エンタメ

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。

 大抵は「はい」で先に進むところを、一発で進めたくないのである。どうせ「はい」しか選べないのだから、まずは「いいえ」を選んだときのテキストをきちんと読みたいのだ(ごくまれに取り返しのつかないことがあり、頭を抱える)。

ねとらぼ 6/17(日) 11:05配信
翻訳されたゲームソフトの一部。『ドラクエ8』などの超ビッグタイトルも

 それだけではない。RPGでは必ず一人残らず街中の人に話しかけ、当然「ここは始まりの村だよ」と案内するだけの人とだって話す。世界を救ったら、「勇者様、王様がお待ちです! 今すぐ城へお越しください!」という兵士の言葉なんて無視。王様に会いに行く前に全ての街を巡り、世界中の人に話しかけに行く。どうだ、世界が平和になっただろう、君はいま何を思う、と。人だけじゃない、ニャーと鳴くだけの猫にだって話しかけるのを忘れない。

記事の続きを読む
 私はとにかくゲーム内のテキストを全て読みたい、活字中毒型ゲーマーなのだ。おかげでいつもクリアまでの総時間は、ほかの人の3倍はかかる。

 日本のRPGは、テキストのディテールにこそあると私は思う。ほとんどの人が話しかけないであろう端のほうにいるモブに、クスッとする仕掛けが施されているのを発見すると、最高にうれしくなる。たとえ読む人が少なくても、開発者は一言一言真剣に考えてセリフを作っている。セリフを通してその息遣いが伝わってくるのが、テキストオタクとしての醍醐味なのだ。

 けれど同時に、この感じ、日本特有のものなのではないかとも思う。日本のゲームを面白くさせているテキストは、海外版ではどうなっているのだろう。多数のゲーム翻訳を手掛けてきたアルトジャパンのお二人に、ゲーム翻訳の知られざる事情について聞いてみた。

◆アルトジャパン
依田寛子(よだひろこ)、Matt Alt(マット・アルト)の二人によるローカライゼーション会社。ゲーム、映画、マニュアル、商品のパッケージ等の翻訳から、音声収録スタジオの手配、キャスティング、ボイス録音までのローカライゼーション一括業務、日本企業と外国企業間の合作プロジェクトの仲介業務などを手掛ける。2018年夏ローンチ予定の新作『World of Demons』では、ストーリーの構築や脚本の執筆にも携わる。
===

●日本人とアメリカ人、二人だからできる仕事

――ゲーム翻訳のお仕事って実はかなり謎に包まれていると思っていまして。アルトジャパンさんは『ドラゴンクエスト8』などの有名作品の翻訳も手掛けられているんですよね。てっきりスクウェア・エニックスなどのゲーム会社の中に翻訳の部署があるものだと思っていました。

依田:スクエニさんくらい大きな会社の場合は、もちろん社内に翻訳の部署もあります。ドラクエ8については、スクエニさんから発注を受けて、そのチームに入るという形で関わらせていただきました。

――もともとはどのようなきっかけでゲーム翻訳のお仕事を始められたんですか?

アルト:友人の紹介で『LUNAR ザ・シルバースター』というゲームの翻訳をしたのが最初です。僕はガンダム好きで、日本のアニメやゲームもずっと大好きだったからぜひやりたいと引き受けたのですが、その当時、米政府の公務員として働いていて。週末や夜に一人で作業するだけではとても間に合わなかったので、依田と一緒にやることにしました。

依田:ここは私たちが今でもずっとこだわっているところなのですが、異なる言語を母国語とするネイティブのチームワークは非常に大事です。例えば英訳する場合、アメリカ人が一人で翻訳すると、アメリカナイズされすぎて、日本の良さが消えてしまうんですよね。

 この重要性に気がつき、すぐにアメリカでAltJapan, Inc.として会社を立ち上げました。その数年後東京に移り、アルトジャパンを改めて起業して今に至っています。

アルト:昔はなかなかそこを分かってもらえなくて、まわりから「なぜ日本人と二人でやってるの?」とよく聞かれました。翻訳自体もあくまでも脇役的な認識で、日本人とアメリカ人両方の意見を取り入れて丁寧に訳した作品は前例がありませんでした。ただ英訳しただけだったり、直訳だったり、おかしな翻訳もたくさんあったんですよ。

依田:それに、システムも整ってなかったから、ゲームのコードがそのまま送られてきて、そのコードの中からちまちまとセリフ部分を探し出す、なんてこともしていました(笑)。

――気が遠くなる作業ですね……。

●「~だべ」「~だぜ」。日本語は一文字の違いだけで表現できる言葉

――ゲーム翻訳において、一番頭を悩まされるのはどういう部分なのでしょうか?

依田:翻訳する上でとにかく苦労するのが文字数制限ですね。例えば、日本語では「紫」と一文字で済むのに、英語にすると「Purple」と6文字も使います。だから、たまごっちなんかは究極に難しいんですよ。一行に表示できる文字数が8文字とかなので。

――うわぁ……それは大変ですね。そういう場合は、ページ送りで見せるんですか?

依田:基本的には工夫して短く収めるようにします。あくまでもエンターテインメントなので、翻訳することで読むのがわずらわしい長文になったらいけないんです。

アルト:読むのが面倒くさいと、“エンターテインする”(楽しませる)ものじゃなくなっちゃいますからね。それが大前提です。

アルト:あと、キャラクターの特徴を限られた文字数の中で表現するのも難しいです。日本語って語尾のたった一文字の違いでキャラクターに変化を出せてしまうんですよ。語尾が「~だべ」なのか、「~だぜ」なのか、「~だよ」なのかだけで、どんなキャラクターかがすぐ分かるでしょう?

――言われてみれば確かに!

アルト:英語にはこういう表現方法がありません。語尾だけでなく、一人称もですね。英語は「I」しかないけれど、日本語なら「私」「俺」「拙者」「僕」「オラ」とかたくさんあります。

――英語ではどうやってキャラクターの違いを表現するのですか?

アルト:「Oh, I love you.」とか「Hey! I love you.」とかで、どうにかして無理やりバリエーションをひねり出しています(笑)。

依田:「you」を「ya」にしてみたり、末尾に「!」や「?」をつけたりね。

――そんなに涙ぐましい努力をされていたとは……。

アルト:ゲームの進化とともに大画面になるにつれて、文字数を気にしなくてよくなって喜んだのですが、それもつかの間でしたね。ここ数年はスマホゲームが増えたので、結局また文字数制限と格闘しています(笑)。

●「コタツでみかん」のシーンは通じない

――日本と海外の文化の違いが、翻訳にも影響することはありますか?

依田:それはめちゃくちゃたくさんあります! 多いのが、そのシーンに日本特有のものが出てくるケースです。日本人にとっては当たり前すぎるようなことでも、説明を入れてあげなければなりません。

アルト:『ドラえもん』で“コタツに入っているシーン”が出てくるのですが、これがそのいい例ですね。これはゲームじゃなくてマンガでしたが。

依田:私たちはマンガの翻訳もしていて、海外向け電子書籍版としてマンガ『ドラえもん』を全巻英訳しました。そのなかで、コタツにみかんが置いてあり、テレビには獅子舞が映っている、というシーンがあるんですよ。日本人なら絵を見ただけで、お正月なんだなって分かります。

 けれど、獅子舞もコタツも分からないアメリカ人には、コタツに入っているドラえもんが布団で休んでいるように見えて、「ドラえもんは病気なの?」と勘違いしてしまうんです。

――なるほど、確かに……。ひとつの絵から受け取れる情報量に差があるんですね。

依田:どこかで「今はお正月だよ」ということを入れなければならないので、日本語版の『ドラえもん』にないセリフだとしても、「It’s the New Year!」とかを話の流れで自然に付け加えるようにするんです。

アルト:ページの下に脚注で入れるやり方もありますが、脚注って基本的に読まれないので、できる限り避けたいですね。

●日本の忍者は無口だけど、海外の忍者はおしゃべり

アルト:キャラクターの性格についても、文化の違いが結構あるんですよ。例えば忍者って、日本人の中でのイメージでは、基本的に無口でしょう?

依田:そうそう。日本の忍者作品の中には、しゃべらないキャラクターが結構出てきますからね。

アルト:でも、アメリカではしゃべらないヒーローはまずいません。ハリウッド映画に出てくるような、ジョークを飛ばしたり、カッコいいフレーズを言ったりするのが向こうでの“忍者”なんですよ。

――“忍び”なのに忍ばないんですね……!

アルト:弊社は『NINJA GAIDEN』というゲームシリーズの翻訳もしたのですが、プロデューサーと相談して、この無口な忍者をアメリカ人に受け入れてもらえるにはどう表現すればいいのかを考えました。

依田:このときは、しゃべりはするけれど言葉は少なめで、難しい言葉を使うようにしたりして、無口感はそのままに、カッコよさのフレーバーを入れるようにしました。「……」をたくさん入れる無口表現は、日本マンガの独特なスタイルなので、海外では伝わらないことが多いです。

●呪文やモンスターはどう訳す? ドラクエやモンハンの意外な英訳

――ははあ、なるほど。ただ英訳するだけではダメで、キャラクターの魅力や作品の面白みの部分を生かすためには、かなりクリエイティブな作業が必要なんですね。

依田:まさにおっしゃる通りで、このまま訳すと海外で受け入れてもらえないけれど、そこが作品の面白いところ、っていうのはたくさんあります。“らしさ”を残しながら原作にはない言葉を考えなければならないので、かなり翻訳者のセンスが問われる部分ですね。

――モンスターや呪文の名前も、そのまま英訳はできない気がするのですが、どうしているのでしょう?

アルト:ドラクエでいえば、例えばホイミはそのままだとダメですが、スライムは「slime」という英語があるのでそのままで大丈夫です。

――ドラクエシリーズにはだじゃれっぽい呪文やモンスターも結構出てきますよね。アルトジャパンさんが関わられたドラクエ8だと、「ベロニャーゴ」(見た目が猫のモンスター)、「マホトラ」(敵のMPを取る)とか。「ニャーゴ」が猫の鳴き声を表すのは日本特有だと思うのですが、こういう場合はどう訳すのですか?

依田:基本的に、フレーバーを残して似たネーミングを考えます。ドラクエ8はチームで作業したので、全て私たちが考えたものではないですが、例えばこんな感じです。

・メラ:Frizz
・メラミ:Frizzle
・メラゾーマ:Kafrizzle

アルト:メラ、メラミ、メラゾーマは炎のオノマトペからきているので、英語でも火を連想させる「Frizz」を使って変化させました。自爆呪文のメガンテは、神風からとった「Kamikazee」になっています。

――神風! 海外版ではそんなカッコイイ呪文になっていたとは!

依田:呪文や町、キャラクターの名前などのゲーム内用語を総称して「グロッサリー」と呼ぶのですが、グロッサリーはチーム全員が集まってひとつづつ話し合って決めました。ドラクエ8はテキストが多くグロッサリーの量も膨大。休憩せずに一日中会議してました。数日かけましたね。みんなで「合宿」って呼んでいましたよ。

アルト:ちなみに、『モンスターハンター』シリーズに出てくるモンスターのネーミングにも関わったことがあります。例えば、「ランポス」はそのまま英語にすると、恐竜っぽくなくて違和感があるんですよ。だから、英語では「Velociprey」にしました。「ディアブロス」はこのままでもちゃんと恐竜っぽいので「Diablos」です。「アイルー」も日本語とは全然違って、英語では「Felyne」です。

――「アイルー」を「Felyne」にするとかは、お二人が名付けたんですよね?

アルト:最終的な判断はディレクターさんが行うので、われわれは案を出すだけですけどね。ラテン語辞典を参考に言葉を組み合わせていろいろな案を考えました。海外で恐竜の名前って、ラテン語が使われていることが多いんですよ。「ドスイーオス」や「ドスランポス」など「ドス」がつくモンスターは、語尾に「drome」をつけました。「ランポス」は「Velociprey」で、「ドスランポス」は「Velocidrome」です。

●英訳が難しい「アムロ、行きまーす!」や「~だってばよ」

アルト:キャラクター特有の決めゼリフなんかも、そのまま英訳できないことのほうが多いので、こちらでちょうどいいセリフを考えます。例えばガンダムのセリフで、「アムロ、行きまーす!」ってありますよね。直訳すると「Amuro, go」ですが、これだとあんまりしっくりきません。

 ガンダムのゲームを担当したときは、悩んだ結果、最終的にはクライアントさんから「This is Amuro, Let’s do it!」でいきましょう、と言われて。でも、これはアニメ用として海外向けにローカライズされた例といえます。

依田:「Let’s do it!」だと「さあ! 行こう!」という感じなんですよね。

アルト:アムロは本当は戦うことに抵抗がある人だから、「Let’s do it!」(さあ! 行こう!)だとちょっと元気すぎるんですよ。「Let’s do it!」は、本人が「イエーイ!」という気持ちで「行きます!」と思っているときの言葉ですから。でも、この心情を完璧に表す英語は存在しません。それに、アムロは主人公です。海外ユーザーの耳にも決めゼリフが残るようにそうローカライズされました。

――そういうの、両方の言葉が分かる人からすると、もどかしいですよね。

アルト:僕たちは関わっていない作品ですが、『NARUTO』の主人公(うずまきナルト)が使う「~だってばよ」をどう表現するかも難しかったみたいです。結局「~, believe it!」が使われていますが、これも日本語も英語も分かる人からすると少し違和感がありますね。

――そのあたりの違和感の落としどころって、どういう判断で決まることが多いのでしょうか?

アルト:最終的には、その作品に触れる海外の人たちにとって違和感がないものを優先しますね。その作品が“母国語で書かれたように”見せるのが目的なので、日本的なフレーバーを意識しすぎた結果、海外の消費者が受け入れがたくなったら本末転倒です。

●翻訳はリアルではなく、あくまでもリアル風

依田:結局、リアルを追求しすぎてしまうと、伝わらなくなってしまうんですよね。あくまでもリアル“風”じゃなければいけません。

 ドラクエ8なんかはその典型例でした。作品の世界観がヨーロッパっぽいので、イギリス英語にしよう、という話になったんです。でも、届けるユーザーはアメリカ人だから、完全にイギリス英語にすると通じなくなっちゃうんですよ。

――めちゃくちゃ素人質問でお恥ずかしいですが、アメリカ英語とイギリス英語って通じなくなるほど違うんですね。

アルト:全然違うんですよ。制作中によく、「すみませーん、英語なのに、分かりませーん」って言ってました(笑)。

依田:そもそも私たちがチームに入ったのは、アルトがアメリカ人だから、アルトが違和感なく理解できるバランスでの“イギリス風”のアメリカ英語を作りたい、という話だったんですよね。

アルト:映画なんかでも、アメリカ人に伝わるイギリス風英語を喋ってる作品はあります。

依田:本物じゃないけど、ちゃんと本物っぽくしなければならないのが難しいところです。また、ドラクエ8のヤンガスというキャラクターには、ロンドンの下町訛りの「コックニー英語」を使わせているのですが、これも完全にコックニーにしてしまうとさっぱり分からないので、多少フレーバーを入れ込む程度にしました。

●翻訳時に注意すべき宗教とセクシャル問題

――ドラクエ8のような大作って、翻訳にどれくらいかかるのでしょうか?

依田:翻訳自体は確か9カ月くらいで、準備期間含めたトータルだと1年はかかったと思います。最初の1カ月はまずゲームをしてくださいって言われました。日本語版のゲーム内のテキストを全て読むのが目的だから、死なないモードみたいな特別なデータをもらってプレイします。

――HPが0にならないようになっている、開発用のデータでしょうか?

依田:そうです。HPが0になっても死ななかったり、お金が最初から大量にあったり。

アルト:そういうモードでプレイしないとものすごく時間がかかってしまいますからね。各シーンでの、全ての分岐を見なければならないので。

――「はい」と答えると先に進めるところを、わざと「いいえ」と答えるとかですよね。

依田:そうそう。その過程で、配慮しなければならない部分があるかどうかもチェックします。例えば、ほとんどのドラクエシリーズでは、セーブや復活を教会ですることになっていますが、海外に向けて売り出すにあたってこれはそのままだとダメなんです。

アルト:ゲーム内でキリスト教だと明言されているわけではないですが、十字架のモチーフが使われていることから、そう捉えられてしまう可能性があるのです。ドラクエシリーズの制作者さんも、キリスト教にしたかったわけではなく、ヨーロッパ的な雰囲気を出したかっただけだと思うので、十字架を三つ又のフォークのようなデザイン(トライデント)に変えるなどしました。

依田:海外では宗教問題ってすごくセンシティブですし、クレームが来る可能性があるものはできる限り取り除きます。ほかには、人種差別やセクシャル関連の言葉も要注意です。特に、なぜか日本語をそのまま英語にするとセクシャルな変な言葉になってしまうことって多いんですよ。

 私たちが関わった作品ではありませんが、有名なのだとポケモンですね。「Pocket Monster」は性的な意味を含む隠語ですので、海外ではフルネームでは呼びません。また、そのまま「Pokemon」としてしまうと、新たに性的な意味を連想させる言葉が入ってしまうので、そう読ませないように「e」のところにアクセント符号をいれる工夫がされています。

アルト:1997年に発売された『THE HOUSE OF THE DEAD』というガンシューティングゲームに、「来ないで! 来ないで! 来ないで!」というシーンがあるんです。本来はこれを英語にすると「Stay away!」や「Go away!」が正しい。ですが、これがそのまま直訳されてしまっていて、「Don’t come!」になってるんですね。実は「come」はかなり性的な意味がある言葉なんですよ。当時訳した方にそんなつもりは全くなくて、知らずに直訳されているだけなんですけど。

――ゲームしているほうは、せっかく内容が面白くても気が散りますよね。

アルト:昔はそういうのばかりでしたよ。この作品、面白いのになんでこんなに英語が変なんだろう、とか、そもそも英訳されたものがあること自体が珍しかった。好きな作品の言葉が分からなかったり、英訳が変だったりする悔しさがエンジンになって、日本語も勉強しましたし、今の仕事にもつながっています。

依田:アルトの場合は、80年代ガンダムをちゃんと見たいという理由から日本語を勉強したんです。高校生のときはガンダムの用語ばかりが書かれた単語帳を持っていたくらい(笑)。

――ただ、お話を伺っていて、その作品や日本の文化そのものが好きじゃないと、日本的なフレーバーを残すなどのクリエイティブな翻訳ってできないように思いました。

アルト:そうですね。当時は英語版アニメがない時代で、プラモのパッケージやロマンアルバムなどを見ながら「あのモビルスーツは日本語でなんて言うんだろう!?」とずっともどかしい気持ちを抱えていて。早く日本の作品を楽しめるようになりたくてたまらなかったですからね(笑)。このときの経験があったからこそ、日本の作品の良さを生かしながら、アメリカ人も満足できる翻訳ができているのだと思います。

(了)

ねとらぼ


名無しさん
6時間前
すっごく面白かった
私が知っている話で、FF10でユウナがティーダに別れを告げる最後の一言の『ありがとう』を『Thankyou』ではなく『Iloveyou』と訳したそうです。
ゲーム知ってる人ならユウナが愛してるなんていうと違和感を覚えるし、ありがとうの中にいろんな意味が含まれるだけに泣けてくる名場面なのに・・・って思う人が多いと思いますが、Thankyouでは意味が伝わらないそうで。
そういう裏話を聞くと少し勉強にもなるし面白いです

名無しさん
1時間前
FF10はニコ動の実況動画(日本語)を見たのがきっかけで
英語版のを買ってみたんですけど、
あのシーンで『Iloveyou』って言ったときは、
「言ったーーーーーーーーーーー!!!」って思って
ぶわっと涙が溢れてきました。
とてもいい翻訳だったと思います。

名無しさん
42分前
「Iloveyou」=「(異性として)愛してる」とだけ訳すのは英語を知らない人だけ
親兄弟や友人同士でも親愛の情を示すのに使われるから、『Iloveyou』こそ英語圏の人にとっては日本人の『ありがとう』と同じいろんな意味が込められてくる
翻訳は母国語以外の言葉をいろんな人がどう捉えてるのか分かって面白いよね

名無しさん
40分前
多分、英語圏の人にとっては「Iloveyou」の方が、いろんな意味が含まれていて泣けてくるのではと思っています。

名無しさん
37分前
スターウォーズ・エピソード3の最後で
オビ・ワンがアナキンに「Iloveyou」と
言ってましたなあTT

名無しさん
36分前
直訳ってよく言うけど、異言語は意味としてカバーしてる範囲が違うんだよね。使う場面も違ったりする。
日本の英語は、そこを全く教えないから。試験で正解を書くための英語。

名無しさん
35分前
ダイの大冒険ではベギラゴンに「極大閃熱呪文」という漢字を当てていて、面白いなぁと思いながら読んでいた。
ちなみにDQ6のコミカライズ版だと、メガンテは「エンド・オブ・マジック」なんて描かれていました。

名無しさん
34分前
逆パターンで夏目漱石が「Iloveyou」を「月が綺麗ですね」と訳したって話は有名ですよね(真実かどうかはともかく)
それぐらい「Iloveyou」には色んな意味があるんだと思います。

名無しさん
32分前
映画、アニメ、音楽でも、言語の使い方が特有で、他の言葉に置き換えられないということは多々あるようですね。その裏を知るとなおさら面白くなる。
翻訳さんたちが非常に試行錯誤しながら作っていますが、すごくありがたいことだと思います。

名無しさん
32分前
アロハにすればよかったんだよ。
ありがとう、こんにちは、アイラブユー三種の神語や!!

名無しさん
32分前
ゼノブレイドのシュルクが「貴様ーっ!」と叫ぶところ、英語では「I’llkillyou!」になってた。まあ感情としてはそういう感情だったかもしれないけども。

名無しさん
29分前
これアルティマニアに載っている話だよね

名無しさん
29分前
表現方法が多様なのに、言外のニュアンスを察する言語だもんね・・・日本語って

名無しさん
27分前
マップの隅々まで探索しないと気が済まず、何度も敵に遭遇しながら探索した末に徒労だったとわかった時のやるせなさなー

名無しさん
26分前
関係ないけどあのエンディングは素晴らしかった

名無しさん
22分前
日本語が分からないアメリカ人がトンデモ日本語交じりのニンジャ作品を作って、それが却って味があって面白いというニンジャスレイヤーの例も…

名無しさん
9分前
メガンテだろ。

名無しさん
1分前
「love」は「人間の異性間の愛情」という意味しか知らない方も多いからね。なお私もその一人でした。

名無しさん
1分前
日本の古典の英訳とかはなんかショボいと以前聞いたけど
今はマシになってきたのかな

名無しさん
6時間前
勉強になりました。

名無しさん
6時間前
面白い記事だった
でも今の海外のゲームのテキスト量凄いのもあるよ

名無しさん
4時間前
むしろもう海外の方がもうどうでもいいとこまで作り込んでるよ。
ウィッチャーとかTES、FOシリーズなんかテキスト量莫大で、どうでもいい話がめっちゃ多い(褒め言葉)

名無しさん
18分前
>RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。
すごくわかるw 俺もそうする
街の人にも全部話す
ただFF14とかオンゲーは街が広いし人が多くて諦めた
「いいえ」もやり直せないからね

名無しさん
1分前
話しが枝分かれするゲームが作られるようになったからなー

名無しさん
6時間前
もっと色んな作品のエピソードを聞いてみたいと思う記事でした。それと同時に、アルトさんみたく日本のアニメやゲームを海外の人が楽しんでくれてると思うと少し嬉しい気持ちになった。

名無しさん
53分前
単なる英訳ではいけないんですね。これはよくわかります。私は日本のソフトウェアの仕様書を英訳して、アメリカで開発するという仕事にも携わっていたこともあるので直訳なんて通じないのが当たり前でした。かなり苦労しましたね。
それとポケモンの件はそうだったのかと納得です。米国出張中に向こうで見てましたがポケモンゲットだぜなどのセリフ、ポケモンの発音がすごく違和感を持って聞いていましたがちゃんと理由があったのですね。いろいろと楽しく読まさせていただきました。

名無しさん
13分前
某イスラム圏の話ですが、イスラムでは「進化」という概念自体が宗教で否定されているので、ポケモンの「進化」というシステム自体が使えない、という話になりました。
そこで、「進化」ではなく進化前のポケモンが進化後のポケモンを友達として「呼んだ」という扱いにして戦闘を交代したという事にして乗り切りました。
ここまでくると翻訳ってレベルではありませんでしたが、日本の常識なんて世界に出たら役にたたねーなー、と思い知りました。

名無しさん
2時間前
逆パターンで、ウィザードリィとかのアメリカ製RPGの日本語への翻訳が大変だったと聞いたことがある
日本版だけ見るとそれっぽいモンスターとか武器の名前でも、実はあっちのスラングとかネタだったりする。
カシナートの剣とかカシナートの名前は日米同じなんだけど、実はアメリカのハンドミキサーの名前から取られてる。
日本でのボルタック商店がボッタクリ商店、とあだ名されるネタもあながち的外れというわけでもない

名無しさん
33分前
そういえばティルトウェイトもカッコ良さげだけど、良く考えるとピンボールネタだったり。「奇襲攻撃!」が「驚かせた!」なのは、さすがにやるたびに残念な気持ちになった記憶が。

名無しさん
13分前
いしのなか

名無しさん
2時間前
いろんな人の努力で少しずつ良くなってるんやなあ。良い記事だった。

名無しさん
43分前
メガンテ、、、NoBossKikanai

名無しさん
42分前
ドラクエモンスターズは英語版のみでやってたので、プラスとマイナスというもんだと思ったら、日本語版でオスメスだった時に衝撃を受けた。
プラスマイナスの方がカッコいいのにと。
あとアリーナたちがロシア訛りだったりライアンがスコットランド訛り?だったりしてたが、かなり特色が出てて面白かった。

名無しさん
24分前
プラスマイナスとか岩橋でっか?

名無しさん
19分前
よしもとちゃうねん

名無しさん
15分前
プラスマイナスに性的な意味はないのだろうか?

関連記事

  1. 男性でAT限定はあり?なし?みんなの本音を聞いてみた
  2. 「これ、アカンやつや!」だらけ、衝撃の“中国遊園地”に潜入した日…
  3. 出川さんが「抱かれたくない男」首位陥落した理由を世間はこう見てい…
  4. 増殖する芸人コメンテーターの中で松本人志が最強の理由
  5. “宴会芸批判”にアキラ100%が語る裸芸「お盆で股間を隠すだけで…
  6. 松本人志、フジの対応に「なんじゃそりゃ」 発言カットめぐる反発に…
  7. 斉藤由貴が謝罪ファクス「男性に女優としても、女性としても、頼りす…
  8. 小泉孝太郎、気遣い上手な女性と交際 本人は直撃に認める

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生…

【高校野球】“大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!

初戦で自己新記録の154キロをマークした佐々木朗はせず 第100回全国高等学校野球選手権…

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は?

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。逮捕から23年だ…

スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか

● スタバとマックの背中を押した 想像以上にひどいプラスチック汚染 ダイヤモンド・オ…

トミー・ジョン手術を受けた球児の悔い 「痛み我慢せず早く言えば…」

 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱…

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴー…

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

静岡の29歳女性遺棄、40代の男逮捕 監禁容疑、名古屋の警察署に出頭

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP