スポーツ

侍ジャパン稲葉新監督「清宮に興味ある!」

2020年の東京五輪での金メダル獲得を目指す侍ジャパンの新監督として元日ハムの稲葉篤紀氏(44)が就任することが決まり、就任会見が31日、都内のホテルで行われた。

THE PAGE 7/31(月) 19:32配信
侍ジャパンの監督に就任した元日ハムの稲葉氏(右)と熊崎コミッショナー(日本野球協議会会長)

 日本野球協議会の侍ジャパン強化委員会が全快一致で決定したもの。井原強化委員長(NPB事務局長)によると、「求心力、短期決戦対応力、国際対応力、五輪対応力を条件に過去の7人の代表監督からヒアリングなども行い検討しました。稲葉氏は選手として五輪も経験。その豊富な国際経験を重要視した。2015年から侍ジャパンで指導者も経験して、短期決戦に向けてのチームの作り方、戦い方も熟知していて、小久保監督の野球を継続発展して金メダルを獲得できる人」との理由で稲葉氏に白羽の矢を立てた。

 稲葉氏は、2008年の北京五輪代表メンバーに選ばれ、予選から参加。2009年はWBCの優勝メンバーで、2013年も続けて代表に選ばれている。2015年からは小久保ジャパンに打撃コーチとして入閣した。
 監督経験はないが、その豊富な監督経験と44歳というフレッシュさが買われた。

 監督打診された稲葉氏は、即答はしなかったが、熟考した上で受諾したという。
「3年後の五輪は、56年ぶりとなる国をあげての記念すべき大会です。野球も復活。金メダルをとりたい。2008年の北京五輪に出てメダルをとれずに帰ってきて、その後、野球競技が五輪からなくなり、もう一度、リベンジしたい、気持ちがありました。このタイミングで、監督の重要な立場の中、もう一度、リベンジさせてもらう、金メダルを取る喜びをみんなで分かち合いたいとの思いで決めさせてもらった」

 日本野球協議会の熊崎会長(コミッショナー)は「悲願の金メダルを取ること」を稲葉ジャパンの使命としたが、稲葉氏は、東京五輪での金を狙うチームイメージと監督像についても、こう語った。

「野球スタイルをどうすればいいか考えている最中ですが、大事にしているのはチームの輪、結束力です。国を背負い、日本のために戦ってくれる強い結束力。アンダー世代、女子野球と、同じユニホームを着るトップチームの誇りを胸にしっかりと戦っていきたい。小久保監督が築き挙げたものを継承していいチームを作りたい。とにかく野球というスポーツで国民を元気にしたい。引退してまだ3年。選手目線がある。監督の立場だが、選手とコミュニケーションをしっかりと取りながら、良き兄貴的存在でチームを作れたらなと。僕は若いので、どんどん動き回りながら活発なチームを作っていきたい」
 

 また侍ジャパンを支える強化本部の新設も発表され、本部長として元バルセロナ五輪の監督で、住友金属や法大でも監督を務め、アマ野球界を代表する立場で山中正竹氏の就任が発表された。今後は、プロ側から副本部長を2人選び「監督がフィールドマネジメントに集中できるようにサポートしていきたい」という。
 
 侍ジャパンメンバーの人選についても稲葉新監督の意見を汲み取り、強化本部が編成していくが、稲葉氏は「おそらく五輪にはメジャーリーガーは呼べないだろうが、その時点でベストの若い選手からベテランまでバランスの取れたチームを作りたい。僕は、全力疾走でやってきた。最後まであきらめない、全力疾走をする、そういう熱いメンバーを集めていきたい」と言う。

 初陣は、11月16日から東京ドームで開催される「アジアプロ野球チャンピオンシップ」。中華台北代表、韓国代表と3チームで争う大会で、24歳以下(プロ入団3年目未満)の選手で結成される(オーバーエイジ枠は3人)。稲葉新監督は、「24歳以下のいい選手がたくさんいます。3年後に向けて、若い選手をいろいろ試してみたい。個人名は控えますが、すごく楽しみ。日の丸を背負って戦う強い気持ちを持ったメンバーをしっかりと人選、ヒアリングして選んでいきたい」という。
 3年後の東京五輪を見据えた、若い世代の国際大会だけに、注目は、進路が取りざたされている早実の清宮幸太郎を、この新生侍ジャパンに加えるか、どうか。

 稲葉氏は、慎重に言葉を選びながらも、その可能性を否定しなかった。

「非常に素晴らしい。僕の中で興味を持っている。108本(実際は107本)の通算本塁打を抜く選手は、今後いないのではないか。非常に体も大きくなり、パンチもあり、ホームランも打てる。左打者で、ホームランを打てる打者としては、柳田(ソフトバンク)がいるが、なかなかいないので、僕の中では興味がある。どこに進学するのか、わからないが、(侍ジャパンに選ばれるにはプロクラスの)スピードに慣れるのが大事。そこも含めて、いろんな可能性も含めて見守り続けたい選手」

 初陣は11月16日の韓国戦になるから、もうドラフトも終わり、清宮の進路が明らかになっている時期。東京五輪での出場の可能性も含めて、稲葉ジャパンが、どんなメンバーでスタートするのか注目だ。

THE PAGE

 

名無しさん 10分前
うーん。他に見たい選手がたくさんいるけどな。
 
名無しさん 7分前
そりゃあ誰だって興味はあるはず。けどそれと実際に使うかどうかは別問題。侍ジャパンに選ばれるだけの実力と実績をまずは示さないと。
 
名無しさん 7分前
やるからには応援します。清宮選手が、木製バットでも同じ実力を出せるところを証明できてから選ばれたらいいね。
 
名無しさん 7分前
<最後まであきらめない、全力疾走をする、そういう熱いメンバーを集めていきたい」
残念ながら、清宮は常に全力プレーをするプレーヤーではない。
 
名無しさん 3分前
「清宮に興味」これは稲葉監督渾身のだじゃれでしょう。
 
名無しさん 8分前
ないわけがないでしょうが
それがどーしたんよ?
 
名無しさん 13分前
実力で決めて下さい。
 
名無しさん 10分前
この記事をどう読めば「清宮に興味がある」になるの?
願望だけで書いた記事。
 
名無しさん 12分前
清宮くんに興味というのは、リップサービスで、即戦力とは一言も言ってない。
 
名無しさん 6分前
中田を入れるくらいなら清宮の方が打つかもしれんなぁ……。もちろん糞守備だからDHで(*´ω`*)
 
名無しさん 8分前
現役のプロ野球選手に失礼。
 
名無しさん 5分前
リップサービスだよ
 
名無しさん 10分前
守れない走れない清宮よりもっと有能な選手いるだろ
清宮に日の丸を背負わせるのはまだまだ早い
 
名無しさん たった今
なんかマイナスコメあるが、今すぐ使うわけないのに清宮ディスる必要あるの?
サッカーでも若いの入れてんじゃん。昔よりは国際試合の経験もしてるっしょ。
 

 

関連記事

  1. 本田にラス・パルマス移籍浮上! スペインメディア「前線の主軸の一…
  2. ビーチバレー選手たちの悲痛な叫び。隠蔽されかけた「不祥事」の顛末…
  3. 甲子園での勝利数を番付にすると。PLの休部で西の勢力図に一大変化…
  4. 巨人、屈辱の敗戦続きで生じる“焦り”。大博打「菅野多投プラン」で…
  5. 巨人・由伸監督が早くも辞意?…関係者内で噂される低迷の本当の理由…
  6. 高橋由伸監督「言葉の無策」際立つ 監督の資質欠落の指摘
  7. テニス全仏と全英で八百長疑い浮上 計4試合、不自然な金額の賭け …
  8. CL決勝途中出場で退場も、ユーベMFに擁護の声。「ラモスの演劇的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

スバルはどうして苦境から抜け出せないのか

 SUBARUに元気がない。5月11日に発表された2019年3月期の業績予想は、売上高は前期…

「休めない」部活の現状、生徒からは悲痛の声 問題改善へ国の指針、対応に温度差…現場は手探り

強制加入や長時間の練習など「ブラック化」が指摘される部活動。その適正化に向けて、スポーツ庁は…

海中にカジノ施設 ハウステンボスIR構想 世界初、ライバルと差別化

 長崎県がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致候補地として掲げる同県佐世保市で、テーマパ…

松坂“二刀流”の活躍!プロ20年目初マルチ安打&力投6回1失点

 ◇セ・リーグ 中日―阪神(2018年5月20日 ナゴヤD) 中日の松坂大輔投手(37)…

車両や線路内の妨害行為急増 JR東被害は4、5月で200件超

■乗務員室ドア損傷、発車ベル不明に… JR東日本管内で4月ごろから列車の乗務員室扉の内側…

「キレのあるYMCAを…」リハビリ担当者が明かす西城秀樹さん“過酷な闘い”

5月16日に死去した歌手の西城秀樹さん。1970年代から80年代、トップスターとして…

西城秀樹さん死去 “新御三家”郷ひろみが追悼「とても悲しい気持ちでいっぱい」

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西…

エンタメに生きる500系 速さ捨てた「最速」新幹線、エヴァ終え次はキティ

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観をテーマにしたJR西日本の山陽新幹線「500 …

過去にNFLでも。日大アメフット悪質タックル問題への処分はどうすべきか?

アメリカンフットボールの名門、日本大学「フェニックス」(以下日大)の代表クラスのディフェンス選手…

また大坂なおみレベルの才能あらわる。16歳の内島萌夏とは何者か?

 わずか2週間の短い期間に、内島萌夏(うちじま・もゆか)は奈良くるみが勝つ姿を見て、2度泣いた。…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP