶん亡くなっても何も感じないと思います。
落ち込まれる人に対しては、どこか羨ましく思いますね。
名無しさん 2017/07/09 23:29
絶縁していても、死んじゃうと違いますよ・・
兄弟とは絶縁してたが、自分もそうだったから・・
悲しい気持ちにはならなかったが、葬式はしなくちゃならなかった。
そういう行事をしなくてはならないんです、絶縁していても。
自宅で孤独死したら、警察が探します、家族を。
名無しさん 2017/07/09 23:33
たっぷりの愛情で満たされ自立できていれば、母の死は受け入れられる。
なぜなら
母親が死んだとしても、自分の中で心を満たす存在として生き続けているからです。
そして、自分という子孫を残し旅立ったことを母親が後悔するわけがないからです。

母親が真っ当に生きて悔いなく死んでいくのを子供が悲しむことで邪魔してどうする?
笑顔で見送ってあげるのが真の愛を受け取った子の姿。

名無しさん 16時間前
自分の場合は今も両親は生きておりますが、父は4年程前に心筋梗塞で緊急入院で電気ショックを4回して蘇生しました。今は多少は元気になっておりますが、胸にはICDが入っております。母は7年ほど前に大腸ガンで開腹手術しております。今は元気になっております。私は40代前半ですが、独身です。決して健康とは言えない両親のこれからと自分自身の老後のことを日々考えてウツ気味になって抗不安剤を時々飲んでいます。仕事中も心の中はずっと気持ちが沈んでいます。何をしても楽しくない、仕事も辞めたい、悩みから解放されたいと日々思っています。両親が亡くなると独りになることから自分自身で惨めだと思っております。結婚すれば家族が増えそういった気持ちも多少は無くなるだろうとは思いますが、今はそんな気にはなれないですね。断りきれず見合いも数回しましたが、とても結婚できる精神状態ではないですね。
 
名無しさん 15時間前
コメ主さん、お気持ちすごく分かります。
私も、家族を急死で次々に亡くした経験があります。
旅行のくだりなんて、本当にそう。
立ち直るには、長い年月が掛かりますね。
20年経ちますが、今でも時折苦しくなります。
なかなか難しいものですね。
 
名無しさん 8時間前
同情は人を救えない
 
名無しさん 22時間前
私も1年前に母を亡くしました。この記事を見て涙が止まらなくなりました。両親はなかなか子供が持てずようやく生まれたのが私です。一人っ子で育った私はとても愛されました。
父は9年前にガンで亡くなり、その時は母と一緒だったので大丈夫だったのですが、去年母が亡くしてから1年経つけど悲しくて苦しくて辛い感情が爆破しそうになります。両親に花嫁姿も見せなかったことや、もう少し母の体調を気遣ってあげれてたらとか、もう少し色々なところに連れて行ってあげたかったなど様々な後悔で苦しさに襲われます。私は何のために生きてるのかさえわからなくなる時もあります。けれど、時間が必ず解決してくれると信じて前向きに生きていくことにします。親を持たれてる方、生きてるうちにいっぱい親孝行してあげて下さい。
 
名無しさん 2017/07/09 18:53
自分も、ちょうど一年前に母を失った。突然で死に目にも会えなかった。
今でも、たまに思い出すと、親孝行出来なかった後悔と、迷惑ばかりかけた事に対する罪悪感、それと寂しさ。
でも、母を失ったからこそ、成長できた部分もあると思う。
母ロスを乗り越えることよりも、母ロスを一生涯ひきづっても、自分自身が強く成長出来ればと思う。
あ、なんか、くさい話で、申し訳ありません汗
名無しさん 2017/07/09 19:32
私もsoeさんとほぼ同じタイミングで両親を亡くしました。
父はあっけなく亡くなってしまいましたが、母は自宅介護で看取りました。自宅にいたいという母の希望をかなえられたのは良かったと思います。看取りに後悔はあまりありません。
けれど、だからといって悲しみが減るわけでもなく、毎日思い出し、何かに迷えば「母ならなんと言うだろう」と考えます。幼い頃のわだかまりや甘えで、辛い思いをさせたことを思い出すと、辛くなります。今、もう側にいないのに、まだどこかで笑っているような気がするときもあります。
辛さは少しずつ治っても、悲しさはあまりなくならないのかも知れません。もういなくても、両親が悲しむようなことをしてはいけない、と思いながら過ごしています。
名無しさん 2017/07/09 20:34
コメントありがとうございます!
本当そうですね。母を失ったからこそ成長出来ることがあるし、両親が悲しまない生き方をこれからしていきます。みんな通る道なので頑張りましょう!
ありがとうございます。
名無しさん 2017/07/09 21:21
私も一人っ子で母親から、たくさんの愛情を受けてきました。
47歳になりますが5年前に亡くなった母親の事を毎日々、思っては寂しくなります。
亡くなった時の事、入院してる時の事など
ああしてあげれば、こうしてあげれば良かったと、思ってしまいます。
けれど今、母親が居るときより母親は近くに居て、私の全てを母親に見られてる様な気がします。
なので、ちょっと怠けたりしようとする時
母親に叱られるな・・と思ったりします。
母親を亡くして成長できる事もある・・そうですよね。
母親に甘えてわがままばかり言っていた私も
少しは成長できてるかなと思います。
悲しい寂しいばかりでなく、母親との楽しい思い出も笑って思い出せるよう母親を近くに感じてこれからも過ごしていこうと思います。
名無しさん 2017/07/09 21:25
きっとお母様は、あなたが生まれてきてくれたこと、あなたが生きていることで十分幸せですよ。孝行できていますよ。
偉そうにすみません。
名無しさん 2017/07/09 21:30
母親が去年亡くなり、その前年兄が亡くなった。
癌を患い入院していた母には病院から「兄が亡くなったことは知らせないようにしてほしい」と言われ、最後まで「生きている」と言い続けた・・今となっては良かったのかな。
自分の出自の家族がみんな亡くなって、自分が死んだ時の事を考えるようにはなりました。
どうしてもらうか、誰に何をしてもらうかって・・
名無しさん 2017/07/09 21:40
10年前に父が亡くなった時は、あまりと言ってはなんですが、それほど引きずらなかったけど、母がなくなったら、もう立ち直れない気がします。
名無しさん 2017/07/09 21:56
私は、母親が70歳の時に亡くなりました。もう14年前になります。病気が多くて、最後は肺炎でした。少しの間は悲しい日々でしたが、比較的に早く立ち直りが出来たのが幸いでした。でも自分の子供が難しい年ごろ(思春期)に初めて親(母)の苦労がわかった気がしました。親と言うのは偉大だと悟りましたね。でも毎日を一生懸命に生きていくことが、親孝行なんだろうな~と思います。
名無しさん 2017/07/09 22:04
私も母を昨年のある日突然に亡くしました。急死だったので、心の準備が出来ていませんでした。
身内の中には遺産の話しかしない人などもいて、人の本性にぞっとすることもありました。
名無しさん 2017/07/09 22:06
母ももうすぐ一周忌です。同じく父も亡くなっていて一人っ子です。私もやっと産まれています。後悔ばかりです。でも一生懸命産んでくれたこと、一生懸命闘病していた姿にちゃんと生きないわけにいかず、頑張っています。一緒に頑張りましょ。
名無しさん 2017/07/09 22:13
自分が誰かにされたことを誰かにしてあげるのが生きていくことだと思う
だから親にしてあげられなかったことは他の人にしてあげればいい
名無しさん 2017/07/09 22:14
親は自分のせいで子供がつらい気分になることを望んでいるだろうか
親を思うなら、親のためにもしっかり生きたほうがいい
名無しさん 2017/07/09 22:23
僕も、自分の生きる意味がわかるように今を生きて、親孝行をたくさんしていきたいです。
お互い自分のペースで、自身の人生を生きていきましょう!
名無しさん 2017/07/09 22:27
私も一人っ子でお父さんはいません。去年お母さんが癌で亡くなりもうすぐ一周忌です。母と一緒に過ごした時間は他の人より短かったけど一生分の愛情はもらったと思ってます︎お母さんの為にも笑って過ごしていきたいです︎
名無しさん 2017/07/09 22:33
家族の誰かを亡くさないと分からない感情ですよね。
これは経験しないと。
でも、亡くなれたお父さん、そしてお母さんの分も貴方には元気に生きてほしいと思ってます。
それと、別れ際。人はいつ何が起こるかわかりません。家族、親戚、友人であっても何時、最後の別れになるかもわかりません。
だから、普段通りに会った時でも別れ際は大事にしてほしいです。
 これは、私が親友を亡くした経験からの事です。高一の時だったので、もう30年近くたちますけど「どうして別れ際にもう一度、彼の後姿を見なかったのか?」ってたまに思い起こすのですけど、今でも後悔となっています。別れてから一時間後ぐらいに彼は事故で亡くなりました。
 毎年、命日の3月29日にお墓参りに訪れていますが、今でも納得出来ないでいます。結構つらいです。
 
 少なくて大切と思う人との別れ際を大事にしてください。
名無しさん 2017/07/09 22:39
本当は、親が死んで喜んでるんじゃないですか? 死ななかったら、あなたの今後の人生は親のおしめの取り換えで、いっぱいいっぱいで、ヤフーに投稿してる暇なんか、ないですよ。貴方がどんな人間だろうと、来る日も来る日もおしめの取り換えをしてください!
名無しさん 2017/07/09 22:54
↑の方。
本当は親のおしめの取り換えでいっぱい、いっぱい。そうですね、親と言うのは自分より先に老いる。そして子供が介護の時に突入する。でもね、これは親が老いて、そして段々と死期が近ずく準備に入っている。この準備期間があるから、突然の死というより心の準備が出来るんです。心の準備があるからこそ、残された者の悲しみは軽く済む。そういう風に出来ているんだと思いますよ。だから介護で苦痛は味わっても、突然の別れよりは良いと思う。
名無しさん 2017/07/09 23:26
こういう経験してないんですよ・・ずれてる書き込みする人は。
ある意味幸せです・・
経験すれば、おのずと書かなくなりますよ。
名無しさん 2017/07/09 23:29
>これが90歳過ぎまで生きて亡くなったのなら
>さほどのダメージはありません。
まあ落ち込むほど悲しくはないかもしれませんが、
身内の別れで年齢によるダメージは計れませんよ
名無しさん 15時間前
男性は父親より母親の死の方がしんどいと聞きますし、年齢的な違いだけでは、なんとも言い難い。
兄弟がいれば悲しみを分かち合えるし…
 
名無しさん 11時間前
いくつになっても、お母さんは特別な存在。普段は照れくさくて、ありがとうなんて言えないけど、感謝してもしきれない。
 
名無しさん 2時間前
生きてる方、親孝行を
→母親がいきていても周囲にねじまげられた母子関係のせいで我が子に関わりたがらない母親もいます。親に感謝をうけいれてもらえるとすれば、それこそ感謝です。
生きてる間ずっと一緒にいられたなら、充分お互い愛情感謝が伝わると思います。お子さんからそんなに思われるご両親ならなおさら。
 
名無しさん 23時間前
わかります。生前にそれほど気にしてなかった母親がいなくなったとき、それはわかります。6年たった今も罪悪感がつきまといます。親孝行したいときには親はなし、です。
 
名無しさん 2017/07/09 19:52
私も「もっと親孝行しとけば良かった」と、仲が良かった父が亡くなってから悔やみ続け6年が経ちます。
きっと誰に話しても消化出来ないまま私は一生を過ごすと思います。
名無しさん 2017/07/09 21:17
記事に出てくる皆さんに、とても共感します。
母は57歳で亡くなりましたが、当時1歳半の第一子の子育てで余裕がなくて、母の看病をしっかりできなかったことへの後悔、何故あんなに早くに亡くなってしまったの?子育てのこと色々ききたかったのに!というやり場のない哀しい怒り…頭の中ぐちゃぐちゃでした。
悲しみが癒えることは無いけど、それを抱えて生きていくということが、大人になるというこもの一つなんだなと、いまは思える。
母親に対して文句を言う同年代の女性を見ると無性に腹が立つけど、それは多分嫉妬なんだほうなと思います…。
名無しさん 2017/07/09 21:33
この親不孝もの!
名無しさん 2017/07/09 21:45
アルバイト歴15年
親不孝ものとはヤフコメ廃人である自分の事ですか?
お前は暇があればヤフコメだもんな。
確かに親不孝者ですね。
名無しさん 2017/07/09 21:51
母親じゃないが数年前長年飼ってたペットが死んで死ぬほど泣いたなあ
数か月後に立ち直った気がしたけど、その後うつみたいなのがどーんと
襲ってきて無気力無感動、感情ぶっ壊れた。
今もそうだけど母親死んでも悲しくもないし涙も出ないと思う。
これが一番辛いな
名無しさん 2017/07/09 22:03
親孝行したい時に親はナシ
…って、「生きてる時には孝行などする気がない」
人の事だと思う
もううんざり、ってまで付き合ったから、自分も母親死んでも悲しくない。死んでも連絡要らないよ、と言い渡した
しかもそれが辛くも後ろめたくも何ともないw
ちなみに自分も今までで、一番ダメージ受けたのが、20年以上飼ってたペットの死だった
名無しさん 2017/07/09 22:29
そうだ遍路に行こう
名無しさん 2017/07/09 22:32
親が両親がいなくなったとき、その時に気持ちがわかります。生きているうちは、認知症でいつまでこのまま続くのかと思っていた自分の心に対して罪悪感を抱くのです。一生懸命世話をしたと思っても、なんの病気でも、後悔を持ってしまう。生前に仲があまりよくなかったからこそ、後悔に苦しむと思います。その時にわかるんです。その時に。
名無しさん 2017/07/09 22:46
なんかなぁ今、お金のことで親とモメてるんだよなぁ。どうしよっ。親がお金を無心するパターンです。
名無しさん 2017/07/09 22:48
皆んなそうだよ、友達で親孝行してた奴でさえも後悔してたことはあるらしいから。
親孝行はしてもしても皆んな足りないと、居なくなって気付かされるんだよね。
名無しさん 2017/07/09 23:20
認知症の母を看取ったら。確実に迷うので道案内しに行ってやらんとな。
名無しさん 2017/07/10 00:50
親が子供より先に死ぬのは生き物として当然のこと。
理屈ではわかっていても、やっぱりそのときには少なからずショックはあるんだろう。
老いた親がボケたり徘徊したりして手に負えなくなるのは、亡くなったとき寂しさを感じなくて済むように神様が配慮してくれた結果かもしれない。
名無しさん 2017/07/10 07:49
親はいるのが当たり前じゃないんだ!その事を理解しなければならない
名無しさん 2017/07/10 11:34
何か母ロスだよ
生前に親孝行してなかった自分への言い訳だろ。
名無しさん 4時間前
↑いつ死んでも良いように、後悔しないように親孝行を心がけてますよ?
自分が出来てないからって人をタコ呼ばわりですか?
沸点の低い人だなぁ。
 
名無しさん 4時間前
バカはてめえだ!どんな親孝行しても満足しねえのが普通だ!それを十分親孝行してるなんて言ってるてめえがタコで何だと言うんだゴルァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!
 
名無しさん 22時間前
本当に皆さん辛い想いをしてきたのですね。私も母を亡くした後スーパーで母に似た後姿をみつけているはずもないのに追いかけてしまいました。違うと確認したら涙が溢れてきてスーパーを何度も飛び出しました。
10年過ぎた今も寂しさや、亡くなった時の顔が忘れられません。亡くなって母の存在感の大きさを感じています。
 
名無しさん 2017/07/09 19:01
私も、コメ主様と同じです。
ほんとに亡くなった母にそっくりで。。
家族の前で泣いてしまいました。
今でも、かなり辛いです。
名無しさん 2017/07/09 21:39
こういうことを話し合える場所もっと欲しいですね
名無しさん 2017/07/09 22:08
↑そうですね。普段ふざけたこと書いてるコメ民ですが、関連したエピソードがとても出てきて、珍しく長文だらけですね。同じ境遇の人がいると知るだけでも少し救われた気持ちになります
名無しさん 2017/07/09 22:38
もう10年も前に父を亡くした。離れて暮らしていた上に、入院して1週間で亡くなったので看取ることもできずじまい。時々夢に出てくる。覚めるたびに、「あぁ、親父はもういないんだ・・・」と虚しい気分になる。
名無しさん 2017/07/09 22:44
気持ちわかります。道で母親に似た感じの人を見るたびにつらくなります。い、もうジブンヲ生んでくれた母親はもういないんだなと思い知らされます。経験しないとわからないですきっと。
名無しさん 17時間前
分かりますよ、私も母を亡くして25年になりますが、
いまだに写真を見返せません。
ビデオももちろん見ません、と言うか、見れません。
お墓ではいつも涙です。
ですが、結婚して子供もおりますので、、、母も安心してると思います。
子供を見てもらえなかったのが、残念ですが。。
母ロスという言葉は私には当てはまりませんが、、、
誰でも一生心に持つもので、当たり前の感情かと思います。
ただ、過度にロスと思うのは、たぶん娘さんが独身の場合ではないでしょうか?
他人さんの事なので、、人生それぞれですが、、ご自分の家庭を築くことが大切だと思いますが。。
 
名無しさん 17時間前
色んな方が親との別れを書かれてますが、読んでるだけで悲しくなりました。
先日、母親が死んだ夢を見て、どうして急に死んだのよ?と、誰かに尋ねまくってて、言い様の無い悲しみに襲われ、目覚めた瞬間、夢で良かったとつくづく思いました。
母ももう歳だし、自分も親を失ったらロスになるかもしれません。
 
名無しさん 17時間前
自分も亡くなった母と同じ体型、背格好の人を見ると、
ドキッとして同時に辛くなる。
「お母さん」って駆け寄りたくなる。
話したい事が一杯込みあがってきて、胸が痛くなる。
 
名無しさん 22時間前
ほとんどの場合は時間が解決してくれるでしょう。
そうじゃない人もいるだろうけど、毒親だとか憎しみあう親子もいる中で、悲しみにどっぷりなのはある意味、幸せなことかと思う。
 
名無しさん 2017/07/09 21:00
本当にそう思います。
亡くなって悲しい苦しい辛いと思える人が
これまでの自分の人生に存在してくれていた
という事ですよね。
それが親だというのは当たり前のようで
とても本当にとても幸せな事だと思います。
名無しさん 2017/07/09 21:58
愛情をいっぱい受けて育ったからこそですよね。とても幸せだと思います。
毒親の場合、親が亡くなって「もう殴られなくて済む」とホッとしたという話も聞きますし。
名無しさん 2017/07/09 22:15
両親ともそれぞれ毒親に近かったが、それでも亡くなると恋しいのは何故だろうか?
名無しさん 2017/07/09 23:25
うちは母が毒親だったので亡くなったときに自由になった喜びがありました。
それと同時に、どんなに努力しても結局母は自分を認めてくれなかったんだなという悲しみがやってきました。
名無しさん 2017/07/09 23:26
スプリンガーさん
そういうものなんですかね
血縁っていうのはたかが血縁、されど血縁、なんでしょうか
名無しさん 2017/07/09 23:27
肉親って厄介ですね。
詳しくは言えないがうちはハッキリ言ってろくでなしの父親。それでも父の日には郵送でギフトを贈っている。今年は、当日夜に電話がかかって来た。
母親が軽い鬱になるぐらい心労かけてる人なのでお説教したいことは山ほどあったけど、嬉しそうに弾む声を聞いてグッとこらえた。
またの機会にお説教かなと。
不出来な親で、本当に腹の立つことばかりだが、いざ亡くなれば悲しいだろうな…と思う。
肉親ってそういう存在なんだと思う。
生きているうちに、できるだけ親孝行はしておこうと思う。
名無しさん 2017/07/09 23:41
いくら時間が経過しても、記憶が薄れることはあっても、決して悲しみが癒されることはない。
名無しさん 7時間前
gさん
そんな父親に対して、そういう風に思えるのは立派ですね。
お母さんの育て方がよかったのでしょうか。
gさんが男性だったら父親を越えた息子、お母さんの自慢の息子、女性だったら、
お母さんは女の子が生まれてよかったと思ってるでしょうね。
 
名無しさん 4時間前
paeさん
いえいえ、全然そんなことないです。母親もネガティヴな人なので、どっちかというと毒親ですf^_^;
成人して、親から離れて暮らすようになってから考え方が変わりました。
親の影響が薄くなったことで、ポジティブな友人に囲まれて親は親、自分は自分と思えるようになりました。離れてから親のありがたみも分かったし、親も人間だから仕方ないか、と思えるように変化しました。
今はなんというか、反面教師にしてますね。
ひとまず子供として出来る親孝行は、しておこうと思います。
 
名無しさん 3時間前
比較的若いうちに死別すると、そうなるんでしょうが、既に結構な高齢で、かつ長い介護の末だと、どんなに親に感謝の念があっても正直ホッとする方が大きいかな。
 
名無しさん 23時間前
『側に居て当たり前』の存在だった母が急死した時は普通の生活に戻るまでに時間がかかりました。
学校から『ただいま』と帰宅すれば『お帰り~』と日常の当たり前の光景が突然失われたのは本当に辛かったです。
他界してから10年以上過ぎ、私も母親になり子供を残して旅立った母を忘れることは有りません。
いつも母ならこんな風に子育てしたかな?叱ったかな?など。悲しいけれど時が過ぎて子供と接するうちに楽しかった思い出ばかりが思い起こされます。時間はかかりますが前向きに一日いちにちを大事に過ごしていきたいです。
 
名無しさん 2017/07/09 22:16
順番なんだから別に悲しまない
いつから日本人はこんなに弱くなったのか
名無しさん 2017/07/09 22:35
わかります。亡くしてすぐの頃は元気な母を思い出せず、浮かぶのは病に苦しむ顔ばかりでした。20年たった今は悲しみは薄くなり元気な顔を思い出せるし、母への感謝の気持ちでいっぱいです。
名無しさん 2017/07/09 22:57
私と同じ境遇の方がいて励まされました。
私も母が仕事帰りにいてくれたのが当たり前だったので
同じ景色が全く変わってしまったように思いました。
孫を見せてあげたかったなあ、周りには当たり前のことも
自分には夢のようなことだなあと思います。
でもずっと心の中にいてくれるますよね、自分が忘れない限り。思い出も色褪せません。子供を叱った時自分が母に似ていてはっとすることもありますよね。お互い頑張りましょうね、母をいつも想いながら。天国で孫も守ってくれていますね。
名無しさん 17時間前
私も今、同じ思いでいます。母への未練?は無くなるものではないんでしょうね。。
まだ存命中からですが、介護に明け暮れる毎日を母に感謝していました。介護させてもらえる幸せがありましたから。介護できたこと以上に充実感を与えてくれることは見つからないと思っています。幸せな数年間でした。
 
名無しさん 17時間前
bloさん、cusさん返信ありがとうございます!
そうなんです、当時は悲しい気持ちが大きすぎて辛い辛すぎる…体調も崩しました。
あれから何年経っても母が私たち子供に注いでくれた愛情は忘れないんです。存在はしないけれど見守ってくれていると思えるんですよね。
最近、父親に口調やら性格まで母ちゃんに似てきたと言われています。
この場で共感していただける方々に出会えて嬉しかったです!本当にありがとうございました!
 
名無しさん 16時間前
nqbさんに『介護させてもらえる幸せ』と言っていただけるお母様はもっと幸せだったのではと思いました。
数年は、あの時にこうしていれば…と、悔いて悔いて自分を責めました。責めることで母が亡くなった事を受け入れようとする自分もいました。
泣いて泣いて涙が枯れるほど悲しい出来事でしたが、悲しんでくれる人がたくさんいた母。その友人にも当時から支えて頂き、今は感謝の気持ちです。改めて母は偉大だったと。
 
名無しさん 22時間前
記事の中の「依存」とか「ロス」とかっていう言葉、なんかイヤだな。
身近な人が亡くなったら寂しいのは当たり前だから。
父親が急逝して20年ほど経つけど、そこから学んだのは
「出来ることはすぐやる事」
それは父親の後に亡くなった祖父母にもそう思ってやってきたし、健在の母親にも実践してる。
そうすることで、少しは後悔の念が減るかなと・・・
自己満足かもしれないが、一般的な順序から言えば親を子供が看取るから親が居なくなった後に「〇〇すればよかった」とネガティブに生きていくより元気に生きていく方が親は喜んでくれると思うから。
でもな、母親が居なくなったらポッカリ心に穴が開くのも想像できるな。。。乗り越えられるかな。。。
 
名無しさん 2017/07/09 21:04
俺も”〇〇ロス”という言葉は嫌いだけど、この記事ではまったく気にならなかった。
名無しさん 2017/07/09 21:27
乗り越えられはしない・・かな。
ただ、時間が過ぎていき、日常を過ごすうちに辛く亡くなるだけ。
名無しさん 2017/07/09 21:31
分かります。母親が亡くなったのに、流行りの言葉をわざわざ使う意味が分かりません。好きな芸能人が結婚したり、好きなドラマが終わったりなんて事とはわけが違うのに…
名無しさん 2017/07/09 21:32
私も「母ロス」という言葉に違和感感じます
名無しさん 2017/07/09 22:43
「マタハラ」だの「〇〇ロス」だの、確かに社会全体で考えなきゃいけないことだけど気持ち悪いネーミングが多すぎ。
個人的に1番胸糞悪いのが「妊娠菌」。
本当に子供が欲しくて泣きながら不妊治療してる人達を侮辱してる。
名無しさん 2017/07/09 22:56
アエラは朝日なのでどっかで国民が気に障るような表現をするね。
名無しさん 17時間前
理屈では乗り越えられないですね・・
強がっても駄目なんです。でも駄目だからいいんです。
思いっきり泣かなくちゃ駄目なんです。
頑張ったりしちゃ駄目なんです。
 
名無しさん 15時間前
ロスインゴベルナブレスデハポン。
 
名無しさん 13時間前
母ロスインゴベルナブレス
 
名無しさん 23時間前
たくさん後悔して、いっぱい嘆いて泣けばいい。そのうち全て出し切ったら、気が治る。
ここに書かれている人たちの亡くなり方を羨ましいと思う。連絡が来て、病院へ着いた時は、もう亡くなってました。2日前に会って何もなかったのに、大動脈解離で、呆気なく亡くなってしまった。
覚悟も何もなく、本当に突然に…
パニック症にもなったし、鬱にもなった。早く立ち直らなきゃって思えば思うほど悪化した。苦しかったけど、もう、頑張るのをやめようって、思えたとき、改善してきた。きっと、あのときこうすればよかったと、後悔ばかりしていたらその悲しみから癒えることは無いと思う。
悲しむだけ悲しんで、悲しみにどっぷり浸かってもいい。でも、その後は、ちゃんと、もう終わったことだから、悔やんでも仕方ないって、後悔を捨てないと辛さはいつまでも続いてく。
悲しみ嘆いた後に、もう戻ってはこないって、諦められるのかもしれないですね。
 
名無しさん 2017/07/09 17:14
我が家も同じでした。
母は癌で入退院を繰り返していましたが、
前日の午後まで普通にお買い物に行き、家族の食事を作っていました。
急変し救急車で運ばれ、
仕事後に娘からのメールで気がつき、
慌てて病院に着いた時は重篤な状態でした。「お水が飲みたい」という一言が、生きている母との最期の会話になってしまいました。翌日、大量に吐血してしまい、病院から連絡を貰って
駆けつけた時には、もう心臓が止まってて、ドラマでよく見るようなピーッという心電図…。自分を責めて責めて、ごめんねという言葉しか出てきませんでした。私自身がシングルマザーなのでほんの少しの忌引きで直ぐに出勤しなければならず、気持ちのリセットが出来ないまま、もう1年が過ぎました。
名無しさん 2017/07/09 18:53
自分の父親は交通事故死でした。夜中電話がなり、病院に駆けつけて1時間位で亡くなりました。2年前ですが、今だに引きづっています。突然家族が亡くなって時が止まってます。
名無しさん 2017/07/09 19:48
nisさんと同じような状況で母を突然亡くしました。
子供と実家に帰省して、自分の家に戻ったその夜に、大動脈解離で亡くなりました。
何がなんだかわからなくなりました。
高齢の父が突然一人暮らしになり、いろいろな事が自分の身に一気に降りかかってきて、悲しむ暇がなかったのですが、少し落ち着いた頃にパニック障害になっていました。
私の場合は、1番辛かった時に夫が寄り添ってくれる事がなく、更に高齢の父の面倒を見ることを夫に責められた事で、悲しみ、苦しみが二重になった事が原因でした。
親が亡くなった時、いろいろな意味であてにできる夫ではなかった事に初めて気付きました。今は友人達に支えられて、心を強く持ち、なんとか頑張っています。
名無しさん 2017/07/09 21:50
それはとても辛かったでしょうね。私の旦那も、一切寄り添うことはなく、全く無関心でした。だから、パニックや鬱になったんでしょうね。
あれから10年以上経ってようやく、思い出しても泣かなくなりましたし、置いて行かれる人の気持ちを考えたとしても、私もあんな最後を迎えたいって、思えるほどにもなりました。
パニック症になってしまうほど、大切な人を亡くしたのだから、気がすむまで悲しんでたくさん嘆いて、無様でも足掻いて、自分なりの落とし所を見つけたらいいと思います。
名無しさん 18時間前
ガンは余命がある程度わかるし、それなりに覚悟ができるだろうそう信じていました。コメ主さんの親御さん?のように突然死に比べたら全然よいとそう思っていました。しかし、実際亡くなると覚悟なんてできないのだと痛感させられました。私は突然死で家族を亡くしたことがないのでコメ主さんの気持ちにはなれませんがはっきり言って羨まれることなんてこれっぽっちもありません。どんな状況であれ、人の死というのはそういうものだと思いますよ。
 
名無しさん 5時間前
死に方に良いもクソもないよ。前々から分かってるからって覚悟なんてできやしない。自分の悲劇に酔うのは勝手だが、羨ましいなんて言うものじゃない。
 
名無しさん 4時間前
私の母は末期の膵臓ガンが肝臓に転移していて、一時退院したものの日々弱っていくのが素人目にも明らかで、
再入院する前の数日は黄疸が全身に出ていることや、
食べ物どころか薬を飲むための水すらも受け付けなくなってきたことである程度予期はしていた。
それでも、あと一週間くらいは持つだろうという医師の見立てに反して数日で逝ってしまったのはショックだった。
長患いするより本人も家族も楽なのかもしれないけど、
どちらにしても大切な人との別れを経験すると誰しも後悔の念で一杯になると思う。
それでも残された側はいつか立ち直って残りの人生を生きていかなければならないから、
母が生きてる間にしてあげられなかったことを悔やむより、
母が生きてる間にしてあげられたことを喜んでくれたと自分に言い聞かせるようにしている。
 
名無しさん 22時間前
私は父を亡くした時軽いうつ病を発症してた
父以外の家族とは体質や性格が違うため唯一の味方を
亡くしたような気がした
父のことを思い出しただけで涙が止まらなかった
友達も少なく一人暮らしで余計に辛かった
でも何が辛いのかがわからないけどただ辛かった
周りはまだ親を亡くしてないから酷いことも言われた
うつ病の薬を飲むと仕事にならないために薬を飲まず
ただ時間が過ぎるのを待った
おかげで私の30代はうつをやりすごすためだけに使ったので
仕事のキャリアアップも何も出来なかった
あの時うつ病にならなかったら、父が亡くなるのが
もっと遅かったら今の自分が違っていたと思う
親を亡くすのは辛い
 
名無しさん 2017/07/09 18:54
唯一の味方、、わかります。(´;Д;`)
名無しさん 2017/07/09 22:04
辛いから
鬱になったではどうしようも無いですが
わかってるのかな?
甘えん坊の僕ちゃん達
いらんわ
名無しさん 2017/07/09 22:32
わかります…貴方の気持ち。
私も父が急逝し、本当に辛かった。数年経ちますが、可愛がってくれた父を思い出すと今でも涙ぐんしまいます。親を亡くした悲しみって、後からどんどんわいてくるんですよね…
名無しさん 2017/07/09 22:33
私も一昨年、父を亡くしました。末期ガンだったのである程度の覚悟は出来ていたんですが、それでも亡くなってからしばらくは一家の大黒柱を失ったという絶望感、そのあとに深い悲しみと後悔の念が押し寄せ、ふとした時に泣いてしまうことがありました。
今でも、もっと話したかったと涙が出ます。
父が見守ってくれていると信じて、父の分も母に親孝行しようと思います。
名無しさん 2017/07/09 23:02
車なんかで冷や冷やするような場面に遭遇すると
「今のは危なかったね助けてくれて有難うお父さん」
すごく嬉しかったことがあれば
「ラッキー♪お父さんのおかげかな、有難うね」
って、亡くなった父のことを日常に思う私です。
名無しさん 2017/07/09 23:28
あなたのお気持ち、分かります。
今年、父親を癌で亡くしてから、精神的にまだ辛いです。時間が解決してくれるという、他人事のようなアドバイスでは整理できない心の辛さですよね。
名無しさん 2017/07/09 23:40
自分は父を4年前に亡くしましたが、
皆さんのコメ見てまたこみあげてきますね。
感情は殺さないで吐き出した方がいいです。
お通夜の時、斎場のオーディオルームでサラ・ブライトマンのCDを聴きながら独りわんわん泣きましたが、
あれで少しすっきりして心落ち着きました。
名無しさん 16時間前
おんなじです。私も、30代をそのように費やしました。失ったのは、父ですが。
急激に未来が怖くなりました。おかしなったら入院できるところを探しておいたほうがいいかもしれないと思いました。
 
名無しさん 16時間前
父を亡くすというのは、経済的且つ精神的に大きな後ろ盾を失くすということ。
心細さは計り知れず、裸のまま大海に投げ込まれたような不安な気持ちになりますよね。
皆さん30代という若さでお父様の死を乗り越えなければならなかったとのこと。
自分の父は平均寿命を超えていたので「人は皆いつかは通る道」とあきらめがついたものですが、
若ければ若いほど肉親との別れは辛いものです。
 
名無しさん 15時間前
設備が整った施設や病院なら「ただ生きているだけ」の長生きお爺ちゃんお婆ちゃんがいっぱいいる。
以前はたまに笑ったりしていたけれど、最近では無表情でご飯もあまり受け付けず職員の手を借りている。
お年寄りの長生きがあまり幸せとは限らないと思うときも多々ある。
実の子に年金のみを当てにされ擦り切れたボロを着せられたまま何年も施設で寝たきりで生かされているお婆ちゃん。
今後食べ物が入らなくなれば、流動食や胃ろうをしてでも生かして欲しいと子は言う。
お婆ちゃんには自分の死さえままならない。
肉親の死は悲しい。故人の大切な思い出があればあるほど喪失感に打ちのめされるだろう。
けれど、いまもなお愛おしく思い出されるお父様がいたということは素晴らしいことだと思う。
きっとお父様も嬉しく思われてますよ。
 
名無しさん 22時間前
親を亡くした時誰しも、あの時、あーすれば良かった、もう少しこんな事をしてあげれば良かった、、、と思いますよね。
後悔は尽きません。
でもその時、その時、家族は賢明の判断をします。
良い結果に結び付けば、その判断は良かったと思えるし、その逆なら後悔しか残りません。
でも、先は誰にも分からないんですよね。
自分も親になり分かる事は、子供に対して親は感謝しか無いんですよ。
仮に亡くなったとしても、親は有難う、、、と思ってくれてるはず。
その後、遺された人間が懸命に生きる事が何よりの親孝行だと思います。
 
名無しさん 21時間前
私も20歳の時、癌で母をなくしました。誰にもやさしくて近所では評判が良かった母。まだ社会人一年目だった。親孝行したい時には親なしとはよく言ったもので、初任給でお菓子を買って帰った時はもう食べれる状態じゃなかった。仕事もこんな事が出来るようになったんよって見せたけど、母は悲しい顔してた。もう27年も前のことだけど。でも、亡くなった後、亡き母を泣かせることはしてはいけないって頑張った!仕事ができなくても食らいついて。今を思えば、もし母が生きていたらここまで頑張れなかったと思う。甘えてばかりだった自分に喝を入れてくれたんだと思う。亡くなったけれど、心の中に生きてる!同じような体験をしている人はいると思うけど、泣かせることをしてたまるかって、負けてたまるか!って頑張ってほしい!
 
名無しさん 23時間前
お母さんって、やはり特別な存在。
自分の全てを受け入れ肯定し無償の愛をくれる。例え最期の別れがゆっくり出来たとしても、そんな存在を失った心の痛みは相当なものだと思う。
 
名無しさん 2017/07/09 17:37
そんなお母さんばかりじゃないです。
私の母はお金やプレゼントをあげたときだけ、娘を産んで良かったと言うような人。
私が助けを必要とした時に、全て拒絶してくれた人。
私は母が死んでも絶対に泣かない自信があります。
絵本やドラマにしか出てこないような、無償の愛をくれるお母さんの子どもに生まれてきたかった。
名無しさん 2017/07/09 20:44
私の親友の母親も、chさんのお母さんみたいな人です。
その親友は今まで沢山辛い思いをした分
今、自分の子供にたくさんの愛情を注いでいます。
chさんもお辛い思い、我慢をした分、幸せがありますように。
名無しさん 2017/07/09 21:02
無償の愛を注いでくれる母親ばかりなら、虐待で亡くなる子供なんてこの世にいないよ。
名無しさん 2017/07/09 23:33
コメントありがとうございます。
うちは実は父との関係が悪く母への暴力を見ながら育ちました。私にもたまに…。
その分母が優しかったのかな。
30年以上前に肺癌で亡くなりましたが、弱った父を見て母への報いだと思いましたよ。色々な家庭環境がありますね。
名無しさん 15時間前
お父さんも何十年も家族のために辛い仕事に耐えてるのに、そのわりに感謝されなくて可哀想ですね。
 
名無しさん 13時間前
あのさ、青ポチが70。
いつまでも引きずる人も病気だと思うよ。
全人類が母ロスインゴベルナブレスで、
うつ病になってしまったら、社会は壊れ、人類は滅びているよ。
 
名無しさん 13時間前
私たちは、父や母であるんだよ。
次の世代の。わかる?
ここでうつのやつは、アホしか産み出せません。
 
名無しさん 23時間前
両親が亡くなったら、その穴は何をしたって埋められないとは思うなぁ。
 
名無しさん 18時間前
いつか死ぬんだよ
穴とか言うなら、生き物として
子を作り産め育てろ
 
名無しさん 13時間前
あとさ、私たちが、父や母なんだよ。
いつまでも悲しむアホはやめれ。
子供が病気になる。
 
名無しさん 20時間前
母が意識がなくなり、ちょうど1ヶ月。亡くなって、15日目です。
首吊りでした。
何を思っていたの?何に苦しんでいたの?
直前まで、笑顔で手を振っていたのに…。
更に、容赦なく過ぎる日常に、泣いて過ごす事もできず、生きていかなければならない。
涙を見せず、忘れたように笑って過ごさねばならないことが、今は楽だけど、いつか歪みが来るんでしょうか?
ただ、もう一度、母に会いたい。
 
名無しさん 2017/07/09 21:34
言葉が出ない・・
名無しさん 2017/07/09 21:38
「その気持ち、よくわかります」など、おこがましくて言えないコメント。
最後の一文、よくわからないが、胸に刺さった。
名無しさん 2017/07/09 21:40
悲しみを癒やすのは、FMラジオから流れる歌かもしれません。
名無しさん 2017/07/09 21:46
夢で会えると思います、もう少し時間が経ったら・・・。
私もほぼ毎日のように夢で会ってます、もう亡くなって25年以上経つのに
名無しさん 2017/07/09 21:56
私も同じく、母を首吊りで亡くして2ヶ月が経ちます。
父を5ヶ月前にガンで亡くしたばかりだったので、感情がマヒしたのか、遺体と対面しても涙が出ませんでした。
今も、寂しくて悲しくて仕方ないのに、あまり涙が出ません。
大切な人を救えなかった自分が情けなくて悔しくて、感情がぐちゃぐちゃなせいかもしれません。
私もbqkさんのように、ただ父と母に会いたい。
時間が経つのを待つしかないのかな…と思いながら、毎日を過ごしています。
名無しさん 2017/07/09 22:11
皆さん、ありがとうございます。
たった一度だけ夢に出てきた母は、イタズラっぽく笑い、後ろから
『〇〇だいじょーぶ?』と肩を抱いてきました。
うん、大丈夫。あなたの娘は強いのよ。
そんな風に育ててきたでしょう?
毎日、こころ中で答えてます。
同じ想いを抱えていらっしゃる方々のこころも、いつか安らぎますように…
名無しさん 2017/07/09 23:39
きつい。きつすぎる…
名無しさん 2017/07/10 01:12
だめだこりゃ。君の母は成仏できてないよ。
名無しさん 13時間前
わかってないなー未練は、卒業しないのと同じ。
君の母は苦しんでさまよっているよ。
未浄化霊として。
君が人として成長しなきゃ。
 
名無しさん 13時間前
いや、成仏出来ていません。
未練がましいのは、あなたの母も困っているはず。
執着、執念が、人を成長させるとか、聞いたことない!
 
名無しさん 7時間前
過去というのは、
光の当て方で
違ったものが
見えてくるそうです。
 
名無しさん 20時間前
先月母を亡くしたばかりの私も少なからずそういう症状が出ている気がする。
闘病中から亡くなるまで、ほとんど飲食できなかった母を見ていたためか、
私自身も食べられなくなって体重が減るばかり。
ガン宣告から一ヶ月と経たずに旅立った母だった。
前日まで、家族とちゃんと会話ができるくらいの元気はあったのに、
「明日も来るよ!」それが母と交わした最後の言葉に。
翌日の明け方病院から電話をもらって駆け付けたけど、
到着した時には心肺停止状態だった。家族の誰も最期を看取れなかった。
通夜と告別式までは涙も出なかったのに、出棺と火葬場では親戚の前で号泣した。
母には親孝行らしいことをほとんどできないまま、永遠の別れとなってしまったけど、
果たして母は満足して旅立ってくれたのだろうか。
私自身は母の子としてこれまで生きてこれて、最高に幸せだったよ。
いずれ私も父を見送ってからそちらに行くので待っててね。
 
名無しさん 17時間前
お気持ち察します。
私も母を癌でなくしました。
貴方と同じ様に…
母の遺影に向かい「いづれ私もそちらに逝く日がくるから待っててね」と…
 
名無しさん 22時間前
私も、今は母は元気だけど、いつかそのときが訪れたら耐えられる気がしない。
どうしよう。。。
想像するだけでつらいよ。
 
名無しさん 17時間前
私もです
 
名無しさん 13時間前
あのね。私たちが、父や母なんだよ。
次世代の。引きずるな。
 
名無しさん 22時間前
私も、24歳の時母が47歳で胃癌で亡くなり今だに、寂しい気持ちがあります。今私は、53歳で30年近くなるけど、子供が小さい時は育児に追われて寂しさが紛れてたけど、今又1人になって、母が生きていたら旅行や買い物にもっともっと楽しみたかったなぁ〜と思います。
 
名無しさん 17時間前
わかります…友人などが母上と仲良く買い物や旅行する姿を見ると正直いいなぁと羨んでしまいます。
 
名無しさん 16時間前
yumさんと同じです。私も24歳の時に癌で母を亡くしました。
ちょうど今年で10年になりますが、時間が解決するという言葉が大嫌いなほど、寂しさや悲しさは薄まることはありません。
この10年で私は結婚して、子供も生みました。親はいつか別れが来るものだと理解しつつも、結婚相手も会わせることができず、もちろん孫を抱っこしてもらうことも叶わず…
同世代の友達が里帰りをして、母親に孫の面倒をみてもらったり、近くに母親がいる友達は、常日頃何かと子育てのサポートをしてもらったり…
「あなたが小さい頃は、○○だったのよ」という他愛もない世間話すらできなく、今後も一切叶わないことだと思うと、絶望した気持ちになります。
母親が健在でも不仲だったり、疎遠な関係もありますが、生きているということが前提で会えないのと、もう存在しなくて二度と会えない…というのは似て非なるように思えま。す。
 
名無しさん 5時間前
本当に、親は空気みたいな存在と良く言ったものでやっぱり居てるのが当たり前なんですよね。居なくなって親のありがたみがしみじみと感じますよね。自分の子供も私が居なくなったら、そう思ってくれるのかなぁ〜
 
名無しさん 22時間前
母を亡くしたときは、父親の100倍辛かった。
小林麻央さんの子供たちの事をつい考えてしまう。
私は43歳でしたが、小学校に上がる前の子供たちの悲しみはいかばかりか想像すらできません。
健やかな成長を祈ります。
 
名無しさん 19時間前
胸が締め付けられますね。
今年、1月突然母を亡くしました。
2年前には父を…父の2年前に妹、その1年前に兄を亡くしました。兄と妹は、癌でした。
父と母は、心疾患でした。
妹の死後、鬱になりました。苦しくて息をする事が出来なくて、泣いて泣いて泣いて。
ツライんだけど、毎日朝がやってくるし
子育てしなきゃだし。
でも、薬を飲んでる間は少し楽になるので
我慢せず飲みました。
父が、他界した時から旦那さんが支えてくれるようになり前向きになれるようになりましたが…そんな時に、母を失いました。ツライです。
寂しいですね。でも、時間は止まらないんですよねー。みんなのコメント読んで頑張ろと思った。
 
名無しさん 19時間前
辛かったですね…。そんななかで子育て、大変だったでしょう。
くれぐれもご自身の体調にも気をつけてください。
 
名無しさん 16時間前
つらすぎる…
 
名無しさん 21時間前
母が癌で亡くなって16年、喪失感は今もなくならないし後悔は年々強くなります。自分が母の年齢に近づくほど、あの時どうすればもっと母を喜ばせられたか分かってくるからです。
でも、忘れられない母の笑顔があります。
入院中の母がある日とても嬉しそうにしていて、聞けば他の患者さん達に娘(私の事です)を褒められたと。私が良い人間であり、私が幸せである事は、母としての彼女の人生が肯定される事なんだと理解できました。
だから私は鬱になんてなっていられませんでした。寂しくても悲しくても笑っていたし、会社が倒産しても自分が癌になっても笑っていました。
そして気づきました。その力こそが母からの最大の贈り物だったのです。
解決なんてありません。
ただ大好きなお母さんがどうすれば一番喜んでくれるのか、それを考えるだけです。
 
名無しさん 20時間前
涙が出ました。
私も今、両親が共に闘病中です。
私は何をしてあげれるか考えますが、やはり私が笑顔で元気に暮らすことが両親にとって一番の幸せだと思っています。
そう考えれる力をもらっているんですね。気付かされましたよ。ありがとうございます。
 
名無しさん 12時間前
そそ。うつになんて、なってられない。
 
名無しさん 22時間前
17年前に父を亡くした時は肺がんだったので、ある程度は覚悟していましたが、母が1年半前に亡くなった時は病気もなくて急死だったので、その時は何がなんだか訳が分からない状況でした。やっとのことで、墓参りに行った時に墓石に両親の戒名が刻まれているのを見て改めて両親がこの世にいないということを認識できましたが、今まで電話で連絡を取り合っていたことができなくなった事はさびしいです。
 
名無しさん 18時間前
うちの母は末期がんで2年ほど壮絶な闘病をして亡くなりました。最期には娘の私の身も心も疲弊しきっていました。疲弊したせいで自分のメンタルが落ち、母に充分なことをしてあげられなかったという後悔だけが残り、5年経った今でも思い出すと苦しいです。
急死はお辛いかもしれませんが長患いでも別の辛さがあります。
仏教で言うところの「日にち薬」が効くまで悲しみ苦しみを抱えながら過ごすしか方法は無いようです。
 
名無しさん 21時間前
いま
介護している私です
いつまで続くのだろう
という思いと
どんなにしんどくても
生きていて欲しいという
思いが
行ったり来たりです
ただ言えることは
永遠ではないと言うこと
人はいつかは
亡くなります
やりきったという
までやれることは
やってあげるのが
ロスにならない唯一の
ことだと今は信じています
 
名無しさん 2017/07/09 22:49
やりきったと思うのは、難しいです。それより自分の時間、自分の余暇の時間を大切にしてください。
私も同じ思いを抱きながら、コメ主さんと同じ経験をして、親を見送りました。でも、いざ亡くってみると、自分の時間を削って全力で接していたにもかかわらず、もっとしてあげられた事はあったと今でも思います。
最後の数年間、かかわったくれた私を間近でみてきた医師や看護士の方は、亡骸に『幸せな最期だったね』と声を掛けてくださいましたが・・・
名無しさん 16時間前
ありがとうございます
そうですね
どんなにしてあげても
心残りはあるのでしょうね
この頃
楽しい時間を持とうと
してもそれさえ
罪悪感に包まれてしまう時が
あります
自分の時間を
少しでも持てるよう
心掛けます
 
名無しさん 15時間前
ahiさん、私も同じでした。ウチはもう亡くなってしまいましたけど。
周りの人に「自分の人生も考えなさい」と言われ続けてましたが、あなたと同じで、何かを楽しむ事に罪悪感がありました。
あの時あんなに一生懸命に介護していたのに今思うことは、「なぜもっと何かしてあげられなかったのか…」という後悔だけです。
そして、十数年、何より母を1番に考えて生きてきた結果、結婚も出産も出来ませんでした。
ただ、母のせいで…とは思っていません。
介護しながらでも結婚している人たちも居ると思うと、もっと自分の事も考えて生きてくれば良かったって思います。
何もなくなってしまったから。
 
名無しさん 13時間前
ポイントがずれている。
真に死者との関係を少しでも今に意味のあるものにしようと思ったらならば、
エリザベスキューブラーロスの著書は、必ず目を通しておくべき。
しかし、ポイントがずれると、死の意味は全く理解不能になるだけだよ。
 
名無しさん 19時間前
10年前に母をガンで看取りました。
その時、母は56歳、うちは父も40代で病死したので、両親ともに、空の上です。
母は父の死後、1人で兄弟を大学まであげてくれました。
きっと、子どもには見せなかったけど、辛かったはずです。
もっと親孝行したかった。
母が死んでしばらくは、年配の方を街で見ると、
なんでうちの親は早死にしてしまったんだろうと、くよくよ考えていました。
でも、人生はきって長さではないですね。
母の注いでくれた深い愛情に、今はただただ、感謝しています。
母のことを思い出すたびに、他人に優しくなれる自分がいます。
 
名無しさん 23時間前
10代の頃はそう思ってた。罵声を浴びても殴られても、母を亡くすのが不安でしょうがなかった。
20代の頃から徐々に母の異常さに気付いた。意識して距離を置くようにし始める。
30代の今、自分の結婚式を散々邪魔されて、さっさと亡くなってくれれば良いのにと思うほどになった。
ロスになるくらい、愛情がかけられる母がいるのは、本当に羨ましい事です。
 
名無しさん 2017/07/09 19:21
同じです。
負のスパイラルを断ち切ってね。自分の家族にはそう思われないように。
名無しさん 2017/07/09 21:51
私も残念ながら同じ様な両親・・・。
物理的に距離を取っています。最後までうちの両親は自分が悪いなんて一切思わないで人のせいにして終わりそう。
名無しさん 18時間前
私も…毒親に散々苦しめられましたし、現在進行形です。
親ロスになる人って、親からきちんと愛情を受けた人なんだな…と思います。
私は、親が死ぬまでに、今まで受けた苦しみの仕返しを…と思ってます。
さっさと亡くなって…とは思えないんです。
仕返しができなくなるから。
でも、ウチの親も、自分が悪いなんて一切思わないで、人のせいにして終わりそうです。
 
名無しさん 17時間前
私も毒親ではなかったけど、相性が悪かったのか、亡くなった後にロスになる程の悲しみはなかった。泣けない自分が人としてダメなようで、自分を責めている。今飼っている猫が死んだら、間違いなくロスになると思う。私にとっては、母より猫が大事。理解はされないだろうけど…
 
名無しさん 15時間前
ロス、インゴベルナブレス、デ、ハポン
 
名無しさん 18時間前
親を亡くすということは、想像以上に辛い。
母を送って父を送って8年、母を送って5年たつが、ちょっと歳をとった両親と買い物している人とか見ると涙が出る。
とても羨ましい。
素晴らしい思い出もたくさんもらった。
病気になったときは、覚悟もした。
でも辛い。
無条件で自分の見方になってくれて、愛してくれる存在だと思う。
 
名無しさん 22時間前
確かに、いつまで経っても、後悔することばかりだし、命が終えようとしている時、どんな気持ちだったんだろうとか、母のことを考えると、深みにはまっていく感じです。
そんな時は、とことん考えて考えます。
そうすると、考えても答えが出ないことに気付いて、考えるのをやめます。
それの繰り返しで、少しずつ受け入れています。
 
名無しさん 18時間前
3日前に母が他界しました。葬儀を終え、父と二人家に戻りました。まだ実感があまりありません。母は乳ガンで入院していました。小林麻央さんと同じくらいに酸素呼吸器をつけることになり『彼女と一緒だわね』と、テレビを見ながら明るく振る舞う母。彼女が亡くなった報道をどんな気持ちで観ていたのだろうかと思うと心が痛みます。
亡くなる前日の夜、パンパンにむくんでいる母の足をいつものようにさすってあげていましたが、夜23時くらいに疲れて私が一旦家に戻った途端に、体調が急激に悪くなり、明け方駆けつけた時にはもう意識がありませんでした。一人っ子の私は、出張が多い父の為母と友達のようにとても仲が良かった。
久しぶりに戻った母のいない実家は、何処に何があるのか分からず、ただただ戸惑う半日でした。これから少しずつ寂しさを実感するのかな…。一人っ子&独り身。これから先父と二人、何か気を紛らわす物を見つけないと辛いです。
 
名無しさん 2017/07/09 21:53
このコメントに、どういう返信を残したらいいのか、その言葉を持っていません。
名無しさん 2017/07/09 22:06
泣きたい時は泣いてください。私もそうしています。
母が亡くなって沢山の方に「お父さんを頼んだよ。気をつけてあげて」と言われプレッシャーで何をして良いか分からなくなりました。そんな時に生前お世話になったケアマネージャーさんに「お母様の代わりは誰も出来ません。お父様の空いた穴はお母様にしか埋められません。だからこそ、無理はしないでくださいね」と言われて、ハッとなり気が楽になりました。どうか無理せずゆっくりと。お母様はアナタの側にいてくれますから。
名無しさん 18時間前
皆様、こんな私に御言葉をいただきありがとうございます。
何かしないと、母のことを思い出してしまいそうで…。
気休めの独り言のように発した文章に、まさかあたたかいコメントをいただけるなんて思っていなかったので、皆様の優しさにとても幸せな気持ちになりました。
本当に感謝致します。
 
名無しさん 15時間前
12年前、26歳の時に乳がんで母を。その半年後に父を多臓器不全で亡くしました。
当時まだ未婚、一人っ子です。
私どもも、とても仲の良い母娘でした。
もう長くはないと家族全員が分かっている中、それをおくびにも出さず、皆でリビングで笑顔で過ごした日々の辛かった事。
亡くなった直後は、もう母は苦しまなくていいんだと思い、葬儀も気が張って一切の涙は出ませんでした。
亡くなって、少し後から、寂しさ悲しさが込み上げてきました。
けど大丈夫。
絶対乗り切れるから。
両親をバタバタと亡くし法的に相続がされていなかった祖父母の建てた家に住んでいた為に両親の死後家全体の荷物を処分して引越しした私ですら今は元気に生きていますから。
元気に力強く生きている姿が、きっと亡くなったお母様を安心させてくれますよ。
今、母になってわかります。
母は子供の幸せしか願ってない。
それ以上に望むものなんてありません。
 
名無しさん 14時間前
私も一人っ子独身です。4年前に母を突然亡くし、父と2人で住んでいます。どこへ行くにも仲良し親子でしたが、母が亡くなってからの過ごしてきたここ数年の記憶も正直曖昧だったりしますし、本当に今でも自分と同じ歳くらいの親子を見るといいな、と思ったりします。正直、4年経った今でも安定剤がないと眠れません。ただ父にはもっと、母には出来なかったことをしてあげたい気持ちです。喧嘩もしますが…父もまた私とは違う孤独感があると思うので、少しでもお互いに支え合いながらどこかへ遊びに出かけて少しの楽しみや気晴らしを見つけて生きていきたいと思います。家族3人で出かけた場所などに行って母のことを話せるようにはなりました。まとまりのない文章ですいません。ただ、同じような家族関係でしたので、初コメントしました。
 
名無しさん 18時間前
生前してあげられなかった事を悔やむ事があっても、きっと親なら「ありがとうねー。そんなに想ってくれて嬉しいよ。」ってあの世で見ていてくれているはず。親心はきっとそんなもの。無償の愛ってそんなだと思う。
 
名無しさん 21時間前
父を胃ガンで亡くして7年
今でも悲しいし、会いたいです
亡くなってしばらくして夢に出てきた父
私がそっちに行きたい、と言葉にしたら
どんなに年をとった私でも私は私、必ずまた会おうと言ってくれました。ずっと見てると。
それからは少しずつ現実を受け入れ、
私が死んだとき 頑張ったね、と言ってもらいたくて日々頑張ろうと決意しました。
確かに夢は夢だけど父ならそう言っている気がして笑顔でいなきゃきっと悲しむだろう、今はそう思います。 
私が父を大好きだったように
父も私を大好きだったと思うからです。
 
名無しさん 21時間前
私も8年前に母を亡くしました
膵臓ガンステージ4発症して1年で逝きました
最期に立ち合えず今も後悔しかありません
亡くなった直後から葬儀あたりまでの記憶が途切れ途切れで火葬場でのお別れのとき倒れたらしいのですがそれも覚えておらず旦那と義母に助けられました
うつ病まではいかなかったと思いますが体調が優れず泣いてばかりでした
母には家族で話し合いの結果ガン告知はしませんでした
それが良かったのか今もわからずにいます
文章に出ていたCAさんのお話物凄くわかります
同年代の親子を見るのが今も辛く苦しくなります
 
名無しさん 21時間前
20年くらい前に母を亡くした。亡くなる数時間前、病室から帰ろうとすると母が突然意識を取り戻して私に何か語りかけようとした。うめきにしかならなかったが。1歳の子を義母に預けていて気がせいていたので、またあとでね、と声をかけて帰ってしまった。あれが最後とわかっていたら、ちゃんと話をすればよかったと今も後悔している。母とは、仲が悪かろうが良かろうが特別なものだ。その死になにかを思わずにいられないのはもうどうしようもない。時を待つ以外にないと思う。
 
名無しさん 18時間前
「私の事はいいから赤ちゃんが待ってるから早く行きなさい、気をつけてね」
ってお母さんは言いたかったんだと思う
 
名無しさん 4時間前
ありがとうございます。そうであってくれれば…必死に私を見ていた目と、うめくような声が今も思い出されます。何を伝えたかったのかはもうわからないことですが、きっと心配してくれていたのだと思いたい。
 
名無しさん 18時間前
”寂しさはなくならない。今も、ふとした瞬間に、悲しみのスイッチが入る”
それでいいのだと思いますよ。いつまでたっても母は母、その子供でいいのです。ただ悲しみスイッチが入ると出来るだけいっしょに過ごした楽しかったことを思い出しましょう。
ただ親はいずれは子より先に逝くものということも理解しなければいけないよ。
自分の母は60代でガンで亡くなりました。人生とははかないもの。自分もいつどうなるかわからない。恐がっていても、悲しんでいても仕方がない。とにかく歩んでいくしかないんだなと感じました。
 
名無しさん 19時間前
私も、母親を亡くして友だちが一緒にお買い物しに行ってたり飲みにいったりする姿を見ると羨ましく思ったりします。
難病が発覚して多統計萎縮症だったため寝たきりになり5.6年介護しながら過ごしてきましたが、その時は死ぬなんて考えもせず治ること奇跡起きることを信じてきました。
危篤になった時は、2回目の心肺蘇生のどうするか悩みました。ギリギリまで。母がまだ50歳過ぎた所だったので離れたくない、一心でしたが負担色々考え、泣く泣く諦めました。
でも旅立った時は、涙1滴もでず、お疲れ様って思いました。脳と心はしっかりしてるのに身体が自由が効かず本当に辛かっただろうなって。
通夜、葬儀の時も一切涙出なかったけど骨になった瞬間、崩れ落ち信じられないくらい泣きました
もう母に触れることが、できないんだなって。寂しいけれど少し離れて暮らしてるだけでまた会えると信じています。でも手紙くらい届かないかな笑
 
名無しさん 18時間前
骨になった瞬間崩れ落ちたっていうの、すごくわかる。私も母親の火葬のとき、そこにいられなかった。お母さんの身体が燃やされるなんて考えたくなかった。
すでに25年なりましたけど、またお母さんに会いたいなあ。頭ポンポンして欲しい。
 
名無しさん 18時間前
ありがとうございます。私も、焼かれることを1番恐れていました。
骨になった姿が本当に衝撃すぎて、亡くなった途端、冷たくなった時もびっくりしたのですがそれ以上でした。
分かります。私も、会いたいなぁ、触れたいです。たくさん話したいことがあります!!
 
名無しさん 18時間前
4年前か、母が突然天国へ引越し。
脚がガクガクしたよ。
衝撃。
葬儀が終わって田舎の実家を出発するときが強烈な悲しみに襲われた。
家に戻るとなんかピンとこないので毎日毎日葬儀写真をひたすら眺めてた。
知らなかったけどこれって心理療法にはいいことだったみたい。
自分も死んだら母には会えるだろうと思ったらラクになったな。
死んでいないのだからどうしようもない。
天国で会える日までお土産話をたくさん作ろうと思った。
まあ、究極の割り切り、だな。
 
名無しさん 18時間前
母の死にあたり後悔しない人は殆どいないんじゃないかと思う。
私自身9年前母を亡くしたけど数年は常に寂しく辛い状態でした。。夢で母を見て目が覚めた時のあの絶望感といったら。。でも、夢だけでも会いたいと思ってしまう。。
生まれてからの自分をずっと見てくれていて、自分が知らない時の自分を知っている存在が居なくなるというのは、もう身体を削がれるようなものだなと思いました。
時間が解決してくれて、少しずつ寂しさも癒えてきたけど、2年前に娘が生まれて、母はこうだったのかな、こんな風に私を育ててくれていたのかなと考える事が多く、また涙する事が増えました。
母自身に恩返しをする事は叶わないけど、母が私にしてくれた事を思い返して、娘を育てることが恩返しになればと願っています。
 
名無しさん 22時間前
両親も祖父母も健在やけど・・まあ、父親がなくなっても大人な立ち居振舞いできるけど、母親が・・とか 思うだけでも耐えれんわ。
 
名無しさん 18時間前
病院から呼び出しがあり、先生から母親が癌である旨の告知を受けた。
あまりにも事務的に受けての気持ちを考えもせずに淡々と説明を受けた。
最後に患者自身に告知をするかしないかをなるべく早くに決めてくださいと言われた。
あの時の時間はほんの数分だったと思うが、とにかく長い時間が流れているように感じた。
現実を受け止めようとする自分と否定したい自分と、そして告知の判断を迫られているという切迫感とで何も手に付かなかった事を思い出す。
鬱にもなり体調を崩し疲れ切っていた。
母が無くなる日は自分も同じ病院に入院をしていたので、母の病棟から急変の知らせを受けて、病室で母の最後を看取った。
でも今思うのは、言い方は悪いが、親より先に逝かなかった事が最大の親孝行だったかな。
 
名無しさん 17時間前
まさにそれです。
 
名無しさん 20時間前
13年前、当時37歳だった時に68歳の母を自宅で看取りました。自分では鬱だとは思っていませんでしたが、当時任されていた仕事が管理職で工場の利益計算を担当していたため、今まではキツいながらもこなしていた仕事が、精神的に出来なくなり、遠方への転勤命令も重なってしまい、ついには出勤が出来なくなってしまいました。今はもう立ち直っていますが、当時の精神状態は、今思えばボロボロだったと思います。
 
名無しさん 16時間前
お気持ち察します。
仕事に支障が出てしまう事も辛い事ですね!
私も母を癌で亡くし辛いうえ仕事にも支障がでました…その歪みを未だに抱えています。
それを解決する為に前向きに動き出した今日この頃です。
 
名無しさん 3時間前
コメントありがとうございます。私は当時、海外ドラマの
“フレンズ”をたまたまレンタルビデオ店で見つけて、一日3時間は毎日観て、考えないようにしてました。そのおかげか、何とか乗り越えられましたが、その分、家庭を顧みる余裕が無く
気づいたら妻から離婚届を渡され、不倫もされていました。
ドラマのようなドロドロの不幸続きでした。そんな時にオートバイと出会い、今ではかけがえのない趣味になっています。
あなた様も何か夢中になれる趣味があります事をお祈り致します。
 
名無しさん 21時間前
母親を高校生の時に突然亡くし
父もレビー小隊型認知症で徐々に弱っていって
若い年で心不全で亡くなり
つらかったなぁ
誰にもたよれなくて1人で仕事と介護に明け暮れて
母がもしあのとき突然死してなかったら
少し違ったんだろうかって思う
 
名無しさん 21時間前
かなりの人が親が亡くなってから親孝行しといたら良かったって思うもんだよ。親になって、そう子供が思ってくれるだけで嬉しいと感じました。
 
名無しさん 19時間前
母は84歳、骨折や脳梗塞と入退院を繰り返すようになり、年々老いているのを実感できる。
来年の春に桜が見られるだろうか?またお正月を迎えられるだろうか?
いつ別れが来てもおかしくない。と自分に言い聞かせて毎日を過ごしていますが、実際の別れとなると辛いでしょうね
 
名無しさん 18時間前
私の母は50代で病気で亡くなったので、年々老いているのを実感できるのは、少し羨ましくもあります(大変なこともあるでしょうが)。生きていたら、同じくらいの歳です。
 
名無しさん 16時間前
父は52歳で他界しましたので、生きていれば今何歳かなあの人位かな…?なんて思いますよね
よく似た感じの人を探していました
 
名無しさん 19時間前
悲しむだけ悲しんで、心の内を話せる人がいないと、ある日突然ダメになってしまうと思う。
なるべく明るくしようとみんなの前では気丈に振舞ってたり、それを続けてるのは危険。
大切な人が亡くなったときもそうだし、それ以外のショックな出来事とかもそうだし。
 
名無しさん 21時間前
私が中1の時に母を癌で亡くしました。亡くなって数年間はやっぱり辛かった。夢に出て来るたんびに、きっと母も私の事が心配なんだなって思いました。もう母が亡くなって32年になりますが、今では夢に出て来なくなったかなぁ〜
時が経てばなんとかなる
 
名無しさん 18時間前
去年出産してすぐ母の癌が発覚。
子育ての不安と母の癌が治る状態なのか、、心配と不安でおかしくなりそうだった。
子育てしながら何もできない父の代わりに家事したり、、
なくなった祖父母の仏壇の前で母を連れて行かないで
っておねがいしてたな。
幸い手術して抗がん剤して今は元気。
もし亡くなったら絶対鬱になっちゃうかも。
8月に検査があるから再発してませんように。
当たり前だけど生まれた時からいるしいなくなるのは寂しい、
 
名無しさん 18時間前
認知症の母の介護が辛くて、きっと亡くなっても悲しくないと思ったけどやっぱり悲しくてたまらなかった。
8年経った今でも会いたくて夢でも嬉しい。
ただ、親の立場の私が思うのは順番が違わないで欲しい。
娘に立ち直って、自分の人生を楽しんで欲しい。
そして元気でいて欲しい。それだけ。
親の願いがわかるから、その願いの様に頑張って生きていきます。
それが最後の親孝行。
そしてまた会いたいです。
 
名無しさん 17時間前
旦那さんや子供がいる人はまだロス期間が少ないのかな…と考えてしまうときがあります。
適齢期を超えても未婚、小梨…友人は母くらいな自分は…耐えられない気がします。今から怖いです。
 
名無しさん 2017/07/09 23:12
私もおひとりさまなので耐え切れない。そのくらい母の存在が大きい。父も同じ。
友達やパートナーがいたら乗り越えられることができるかもしれないけど
ひとりで背負うのは無理で夜になると怖くて泣いて眠れなくなる。
母も私も健康に問題があるから余計にね。
何事もなく長生きして欲しいし長生きしたい。
別れが辛過ぎて自分の親が毒親だったらよかったのにってたまに思う
名無しさん 17時間前
私もまったく同じ
高齢母親長期間入院中
在宅介護したいけど経済的に厳しい
母親に依存症毎日病院に行ってます
 
名無しさん 16時間前
友達、あるいはパートナーがいれば
そういう悲しみや辛さ半分こできるのにね。
ひとりだとただただ辛くて(ノω-、)
やっぱりどんな状態でもそばにいてくれる方が安心できますよね

母がいなくなったらとか怖すぎて泣けてきますね
死はだれもが直面する問題なんだけど
やっぱりひとりで背負っていくのは重すぎます…

 
名無しさん 14時間前
私は、独身で母を看取りました。
実妹は結婚して子どもも居ますので、母の介護もしていませんでしたから、亡くなったその日も普通に帰宅していました。
私はどうやって帰宅したかも覚えていませんでしたし、10㎏近く体重も落ち、謎の発熱が2ヶ月ほど続いたりしました。
支えてくれる人、夫がいれば1番ですけどね。同僚や友達がすごく支えてくれました。
1番励まされた言葉は「母親亡くなったらって考えただけでも悲しいのに、本当に死んだら気が狂う」でした。何人かの友達に言われて、気が狂ってない私は大丈夫なのだと思えました笑
支えてくれるのは、家族とは限らないですよ!
 
名無しさん 18時間前
うちは事故死だったので突然だった
前日まで元気だったのに
それ以降、なんか親戚身内知り合い関係の死に直面しても
人は死ぬもんだよ、いつか。それが今だっただけ、と無機質な自分がいる
参列してお経とか聞いてても、不謹慎だが、あーどうでもいいや
になる。涙も出ない
そして死後のイベントで金だけ減る
何やってんだろって
淡白なりすぎだろうか
 
名無しさん 18時間前
私の母は50代で病気で突然だった。
倒れる当日も仕事に行っていた
私も、TVで事故等で子供や若い人が亡くなったニュースを見ると「まだ若いのに…」と悲しい気になるが、もう高齢の方だと「そこまで生きたんだから…」とも思ってしまう、不謹慎かも知れないが
 
名無しさん 16時間前
↑完全同意!!
自分と同じ方がいてホッとしてる自分がいる。
 
名無しさん 17時間前
私も30歳の時52歳の母を悪性リンパ腫で無くしました。亡くなってからしばらくは、世の中がモノクロの世界に見えました。時間が経つにつれ少しずつ世界に色がつきはじめ、落ち着きを取り戻しましたが、5年たった今でも時々、あの時こーしとけば良かったかなとか色々考えます。亡くなってから気づく事がたくさんありますね。
 
名無しさん 15時間前
私は高3の時に震災に遭い、母を亡くしました。
休日は一緒に買い物やごはんに行ったり、悩み事がある時にはいつも母に相談をしていたり、母とは本当に仲良しだったので、6年経った今でも、ふとした時に辛く、悲しくなることがあります。母の日が近づいてくると胸がざわついてきたり、街中で祖母・母・子の三世代で買い物していたりする家族を見かけた時にはどうしても羨ましく思えてしまったり……
でも、皆さんのコメントを読んでいて、悲しみや辛い気持ちを受容できるようになる過程とかタイミングは一人ひとり違っていて当然なんだよなって思いました。だから、いつまでも引きずっていてはダメだと思ったり、早く乗り越えなきゃと焦ったりする必要はないのかなと…
とりあえず、私はいま目の前にあることを、無理せず一つ一つ頑張ろうと思います。母に届くことを祈って
この記事と皆さんのコメントに出会えてよかったです。ありがとうございます。
 
名無しさん 10時間前
あなたを産んで良かった。

お母さんそう思ってますよ
若いあなたを置いていくのは、さぞ心残りだった事でしょう
ですが六年経ち成長した今のあなたを見て喜んでおられると思います
あなたが家庭を持ち、子を授かったら母親と同じ様に愛を注いであげてください。きっとお母さんの様に優しく、あなたの様に強くそんなお子さんに育つ気がします
それと羨ましいとありましたが、三世代での買い物できますよね?
あなたがおばあちゃんとして(笑
母を思うたび空を見上げてばかりだと首が疲れて肩こりますよね
お母さんは下を見過ぎて同じく肩こってると思います
母の日には肩たたき券をプレゼントしたらどうでしょう
遠い遠い未来に再会できた時のために

 
名無しさん 18時間前
中川さんとほぼ同じ状況で母を亡くしました。治療をすると一時的よくなったりする時があるんですよね。だから自分の母なら強いしきっとガンに勝ってくれる、歩くのがやっとになるまでそう信じていました。メディアでよく奇跡的に回復みたいなことを取り上げますが、奇跡的に回復した人がいるなかでより多くの人が回復せずこの世を去っていることにそういった状況では気がつかないのです。。。

今でも最期の時を考えると涙が溢れるときがありますが、そんなときは、榎本さんがおっしゃった「僕がこの状態でいても母は決して喜ばないと思ったんです」このことをいつも考えます。

それに、肉体は滅びても魂は残る
そう信じて残された家族の会話で母の話をしたり今こんなこと思ってるよなんで積極的に話すことも大事なことだと思います。

同じ境遇の人がいると知るだけでも少し救われた気持ちになります。。がんばりましょう。、

 

 

 

関連記事

  1. ビットコイン等、投資トラブル多発 セミナー「必ず値上がり」
  2. しんどかった30代の婚活 出会った男性全員が「子どもを希望」
  3. 渋谷、八王子は前年割れ…首都圏の「流行る駅」「流行らない駅」〈週…
  4. 平均年収450万円!? 超人手不足でも広がる「40歳からの転職格…
  5. 年収340万円なのに400万円の新車をローンで買った男の末路「結…
  6. 保険金殺人の浜田武重死刑囚が死亡 90歳、死刑囚で最高齢
  7. 「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット
  8. 「UQモバイル」と「ワイモバイル」の好調に格安SIM業者の不満爆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

遺留品バッグから犯人毛髪=黒色、バリカンの跡―世田谷一家殺害・警視庁

東京都世田谷区で2000年12月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で…

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生…

【高校野球】“大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!

初戦で自己新記録の154キロをマークした佐々木朗はせず 第100回全国高等学校野球選手権…

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は?

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。逮捕から23年だ…

スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか

● スタバとマックの背中を押した 想像以上にひどいプラスチック汚染 ダイヤモンド・オ…

トミー・ジョン手術を受けた球児の悔い 「痛み我慢せず早く言えば…」

 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱…

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴー…

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP