社会・経済

子どもに「命令」できない親が急増中! それはただの責任放棄だ 世代間連鎖を防ぐ子育て論(4)

———-
子育てにまつわる情報は世にあふれている。情報がありすぎて、かえって親は不安になることも多い。そもそも万人にあてはまる子育ての「正解」はない。しかし、子供に対して「これだけはやってはいけない!」ということならある。長年のカウンセリング経験からわかった全親必読の真実。大好評連載、第4回(第1回はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51328)
———-

現代ビジネス 7/16(日) 11:01配信
写真:現代ビジネス

 子どもに対して命令形で話すのではなく、お願い口調で話すのが「いいパパ」「いいママ」であると勘違いしてはいないでしょうか。今回はそんな問題提起をしてみましょう。

 

記事の続きを読む

電車の中でみかける親たち

 今年も、多くの人たちが新幹線を利用するお盆休みが近づいてきました。新幹線のグリーン車では、子どもの騒ぐ声がうるさいと問題になったことがあります。

 飛行機での同じような事態を批判した人に対して、「子どもは騒ぐもので不可抗力」という反論もありました。

 公共の交通機関を使って長時間の移動をする際に、どうやって子どもを静かにさせるかを事前に考えている親もいれば、自分が眠ってしまって子どもは放置という親もいるのは事実です。

 親にしてみれば、子どもが騒ぐことには普段から慣れているので気にならないのかもしれませんが、乗客の中には、泣いたり叫んだり、ときには笑ったりする子どもの声が気になって眠れなかったりする人もいます。

 人によってはヘッドホーンを着けて外部の音を遮断するという方法をとっているのが見られます。

 では、電車の中で見かけた、子どもが騒いだときの親の対応を5つ挙げてみましょう。

 【タイプ1】子どもを放りっぱなしにして、自分はスマホをいじるのに余念がない。ときには「自分の子どもじゃありません」という顔をしている。降りる駅に着くと、「ほらほら」と子どもの手を乱暴に引いて急いで降りる。

 【タイプ2】「うるさい!」と怒鳴ったり、子どもの頭を叩いたりする。何度言ってもやめないときは、「わかんねーのかよ、バーカ、お前みたいなのをバカっていうんだぞ」と追い詰め、泣かせてしまう。車内はさらに泣き声でうるさくなる(ちなみにこれは母親です)。

 【タイプ3】「シーッ」と口の前に指を立てて子どもを黙らせようとする。ときには「シーッ」のほうがうるさかったりするのだが。いっこうに騒ぐのをやめないときも、しつこく「シーッ」を繰り返す。それでも効果がないと、あきらめたようにスマホをいじったり窓の外を見たりして知らんふりをする。

 【タイプ4】とりあえず「シーッ」と言った後で、「ねえ、お願いだから静かにしてて」「静かにしてください」という。それでも止まないと、ゆっくり「し・ず・か・に、してくだ~さい」と頼む。

 【タイプ5】まわりの人を眺めながら、「ほらほら、みんなに迷惑でしょ。まわりの人に叱られちゃうよ」という。

 以上の5タイプは、子どもにいうことをきかせるには、どれもがあまり望ましい例ではありません。

「シーッ」では子どもは静かにならない

 ・タイプ1(放りっぱなしの親)

 まさかと思われるかもしれませんが、この例は意外と多いものです。特に新幹線に乗ると、こんな親は珍しくありません。

 子どもを放置して、眠っていたり(眠ったふりをしていることも)、夫婦そろってゲームをしていたりします。そうなると車内はまるで幼稚園状態になってしまいます。

 自分たちにとっては当たり前の状態なので、やりたいようにやらせているのかもしれません。

 ときどき免罪符のように「シーッ」と口に指を当てたりしますが、本気でないことは子どもがよくわかっています。

 周囲のひとたちがだれも声を掛けないのは、下手に「ちょっとお子さん、静かにさせてくれませんか」とでも言おうものなら、逆ギレされかねないという恐怖があるからでしょう。

 ・タイプ2(怒鳴る親)

 この例は、何度もJRの通勤電車内で遭遇したものです。

 イライラした様子の母親は、じゃけんに子どもを扱い、大声で怒鳴ったりします。見かねた高齢女性が、泣きそうな子どもに笑顔で声掛けすると、母親はお礼を言うどころか「フン!」と横を向き、子どもを「覚えてろよ」といった目つきでにらみつけました。キレた様子をむき出しにしているのです。

 どんな事情があるにしろ、おおぜいの前で子どもを怒鳴りつけることはやめましょう。

 母親に怒鳴られて恐怖を感じるのはもちろんですが、子どもは他の乗客の目を意識していますので、多くの人たちの視線を受けて恥ずかしいと思うでしょう。

 子どもに恥をかかせることが、母親の罰のひとつなのかもしれません。子どもの年齢によっては、電車を降りてからどれほどの倍返しをされるかとオドオドしてしまうでしょう。

 それにしても、外側から見ると、まるで子どもどうしのけんかのようではないでしょうか。

 親のほうは、対等にかかわっていると思っているのでしょう。だから友人とのけんかと同じく、子どもに対しても真剣に腹を立ててしまうのです。この点も大きなポイントです。

 それにしても、電車の中でもあれほど感情がむき出しになる母親なのですから、自宅に戻ったときはいったいあの子はどうなってしまうのだろう。そう考えると、少しだけ胸が痛む気がしました。

 ・タイプ3(「シーッ」と言う親)

 これはそれほど珍しくありません。読者の中にも、電車やレストランで子どもが騒いだとき、シーッと指を唇に当てて黙らせようとした方はいらっしゃるでしょう。

 はっきりと言いましょう。大人ならまだしも、小さな子どもが「シーッ」と言われて静かになることはありません。百歩譲って3秒くらいは静かになるでしょうが。

 そのことを、じつは親もわかっているのではないでしょうか。

 いちおう静かにさせようとしたという既成事実をつくる、つまり静かにさせるポーズをとっているだけかもしれませんね。どこかで、静かにならなくてもかまわないと思っているのでしょう。

 根底には、タイプ1の親と同じく、どんなに子どもがうるさくしていても、子どもが勝手にやっているのであり、最終的に親である自分の責任じゃない、という考えがあるのではないでしょうか。

 もしくは周囲がそれを受け入れるべき、受け入れてくれるはずと思っているのでしょう。なぜなら子どもはうるさくするもの、親だってそれを止めることはできない、と。

 他人にとっては、子どもの声は、ときには騒音になると考えましょう。まして公共の場では、どんなに自分がかわいいと思っていても、騒音になりうるのです。

 体調の悪い人もいれば、疲れていて少しでも眠りたいという人もいるでしょう。特に新幹線では、高額な特急券を買って座っているのですから、騒音がひどければ料金を返してほしくなるかもしれません。

 飛行機の客室乗務員も、子どもの泣き声は他の乗客の迷惑になる、サービス向上のためにはそれを防ぐべきという前提でかかわります。

 公共とは社会そのものですから、私生活とのあいだには大きな境界が存在します。

 未成年の問題行動が保護者の責任であるように、公共の場で子どもが騒いだ場合、静かにさせるのは親の役割・責任なのです。

 それを親が止めることはできないと考えるのは、一種の責任放棄になるのではないでしょうか。

騒ぐ子どもを黙らせる方法

 乳児は別でしょうが、子どもは概して、つまらなくなると騒ぎ始めるものです。窓の外の景色に夢中になっているときはおとなしくしています。

 騒いだりするのは、面白く楽しいことがほかに何もないときです。狭い車内に閉じ込められ、同じ場所にずっと座らされていれば、つまらなくなっても当然でしょう。

 ご存じの方も多いでしょうが、たとえばヨーロッパでは乗り物の中で子どもが騒ぐことはほとんどありません。

 多くの親たちは、乗り物の中で過ごす2~3時間のあいだ、子どもが楽しめるものをあらかじめ用意して持っていきます。

 ロンドンからパリ行きのユーロスター車内で隣に座っていた2人(2歳と5歳くらい)の子連れの母親は、最初は2冊の絵本を読み聞かせ、次にパズルを出し、最後はクッキーを出して食べさせ、終点まで2人は騒ぐこともありませんでした。

 日本とは公共意識が異なると言ってしまえばそれまでですが、できれば出かけるときに、小さめの絵本を1冊持っていきましょう。

 ふだんあまり読んだことのない、新しい絵本がいいでしょう。そして騒ぎ始めたら、ページを開いて小声で読んであげましょう。

 小型で動かないおもちゃを与えるのも効果的です。指人形や布でつくったおもちゃなどは、子どもが座りながら手にするのに最適です。

 おもちゃや絵本を忘れたら、お菓子でもかまいません。あまりおなかに溜まらないもので、ビスケットなど粉の落ちる干菓子は避けたほうがいいでしょう。

 ふだん与えていない特別なお菓子のほうが効果的ですね。15分くらいなら、それで十分静かにしていてくれるでしょう。

 これまで出会った母親たちで、そのようなものを準備している人はほとんどいませんでした。中にはスマホを子どもに持たせて、それで静かにさせる親がいました。

 結果的には絵本などと同じ効果を生むのですが、絵本やおもちゃ、お菓子などはそれほど重かったりかさばったりしないのですから、子どもを連れて外出するときは、必ずバッグに入れるようにしましょう。

 電車に乗るときぐらい考えごとをしたい、疲れているからほっとしたいと感じても、そこは頑張るべきだと思います。

 子どもを放置してスマホを眺める、うるさいと怒るというのは、自宅でならまだしも、公共の交通機関においてはやめるべきでしょう。

 子どもは、つまらなかったり、退屈したり、興奮すると騒ぐものだということを繰り返しておきます。

子どもに命令することに怯える親

 さて、タイプ4とタイプ5の例は、かなり重要な問題をはらんでいます。

 ・タイプ4(「静かにして」と頼む親)

 この10年間、親たちの耳障りな言葉が増えました。「~してね」「して」と子どもに頼んでいるのです。

 先日もレンタルショップでDVDを借りようと並んでいたら、3歳くらいの男の子が、近くの棚に足を掛けて登ろうとしていました。私のうしろに立っていた父親らしき男性が声を掛けました。

 「やめて」「こっちに来てね」

 つい1週間前にも、地下鉄の中で父親のスマホをポケットから出そうとしている息子(4~5歳)に向かって、「や・め・て・、くだ~さい」と制止する場面に出会いました。それを聞いた私は、「ああ、またか」とがっくりきてしまったのです。

 こうやって、まるで頼んでいるような、「子どもにお願いをする親たち」の急増ぶりはどういうわけなのでしょうか。

 その父親は、なぜ「やめなさい」「こっちに来なさい」と言わないのでしょうか。あたりまえになっているので、自分たちがお願い口調であることに、父親も母親も気づいていないのかもしれません。

 保育園などでも、子どもたちを並ばせるときに「ならんでくだ~さい」と保育士さんが大声で叫んでいるので、驚いてしまいました。

 これらの「お願い」口調は、ほとんどといっていいほど「語尾上げ」とセットになっています。さきほどの例で太字にしたのが、上げている語尾の部分です。

 さすがに正しい日本語を話す女子アナたちは、テレビのバラエティ番組でもそのような語尾上げをしませんが、接客業をはじめとするさまざまな場面や、学校などでは語尾を上げることは当たり前に見られます。

 あのように語尾上げする発音は、なんのために行われているのでしょう。

 たぶん、一種の感情遮断をするためではないでしょうか。つまり一種のルーチン化をはかり、定型文のように発音することで、イライラや怒りを排除したり遮断したりしているのです。

 結果として語尾上げは、込める感情を希薄化させるだけでなく、機械的で形式だけのていねいさと、さらに責任主体のあいまいさを生むように思われます。

 多くの親たちは、怒鳴ったり怒ったりする代わりに、「○○してください」と語尾上げで「お願い」しているのでしょう。

 親が「お願い」する理由はいくつか考えられます。

 ひとつは、子どもに命令することが怖いのかもしれません。育児書などの影響で、虐待することに過剰に敏感になっていると、子どもに命令してはいけないと怯えてしまうのではないでしょうか。

 「命令」の反対が「お願い」だ、そう考える親たちは、「しなさい」「だめです」という代わりに、「○○してください」とお願いするのです。

 もうひとつは、はっきりと伝えた結果、子どもに拒否されたり、反発されることが怖いからではないでしょうか。だからやんわりとお願い口調で伝えるのかもしれません。

 このように、子どもに嫌われるかもしれないと怯える親たちは少なくありません。一部の虐待は、たとえば「離乳食を食べないことは子どもからの拒絶だ」とする親の思考回路から起きたりします。

 子どもに拒否されたことでパニックに陥り、激しく子どもに怒りをぶつける親は珍しくないのです。

 命令されたり拒絶されたりすることに敏感な親たちは、子どもに対して命令することに怯えます。これらに共通しているのは、親である自分と子どもを対等に考えている点です。

 子どもだって人間なんだから、対等に扱うべきだろう。無下に命令するのはまずいと思う。

 これは一見とても正しいことのように思えます。たしかに一種の「理念」として、これは正しいのです。

「お願い」口調は親の責任逃れである

 さて、その「理念」のどこが問題なのでしょう。

 対等という理念は、人権という視点からは何ら問題はありません。しかし現実の親子関係においては、親は子どもと対等ではありません。

 産んだこと、そして監護者=養育者という責任を負っています。言葉を操れるようになるまでに、どれほど親からのケアや保護・養育が必要かは言うまでもないでしょう。

 裏返せば、親のほうがはるかに力があり、どうやっても強い立場なのです。嫌われようと好かれようと、親であることから逃れることはできません。

 だからこそ、はっきりと命令形で伝えなければならないのです。「やめなさい」と。

 このような親たちは、もし子どもが万引きをしたときに次のように言うでしょうか。
「そんなことやめてください」
「もう二度としないでね」
と。

 「お願い」するふたつの理由から浮かび上がるのは、親の側の怯えです。虐待じゃないか、嫌われるんじゃないか、という怯えが、お願い口調を生んでいるのです。

 「命令なんかしてないよ、とりあえず頼んでるんだから、やるかやらないかは決めていいんだよ」と。

 これは一見、子どもの主体性を尊重しているようですが、じつは親が責任逃れをしているのです。

 「~しなさい」というとき、親は規則や行為を押し付けるのですから、当然押し付けた責任を背負うことになります。

 キリスト教圏では、神様という存在が命令を正当化します。神様が見ている、神様の許しを乞うのだ、という視点があるために、親は明確に子どもに「~すべき」と伝えて、「やめなさい」と断定して命令できるのです。神の存在が親の正しさを保障してくれるということです。

 いっぽう、日本では、親の命令は単に権力乱用であり、威張っているだけだ、つまり虐待だと考えられがちです。

 また、子どもに嫌われるのが怖いというのは、判断の主体を子どもに押し付けて、拒否した子どものせいにしていることになります。

 このように、親が責任をもって子どもに「○○してはいけません」「○○しなさい」と発言しないことから見えてくるのは、責任をとることに対する不安や怯えでしょう。

 もっとはっきり言えば、責任逃れの姿勢が「お願い」口調にあらわれていると思います。

 子どもの立場からすれば、親からお願いされたら、いったい、誰に向かって反発すればいいのか、わからなくなってしまうでしょう。

 明らかな命令に反抗したのであれば、子どもの反発は命令した人が引き受けなければなりませんが、「お願い」に反したとなれば、強制もしていない親に反発する子どもが悪いことになってしまうのです。

「お願い」では子どもと向き合えない

 ・タイプ5(ひとのせいにする親)

 タイプ5の例も、責任をとることに対する怯えとつながっています。

 周囲の人がいやがるからやめて、とは、何とも卑怯な言い方に思えます。「おまわりさんが来るよ」と脅す親は昔からいましたが、その場にいる周囲のひとたちのせいにするなんて、大きな迷惑以外の何物でもありません。

 神様が見てるから、と言えないので、「みんなが迷惑するから」という言い方になるのでしょう。

 これも、親の責任逃れです。育児だけではありません、あらゆる場面で現代は「引き受ける」ことを怖れるようになっている気がします。

 神や仏ではなく、日本には「世間」しかないといった学者がいましたが、こんな身近な言葉からもそれを感じとることができます。

 人のせいにしながら、子どもにいうことをきかせようとするのはやめましょう。

 親である自分が、正面からはっきりと伝えるのです。それが命令形になるのは、自分が命令しているからではなく、社会の一員として当然なことを親として伝えているからだ、と自信をもちましょう。

 はっきりと言うことが、親の責任を果たすことなのです。

 子どもが抵抗し反抗できる親であること、ちゃんと自分の責任で対峙してくれる親であること。それが親のもっとも大切な役割であり、親の責任を果たすということだと思います。

 人間として自立の条件とはと問われたら、責任をとること、引き受けることだと答えるでしょう。

 お願いばかりしている親に、子どもに対して「自立しなさい」という資格はないとさえ思います。

 もちろん、子どもの意見に耳を傾けることは必要です。しかし、子どもに迎合してしまうことは問題ではないでしょうか。

 子どもの意見に対して、親のほうははっきりと自分の意見を伝えなければなりません。ダメなものはダメと親が断定することは、子どもと親との立場の違い、境界の存在を明らかにするでしょう。

 「お願い」することは、子どもを対等に扱っているという錯覚を生みだすので厄介です。それは似非(えせ)対等でしかありません。

photo by iStock 繰り返しますが、子どもは親と対等ではありません。同じように人としての権利を持ってはいますが、子どもはまだまだ保護され、ケアされなければ生きていけないのです。

 力の圧倒的差を考えると、それを無視して、まるで友だちのように、じゃれあったりお願いしたりすることは、親が子どもと正面から向き合うことを怖れた責任逃れと表裏一体であることを、強調したいと思います。

 (つづく)

———-
*本連載のバックナンバーはこちら http://gendai.ismedia.jp/list/author/sayokonobuta
———-

信田 さよ子

 

現代ビジネス

名無しさん 4時間前
すくすく子育てという番組で、「電車で子供がぐずるからお菓子をあげてたら、電車に乗ると毎回お菓子をねだって泣くようになった」と相談がありました。確か2、3歳だった。
この記事ではお菓子を推奨してるけど、それこそ「お菓子をあげるから静かにしてください」っていうお願いと変わらないのでは?
むしろ電車で飲み食いOKと認識させかねないから、絵本やオモチャで気を引く方が良さそう。
 
名無しさん 2017/07/16 12:54
公立保育園の保育士です。
うちの市では、園児に「~なさい」という命令形は禁止されています。
名無しさん 2017/07/16 13:13
子ども車両とか、薬局にあるような四畳くらいのクッションスペース作ってくれたら。子どもも乗客なのに、それ用のスペースがないから。
名無しさん 2017/07/16 14:19
前は絵本が効いたからって今日も効くとは限らないのが辛いとこですよね。余計テンションあがっちゃうこともあるし。複数の手段を用意して、それでもどうにもならないこともある。
そうやってなるべく平和に穏便に済ませるために子供の機嫌とってるのに、それも「命令形じゃないからダメ」とか言われたらもう、勘弁してくれ〜って思います…
名無しさん 2017/07/16 15:46
おれは 他の子供を指して あのお兄ちゃんお姉ちゃんはちゃんとしてるね 偉いね 
で済んだ
あと カッコ悪 (好きなキャラクター)はそんな事するかな
だった
それで済んだ子供達を自慢に思う
名無しさん 56分前
うちの子も電車内は静かにする所って理解してたから騒いだことはない。
車内で騒ぐ子どもがいると、あのお兄ちゃんなんで騒いでるの?って不思議そうにしてる。
 
名無しさん 53分前
「お願い」は、責任逃れってより人権意識の向上では?
自分は父親が東と比べて保守的な西日本でもさらに保守的な九州の田舎だったから、とことん命令、押し付けされて育ち理不尽なことでも反論すれば殴られていた。
昔ならそういうもんだと納得したかも知れないけど、今の基準から言えば時代遅れも甚だしい。
だから、自分が親になった時は絶対に子供に命令なんてしない。
あと、キリスト教が云々と書いてあるけど欧米もピンからキリまである。
北欧みたいにほとんど宗教が生活と切り離されている国々では、親子の関係は常に対等になる。
 
名無しさん 42分前
今の子はかわいそうだと思う。
危険を徹底的に排除され、大人から注意されない。
こんなのが世に放たれる
いけないことをして私達姉弟叱ってくれた周りの大人に感謝です。
 
名無しさん 5時間前
で、どうすれば良いの?怒鳴るのもダメ、優しく諭すのもダメ、たたくのもダメ。なにも注意せずに放置はありえないけどやり方に正解なんてあると思えない。子供の性格なんかそれぞれで同じやり方がみんなにあてはまるわけじゃないんだから…
 
名無しさん 2017/07/16 12:49
子どもは退屈すると騒ぐので、絵本やお菓子などを用意しておきましょう、と記事には書いてある。
普段から、本に親しめるようにしておくと、楽です。
赤ちゃんの場合はどうしようもない時も多いけど、2~3歳になれば、絵本さえあれば、20分くらいならうちの子ども達は落ち着きました。
でも、長時間は無理なので、騒げる場所で休憩を取る、お昼寝に合わせる等工夫してました。
名無しさん 2017/07/16 13:10
絵本一冊でも興味なければ10秒もたない子も。
スライムのガチャとか、シールをガチャのケースに入れておく方がウチは持ちました。
名無しさん 3時間前
みんなに当てはまるわけではない。
そらごもっとも。
この記事は教育評論じゃなくて、書き手の愚痴です。
 
コメントの続きを読む
 
名無しさん 2時間前
この記事ではしつけ論を語っているつもりなのか?それとも公共の場で静かにさせるためのしのぎ方を語っているの?とっちらかってて結局なにを言いたいのか分からない。
怒られて泣く声がうるさいとか叱るなら家でやれとか、シーッという親の声のほうがうるさいとか…じゃあスマホで静かにしてれば良いのかと思ったらスマホじゃなくて絵本とお菓子?…それは単なるあなたの趣味でしょう。
まるで嫁がちょっとでも楽するのが許せない意地悪な姑みたいだわ。
 
名無しさん 52分前
「お願い」は、責任逃れってより人権意識の向上では?
自分は父親が東と比べて保守的な西日本でもさらに保守的な九州の田舎だったから、とことん命令、押し付けされて育ち理不尽なことでも反論すれば殴られていた。
昔ならそういうもんだと納得したかも知れないけど、今の基準から言えば時代遅れも甚だしい。
だから、自分が親になった時は絶対に子供に命令なんてしない。
あと、キリスト教が云々と書いてあるけど欧米もピンからキリまである。
北欧みたいにほとんど宗教が生活と切り離されている国々では、親子の関係は常に対等になる。
 
名無しさん 5時間前
長い。
 
名無しさん 3時間前
わたしと同じでこの記事を書いている人はまとめ力がない。
たぶん頭悪い。
 
名無しさん 3時間前
あれもダメこれもダメと、親を追い詰めて楽しんでるのかな?
「周りの人が迷惑するからやめろ」の何が悪いのか?実際、子供が騒ぐと周りの人は迷惑だぞ。それでも子供ってのは騒ぐもんだからお母さんはあやすのが大変だけど、それでいいんだと思う。仕方ないからだ。お菓子とか絵本、スマホも一つの選択肢だと思うが、子供はそれでも騒ぐ時は騒ぐ。
一つの選択肢が正しくて後は間違っているなんて傲慢だ。無関心にならずに子供と向き合うことに頑張っているお母さんをどんな形であれ俺は応援する。
 
名無しさん 2017/07/16 13:48
「周りの人が迷惑するからやめろ」は立派な理由だと思います。
賛成です。
名無しさん 2017/07/16 14:05
私も賛成。
しかし、他の人に怒られちゃうよ~
は、親のあんたが叱れよ。と思う。
名無しさん 2017/07/16 14:15
ゴロゴロさん、素敵です!
そう思う!?連打したい。
tedさんの立派な理由・・・もホンマそうですよね。
iceさんの他の人に・・・も連打したい!
そんな風に見守ってくれている方もいっぱいいてはると思うと本当に素敵な日本になりますよね(*^^*)
皆さん素敵です。
名無しさん 2時間前
ゴロゴロさんが記事を書いてくれたほうが大勢の母親の心が救われるのに〜!
と思いました。
優しいコメントありがとうございます。
 
名無しさん 2時間前
たまたま見かけた親子の瞬間からあれこれ妄想してダメ出ししてご満悦、、、
この記者はきっと子供を日常的に連れて歩いたことのない人物ではないでしょうかね?
 
名無しさん 1時間前
ゴロゴロさんにイイネ100回押したい!
ほんと、その通りです。
この記事が悪文なのはまあ、置いといて…
子供って良い意味でも悪い意味でも日々成長して、昨日は大人しくできたけど、今日は大騒ぎなんて、ザラ。
今日は早く起きたから早く眠くなっちゃったんだな~とか、絵本持ってきたけど子供は他に興味があって、重たい思いして持ってきたけど結局使わなかったな~とか。
毎日子供と向き合って、試行錯誤して、それでも騒いじゃって神経使って。
それでダメだしされたらどうしたらいいの?
あ、でも、言葉遣いの悪いタイプ2のママは聞いてて不快になるのは賛成。あれは、別問題な気がするけどね。
 
名無しさん 4時間前
なぜだめか?そうではない。
どうしたら良いか?を聞きたい。
この記事はタダの愚痴。
 
名無しさん 2時間前
本当にそう思います!
子連れに恨みでもあるの?ストレスたまってるの?って感じる記事。
 
名無しさん 2時間前
結局、なにしても気にくわない人なんだね。
 
名無しさん 1時間前
そもそも叱り方の事例が全部まともじゃないんだが。「うるさい!」と一喝したあとに子供を罵倒だの、「しー!」のあとにスマホで知らんぷりとか馬鹿親のダメな事例しか挙げてない。
 
名無しさん 4時間前
幼稚園とかで常に「こっちに集まりなさい!」とか言ってる先生がいたら嫌なんですけど。誰だって最初は優しく言うところから始まるでしょう。
「しーっ」はほんとに静かなるとは思ってなくても、「しーっ」って言われたら静かするという習慣付けですよね。
子育てに正解は1つではないのに、、、残念な考え方の人ですね。
 
名無しさん 3時間前
近所に、先生が、
集まりなさい!ではなくて、
「集まりましょう」「並びましょう」と
敢えて言っている園があります。
そういう事ではないでしょうか?
幼稚園であっても、先生と生徒という立場を理解してもらう、
先生と園児は、お友達ではないのだという事を、
小学校に上がる前から知ってもらう、
という事らしいですよ。
 
名無しさん 4時間前
いつもいつも完璧に、なんて無理なんだけれど・・・公共の場ではやはり最低限、親は子供に注意を払うべき
語弊があるだろうけれど、私の感覚では三歳頃までは愛犬の躾と大差ないです
親がその場しのぎ(臨機応変なら良いが)な対応をとっていると、赤ちゃんも子供も混乱するのです
子供も全部親の都合で引きずり回されているだけと思っていると、この先の見通しがたたないから、今退屈と思うと騒いでしまう
三歳半~四歳頃になると、『◯◯するために△△に乗って□□に行こうね』『電車が混んでいたら端っこに立っていようね、5個駅を通りすぎたら乗り換えだよ、そしたら次は◯色の電車に乗るからね』等と少し先の見通しが立つように話をしてあげると、子供も自分が主体で動いている感覚になるので、心が落ち着いて行動出来るのだと感じます
 
名無しさん 3時間前
確かに!
どこ行くか、次何するか、それらを教えてもらえないと子供なりに不安になるんだよな。
何かに集中してる時は子供は大人しい。
いい事聞いた。
 
名無しさん 1時間前
確かに先になにをするかを言い聞かせておくと格段に違います。
 
名無しさん 5時間前
これは子供が何歳程度の想定なんだろう。
年によっても正解に近い対応は違うよ。
例えば2〜3歳だと、あやそうとすると逆効果という場合が多い。
 
名無しさん 3時間前
うちは、お出かけの時にしか出さない、特別なオモチャをいつも鞄のなかに入れておいた。
普段使っているオモチャだとすぐ飽きるから、ちょっと目新しいものだと、そっちに集中してくれるんだよね。
電車内ではお菓子はあげたことないよ。食べ過ぎるとそのあとのご飯が食べられなくなるからね。
 
名無しさん 3時間前
何もわかってないないなぁ。残念です。
 
名無しさん 5時間前
子が未就園で3歳のとき、時間かかる、粉が出ない、子が好きということで、車内で静かにさせるおやつアイテムにコウナゴを持って行ったことがある。
臭いでご迷惑おかけしました。家じゃ気にならなかったがけっこうニオイするんですね。
 
名無しさん 2017/07/16 11:37
うちは新幹線に乗ったとき、臭いが気にならないと思い、ラムネとグミを持ってったら、ラムネは特にポロポロ落としまくって、拾うのが大変だったな~(^_^;)
名無しさん 5時間前
難しいですよね、結局ゲームになる。
 
名無しさん 4時間前
グミもラムネも甘いので最終候補でした…帰りの電車はコウナゴ出せずにラムネでした…。
ゲームもしますね、古いスマホにしこたま落としたし、DSも3歳から子専用本体とソフトがある。
 
名無しさん 3時間前
いやいや、周りは理解してたと思いますよ。
他の乗客だって、飲食してますからお互い様ですよ。
親は大変だなって…。
 
名無しさん 59分前
ほんと専門家か知らないけど、簡単に言ってくれますね。子供ってそんな簡単に言うことはきいてくれない。あくまでこれは理想だよ。確かに、電車でも親同士は喋りまくって子供は動物園状態になっているのには親を軽蔑するけど、だからと言って、お菓子ばっかり与えるのもどうかと思う。結局、何がいいかなんて結論が出る訳がないって事だと思う。
 
名無しさん 2時間前
「〜かもしれません」「〜なのではないでしょうか」「〜と考えられます」ばっかりだな。
 
名無しさん 4時間前
この著者の中では『子供は社会で育てる』という時代は終わった前提なのですかね??
責任放棄って子育てがどんなに大変で外に行くことでどんなに親子供とも気分転換になるか…
確かに叱らない親が気になるのもわかります。基本的に親が責任を持つのも重々承知しています。
だからといって『命令できない』=『責任放棄』はどういう了見なのかと?
子育てをどう理解してらっしゃる??
まぁ、一言でいうと..何様だお前と。
 
名無しさん 3時間前
いや、責任放棄でしょ。
叱るべきところで叱らない、命令すべきところで命令しないで甘い声でお願い口調なんて、ふざけてるのと同じですよ。
 
名無しさん 3時間前
だったら、他の人に子どもが叱られた時
お礼が言えますか?
当然と思えますか?
どんな叱り方されても文句いえないですよ?
子どもを社会に委ねるとういう事は、親個人の意見ではなく第三者の意見が尊重されるかたもあるんですよ?
それでも、納得出来ますか?
 
名無しさん 1時間前
親が自力で管理できない子供の面倒を赤の他人に委ねられてもね…。こっちだって見知らぬ他人の子供の責任なんて持てないよ。迷子に声かけただけで通報されかねないんだからさ。
それに命令なんて社会に出ればいくらでも上司にされるよ。親にすら命令されたことがない子供が、仕事で上司の命令を聞くとは思えないけど。
 
名無しさん 4時間前
拒絶されることに敏感で恐れてるってあるけど毎日ギリギリの精神状態で子供第一で頑張ってて、叱ったりエネルギーのいることもやって。
いつもお願い口調なわけじゃないでしょ。たまたま見たのがそうであっただけなのでは。お願い口調が効果的な場面もあるし、疲れきった精神状態だと、子供からさえも、拒絶は耐えられないんだよ。
 
名無しさん 3時間前
いや、だからって、それを他人に理解して欲しいというのは、無理でしょ。
この人が言ってるのは、親は、騒いでる子どもを静かにさせる義務があるということだと思う。
 
名無しさん 1時間前
記事の本筋に対するコメントではなかったです。厳しく言わないのは子の反応に怯えてるから、的な部分が引っ掛かったので。公的場所で周りに迷惑かけないよう躾る、面倒みる責任が親にある、は重々承知。
 
名無しさん 2時間前
子供の反応に怯えてるわけじゃないけどな。命令って高圧的だし子供を怖がらせて言いなりにさせてるみたいで好きではない。なにがダメなのかを伝えることが大事だと思う。
 
名無しさん 2時間前
涼しい部屋で、子供がいない静かに仕事できる場所で、何を訳分からないことを書いているのですか?
他人の言動をただ批判したり、理想を述べるのは楽でいいですね。
さぞ、貴女のお子様は貴女同様にご立派なんでしょうね。
 
名無しさん 14分前
よくぞ言ってくれました!
 
名無しさん 42分前
本文の内容は置いといて
子供に命令しない親は増えたと感じる
子供の意見を家庭の中心にする親が増えた
家では王様お姫様の子供
社会に出たら苦労すると思う
 
名無しさん 3時間前
子育てに関して主観でアレコレ言われても困る。
あの手この手の結果であって、常にお願いしてるわけでもないし、ただただ注意してるわけでもない。
ダメなものはダメ。電車では騒がない!と言っても暑いだけ、うまく眠れないだけで泣くんだから命令云々の話じゃない。
 
名無しさん 2時間前
押す気がないのに青ボタン押してしまった…ごめんなさい
 
名無しさん 1時間前
年齢設定のふり幅が大きくて読んでいても混乱する記事
小さな子は公共機関なんて分からないから親がどんだけ努力しようが泣くときは泣くし騒ぐ
それを命令口調で叱ると周囲から白い目で見られるのは確実だからやんわり叱るしかない
一方ある程度分別が付いた年齢の子供は、命令で叱っても構わないと思う
個人的に子だくさんの親御さんは自分が好きで何人も産んでおいて「うるさい!」「また喧嘩か!」って言ってる場面によく遭遇します
親が感情を爆発させても子供はなぜ怒鳴られるのか分かっておらず拗ねてる・・・
これはもはや躾でもなんでもない
筆者の言いたいことが分からないわけでもないが、もっと練った記事にしないと伝わらないと思う
 
名無しさん 14分前
1歳と4歳の子どもがいます。病院などでも使いますが、静かにしなさいじゃ伝わらなくて、これぐらいの声で話そうかというと真似してそうします。そりゃ小さい子がずっと静かにするのは無理があるので、1歳の子が少しうるさくなってきたら窓の外指差して「あれ見て!凄いねー」とか3歳の子には「今日帰ったら何をする?」などクイズをしたり、騒がずに静かに出来る方法を探します。やはりそれでも周りの目が気になります。もしそのコソコソ話も耳障りと言われたら言われたら無理です。。
 
名無しさん 2時間前
ヨーロッパではっていうけど、私の周りのお母さんたちは当たり前のように子供の気を紛らわすアイテム持って歩いてたけどな。
 
名無しさん 2時間前
ヨーロッパに限らず、日本のお母さんだって、みんな何かしらオモチャや絵本を持ち歩いてる人は多いですよね。
 
名無しさん 2時間前
それこそ魔法のカバンかと思うくらいなんでも出てくるw
 
名無しさん 46分前
お願いします。〜して下さいと言う言い方は子どもに命令出来ないからではありません。
1人の人間としてあなたを尊重していますよ。と言う意味で使っていると思います。命令口調は簡単に使えますが、子どもの人格を大切にする言葉は今すぐには効果は聞かないかもしれませんが、繰り返しすることで子どもにより浸透します。脅しでその場限りではなく、何度も言い聞かせ子ども自身が理解して行動出来るように促す育児も今すすめられていると思います。命令口調は聞いているほうも嫌な気持ちになります。
 
名無しさん 18分前
親が何をしても目くじら立てているようですが、ご自分が親の立場だったらさぞ完璧に子供を静かにさせられるんでしょうね。
この方は「シーッ」の声の方がうるさいと書いているくらいですから、絵本の読み聞かせなんかしたらその声に耐えられないのではないですか?
 
名無しさん 1時間前
タイプ5が一番無責任だと思う。
主体的に子供わ叱れないのは一番ダメ親だよ。
 
名無しさん 1時間前
憶測ですが、子供と触れあったことのない方が記事を書いているように思えました。。
他にもいろいろ思うとこありましたが、みなさんが代弁してくださってるので割愛します。
 
名無しさん 2時間前
ヨーロッパの電車で子供がぐずらないのは、周りの方々が温かく話しかけてくださって、子供に笑いかけてくださるからです。この筆者はそれを知らないんだな、と思いました。
 
名無しさん 4時間前
「子供であっても人格を持ったひとりの人間である」ということが第一歩にあることが大切。その上で、分別がつく年になれば(3才は3才なりに、5才は5才なりに)「きちんと言って聞かせて理解させる」ということが全て。
命令するわけでもないしお願いするわけでもない。良かったり悪かったりもダメ(混乱する) 親の感情で接することは最悪。親はどんなときも「毅然と向き合う(ぶれない)」ことがポイント。
そこさえ押さえておけば、後は親の性格や考えによっていろんな接し方があるということでいいのだ。
 
名無しさん 3時間前
つい先日いました、こういうお母さん。
デパートの駐車場で、
必死に下のお子さんをチャイルドシートに乗せようとしている、
その反対側のドアから、上のお子さん達が、
体をブラブラ、外に飛び出させて遊んでいました。
そのすぐ横の駐車スペースに、
おじいさんの運転する車が、
バックで駐車しようと、入ってきてたんです。
思わず、そのお子さん達に、
「あぶないよ~、ほら、車が入ってきてるよ~」と言いました。
そしたら、そのお母さん、
「ほら、危ないってよ!!!」
と、怖い顔と声で言うんです。
あまりの事に、驚いてしまいました。
下手に言うもんじゃないのかな…。
 
名無しさん 1時間前
現代ビジネスの読者むけなら、ビジネスマンがどう快適に過ごすかを記事にされた方がよろしいのでは?
読者にどれだけ、乳幼児の両親がいるの?
 
名無しさん 18分前
友だち作れなかったら、子にもそうなりますわ。
 
名無しさん 4時間前
一般的に公共の乗り物内で菓子を食べさせる事が正しい対応なのか。まさに子育て世代ですがこの行為の肯定には疑問を覚えます。
親御さんの中に目も当てらない方が見受けられるのも事実です。ですがそれ以前に、理路整然とモラルの欠如を世に普及させる情報発信の方が責任が大きいと思います。
それとも最初から新幹線や飛行機など飲食とそれに伴う清掃が金額に含まれた交通手段のみが対象の記事なのでしょうか。
 
名無しさん 1時間前
この筆者は子供を育てたことがあるのだろうかと疑問に思ってしまった。
 
名無しさん 5時間前
ダメなものはダメ。
注意するし、指導するけど命令はしない。
子育ては命令じゃないでしょ。
 
名無しさん 5時間前
周りの迷惑を考えると出先でくらいは必要とも思いますけどね。
いきなり命令ではなく、最終的に。
命令ぜず注意、指導で静かになるなら誰も文句は言わないと思う。
静かにならないのにいつまでも優しい注意とかで終わるから反感買うんだよね。
 
名無しさん 1時間前
まぁまぁ、皆さん(´・ω・`)
一つの意見として参考(程度に)させていただきましょう。
この記事が正しいか間違っているか、ではなく、飽くまでも一つの意見なんですから。
育児なんて、親も子も十人十色。
これで上手くいくひともいれば、いない人もいる。合ってないと思えば、スルーすればいいと思います。
ちなみに、私はスルー派です(*´ω`*)
うちは理由を説明してお願いすれば、理解して行動してくれますから。
子どもは対等です。
子どもの反抗は、子どもなりの意見提示です。理由も聞かず押し付けていては意見の言えない子になります。
これも、飽くまで『うちの子ども』の場合は、ですが。
 
名無しさん 38分前
子供が小さなときは
オモチャや絵本は持ち歩いてたよ。
この人の推奨することは
私の周りではみんなやってたけれど。
今のお母さんたちも
そうしてるけどな。
駅の本屋さんにも
電車で遊べるシール本や小さな絵本があるし。
そうした親子には
目がいかないのかな。
 
名無しさん 1時間前
昔、うちの子を叱ってほしい
って人がいて…ひいた。
 
名無しさん 1時間前
グズったり泣いたり騒いだりすることがみっともなく恥ずかしいと思うようにならないと無理。
 
名無しさん 1時間前
「じゃあどうすればいいの?!」っていう親。大丈夫?
それは子供によって違うんだから、あとは各家庭の努力と工夫じゃない?具体的に示したって「うちは〇〇だから無理なのよ!」って言うでしょ?
やっぱり日々の積み重ねなんだよね。乳児期からしっかり理由付けをして、やって良いこと悪いことを繰り返し話をしてない親が本当に多い。
ある時期からいきなり制限されたって「今までは良かったのになんで?」って普通思うわな。まあ保護者自身のモラルが異常に低いから、子供への教育のレベルが低いんだろうけど。
自分の子が世間で恥をかかないよう、しっかりとした常識をもって育ってほしい、なんて思っている親が今は珍しい世の中んだと思うよ。
常識的な子連れに会う確率なんて、オリンピック周期くらいだもん。
 
名無しさん 2時間前
この人は子育てをしたことがないんだろうな。
静観する・アザができるまで殴る蹴るはさすがにって思うけど、子育てに正解はないと思う。
 
名無しさん 3時間前
え?お菓子で黙らせるのは良くない躾だと聞いたんだけど。あれもだめ、これもだめ、って、なんか気分の悪くなる記事。よけい子供を電車とかに乗せづらくなる。
 
名無しさん 5時間前
お願い口調は子供が真似するからでは?
~してくださいっていう親の子はお友達にも~して下さいっていうし、~しなさいっていう親の子はお友達にも~しなさいって言う。
 
名無しさん 5時間前
常日頃から家でもしてたらそうなるだろうけど、公共の場、交通機関内での〜しなさいはそれほどの影響力はないと思います。
家ではやらなきゃいいだけです。
それ以外は周りの迷惑を考えても必要な事だと思います。
 
名無しさん 4時間前
意識しないでそういうお願い口調でしか子供と接することができない親が増えていることを筆者は憂いているのだと思いますよ。
教育方針でそうしているのではなく…。
 
名無しさん 1時間前
ここで文句を書いてる人は、すでにダメ親候補の方ですね。ここでは心構えを言っているのであって、方法を説明する記事ではありません。文章もきちんと読めないなんて、幼稚な大人の日本人が増えている証拠でもありますけど。親は本気で逃げずに子育てしてほしいと思います。大人は他の大人を躾たりしてくれませんよ。苦労するのは、社会のルールも守れなくなった子供たちです。
 
名無しさん 1時間前
人のことよく言えるよなー、自分の子はそんなこと一度もなかったのかなぁ
 
名無しさん 42分前
少子化になるわけだ(´・ω・`)
 
名無しさん 5時間前
命令したり、抑えつける事で生じるこどもの心の問題をどう対処するかまで言及しない筆者は無責任だと感じます。
煩いこどもは親に責任があると言いたいのでしょうか。。親とこどもの信頼関係が大切というハナシですかね。
脅したり、恐怖を与えても『静かにさせる』と言う目的は達成できるでしょうけど、また違う問題で公共に迷惑がかかるのではないでしょうか。
 
名無しさん 2時間前
公共の場では、静かにする。
これを達成して頂きたいです。
方法はそれぞれで構わないと思います。
 
名無しさん 1時間前
そう言うハナシであればごもっともだと思います。
何もアクションを起こさない親をみると『この親にしてこの子あり』と情けなくなるます。
 
名無しさん 58分前
15分も静かにしてくれる、魔法のおかし、どこで買えますか?電車で散らからない音の出ないお菓子与えても、一瞬で消費され、もっともっとって騒がしくなるんですけど。
 
名無しさん 45分前
電車で乳幼児を静かにさせる絶対的な方法なんてない。
絵本?お菓子?そんときたまたまうまくいっただけでしょ。
電車のるたび目新しいものを準備するの?
でも騒がせたら他の方に迷惑だとは思うので、移動は車一択です。
どうしても無理な場所はタクシー。
毎日でかけるわけじゃなし、何千円かで親子の精神的負担が軽くなるなら安いもんだ。
 
名無しさん 3時間前
このライターの親や子は、さぞーやご立派なんでせうなぁ。
 
名無しさん 1時間前
なにこの上から目線であれもこれもだめって中身のない上に親を追い詰める意見は。子供のタイプによっていい方法はちがうのに。思考錯誤でがんばってるのかもしれないのに、否定ばかりしないでほしいわ。
 
名無しさん 3時間前
読んで損した。
 
名無しさん 5時間前
電車の中とかファミレス、病院の待合室で子供に好き放題させて自分はスマホいじったり、連れの人とおしゃべりに夢中になってる親ってすごく多い。ちゃんと言い聞かせたり、静かに待たせてる親のほうが少ないと思う。
こんな親にはなりたくないなって、心のなかでは思っています。冷たい人と思われるだろうから言わないけれど、子供苦手だし、好きか嫌いかと言われれば嫌いに近い。
 
名無しさん 2017/07/16 11:47
それは親にならない自由も今の日本にはありますよ。
名無しさん 4時間前
そうですよね。
一生、親になることがなくても、自分らしく生きている人はたくさんいるし、子どもがいなくても幸せになれますよね。
 
名無しさん 1時間前
いいなあ。自分らしく生きて子供いなくても幸せならそれで良いんだね。 
今後はこのような考え方が主流になるのかと思うとますます少子化がすすみますね。
苦労して子育てする人達がいなくなります。
昔の日本人も頑張って子育てしてたから今の日本があるんじゃないでしょうか?
 
名無しさん 1時間前
もちろん、私と違う考えの人もたくさんいるし、子どもを産んで育てるというのは、すごく尊い仕事だと、両親や身の回りの大人たちを見ていて思います。でも、身近に、子どもがいなくても幸せに生きている大人もまた、たくさんいます。
なので私は、前出のコメントみたいな考え方をする人間です。
 
名無しさん 40分前
これはただただこの人の価値観を押し付けてるようにしか思えない。
 
名無しさん 1時間前
長い!
続かなくて良い!
 
名無しさん 2時間前
子供の性格見極め、気分をよみタイミングよく親が躾を。まず言葉で。『電車は食べたり飲んだりしないでも騒がずに我慢しようね。騒いだり動き回ったりすると他の人の迷惑だから。迷惑かける子は悪い子なんだよ。迷惑かけない良い子になろうね。色んな人が見てるからね。』出来たら家でご褒美。祖父母に『この前電車でお行儀よく出来たのよ』と英雄扱いして自分は偉かったんだと満足させる。出来なかったら叱る。3日は叱り続ける根気が親には必要。次に電車でお行儀よく出来なかったら家で叱る。今度はお尻を叩くか頬をつねる。これが出来なきゃ親じゃない。子に舐められては家庭教育は成り立たない。叩くこともつねることも、可哀想ではない。『叩かなきゃいけないお母さんの気持ち解る?』と親が泣きながら本気で叩くと通じる。この位真剣に育ててまともになる。
 
名無しさん 2時間前
うちは叩かなくてもまともに育ってます
 
名無しさん 2時間前
叩かなきゃ言うこときかない子供って…。
 
名無しさん 2時間前
子供によるよ。命令口調で却って反発する子もいるよ。そうなったら、パターン2で叩いたり、バーカとか言えば良いのかね?
 
名無しさん 1時間前
6ページまで読んだ自分スゴイ。でも最後に「つづく」だって。
ヤンママ軍団にシェイクスピア教えてるんじゃないんだから、もっと詰められるでしょ。
 
名無しさん 3時間前
長くて途中で流し読みしたけど『命令』って言い方がどうだろう?
親だから命令していいって事でもないし!
 
名無しさん 3時間前
電車の中でクッキー?
ちょっと違う気が。
 
名無しさん 5時間前
めんどくさい。
子供って一人ひとり性格も違うし、大人しくできる子もいればすぐに動き回る子もいる。
スマホいじりで放置は論外だが怒り方やアプローチ方法まで他人にとやかく言われていたら子育てしにくくて仕方がない。
 
名無しさん 5時間前
めんどくさい。
子供って一人ひとり性格も違うし、大人しくできる子もいればすぐに動き回る子もいる。
スマホいじりで放置は論外だが怒り方やアプローチ方法まで他人にとやかく言われていたら子育てしにくくて仕方がない。
 
名無しさん 5時間前
長すぎて途中から飛ばしたわ。
もちろん止めなさい!ていう事も多々あるけどそれを『命令』と言われる事に違和感。
 
名無しさん 3時間前
ただの愚痴?矛盾してるね。最後まで読んでも特なさそうな記事。子供いないの?連休暇して愚痴の記事しか書けないんだ、かわいそう
 
名無しさん 5時間前
まずは文章簡略化するところかな。
 
名無しさん 3時間前
・出かける前に「電車や飛行機でうるさくしない」と口をすっぱくして言う
・もし公共の場でうるさくしたら、可能であればその場からとんぼ帰り→帰ってからひっぱたく
・静かにできるようになるまでは、出かけるのには自家用車使用のみ
・事前に睡眠薬を飲ませる、猿轡をする
 
名無しさん 2時間前
睡眠薬って、ヤバイでしょ。子どもに処方してくれますかね。あなた子どもいないでしょ?
 
名無しさん 1時間前
~してくださいって、丁寧な命令形だった気がするけど。
面接のときに面接官が「お座りください」って言ったら、お願いじゃなくて命令だよね?
 
名無しさん 5時間前
お菓子で黙らせる事を正論にしない。物がないと静かに出来ない子になる。
目新しい絵本。指人形とか音がでなくて静かに楽しめるものは賛同できる。
親の〜しなさい!は、命令なのか?
怒ってます!あなたのしている事は間違ってます!の警告、怒りだと思います。
因みに保育士や幼稚園教諭が立場上、子供を命令する事はできません。
何でも英文から訳して起こすから、命令とかふざけた表現になるのかな?
私は躾は言い聞かせだと思います。日頃の積み重ねです。だから、日頃から言葉や大人が正しく態度を示してないと何をやってもムダ。
 
名無しさん 5時間前
うん、、、
長いなこの記事。

親が子供の躾を出来ない?
躾と体罰と虐待を
あやふやにしちゃってる
親にも世間にも
責任があると思うよ
言いたくない言葉だけど
時代のせいなんじゃねーの?

 
名無しさん 4時間前
子育て中の身ですが、子ども時代を思い出して、あえて子ども目線で言うと…
親からの命令口調、腹立ちます。
そんな言い方されたら素直に従おうなんて思いません。
命令されて当たり前なんて軍隊みたい。
もちろん、公共の場所では静かにさせるべき。でも、命令にこだわるのではなく、静かにしないといけない理由と、この場合こうするべきだよ、ということを伝えられれば、素直に子どもの心に届きます。
子が100人いれば子育ても100通り。
もちろん虐待するような毒親は論外です。
ですが、いろんなやり方にいちいち文句つけてたら自分らしい子育てなんてできません。窮屈で育児ノイローゼ⇨毒親になりますよ。
命令口調や激しい口調はエスカレートする傾向にあるから、感情的にならない言い方を心がけている親がどれだけ努力しているかご存知ですか?面命令口調かどうかを問題にする筆者は、物事の一面しか捉えていない。
 
名無しさん 1時間前
子育て中の親にもいろんな人がいる。
躾を放棄しているような人もいるけれど、いつも子供に真剣に向き合って、公共の場で周りに迷惑を掛けないよう細心の注意を払っている人もいる。こうやって、今時の親は一律に子育てに向き合っていないという認識を広めるような記事を書いて、毎日必死に子育てしている母親まで、そういう前提で見られて、ほんの一瞬気を抜いただけでそれ見たことか、きちんと育児をしていない母親だと周りから責められる。孤独な育児の中で、そういう周囲からの責めるような目線、監視されているかのような目線、そういうものが母親を追い詰め、虐待につながってしまう部分もあると思う。筆者はあまりに無責任で、あまりに冷たい。
 

 

 

関連記事

  1. ヤマトの「宅急便」が“崩壊”した本当の理由
  2. 渋谷、八王子は前年割れ…首都圏の「流行る駅」「流行らない駅」〈週…
  3. 日本の「無子高齢化」は、政府が非常事態宣言を出すべき深刻度 『未…
  4. 買ってはいけない100均の商品――テレビでは紹介されない裏側
  5. 朝ごはんに何を食べたかによって、その日の態度が変わる!?
  6. 渋谷駅前が「荒れた所」から観光地化した事情
  7. エンタメに生きる500系 速さ捨てた「最速」新幹線、エヴァ終え次…
  8. 【あなたの知らない「借金大国ニッポン」の現実】に対する世間の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

静岡の29歳女性遺棄、40代の男逮捕 監禁容疑、名古屋の警察署に出頭

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査…

西山茉希、事務所問題が収束 移籍後初イベントで明かす「全てがクリアになった」

モデルの西山茉希(32)が11日、都内で行われた『ファーウェイ・ジャパン』の新製品発表会に出席。…

スーパーに車、15人けが=群馬県渋川市行幸田

10日午後4時ごろ、群馬県渋川市のスーパーに乗用車が突っ込んだと通報があった。 県警によ…

社民・又市征治党首が緊急搬送 参院総務委員会出席中に「頭がクラクラ」

社民党の又市征治党首(73)が7日午後、参院総務委員会に出席中に体調不良を訴え、東京都内の病院に…

前田敦子&勝地涼 ギュッと手をつなぎ舞台観劇デート

 女優・前田敦子(26)と俳優・勝地涼(31)のラブラブデートをキャッチした。 …

清宮 2軍戦で3戦連発!イースタン単独トップの9号3ラン

 ◇イースタンリーグ 日本ハム5―6巨人(2018年6月2日 鎌ヶ谷) 日本ハムのドラフ…

学童保育、5年で30万人拡充へ=新プランで受け皿整備―加藤厚労相

 加藤勝信厚生労働相は1日の閣議後会見で、共働き家庭などの小学生を放課後に預かる放課後児童クラブ…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP