社会・経済

死を告げられても人の声は聞こえている、は本当か

 死を迎えるその時、人の「最後の記憶」は何になるのだろうか──当然だが、その答えは死ななければ知ることができない。だが、多角的に検証してみると、今際の際まで人の感覚として残っているのは「聴覚」なのだという。

NEWS ポストセブン 6/29(木) 7:00配信
天国に旅立つ人への声かけはムダではない?

 大人気ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に登場した台詞が話題になっている。6月14日放送回で、シナリオライターの主人公・菊村栄(石坂浩二・76)は、老人ホームの仲間である“大納言”こと岩倉正臣(山本圭・76)や“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス・78)と釣りに興じていた。なかなか釣果の上がらない3人は、近い将来訪れるであろう自分たちの「死の瞬間」について語り出す。

 そんな中、大納言が「知ってる?」と切り出した。

「人間が死ぬとき、聴覚だけは最後まで長く生きているらしいね」

 それを聞いた2人は、「え!」と驚きの声を上げた──。

 
記事の続きを読む

「死の瞬間も声だけは聞こえている」という話は、どうやらドラマの“創作”ではないらしい。

 ちなみに「聴覚 死」というキーワードでインターネット検索してみると、〈聴覚は最後まで残る感覚〉〈死後数分は聴覚が生きていて、聞こえていると聞いたのですが本当でしょうか〉〈死んだ直後も人間は人の話し声が聞こえる〉などの記述にヒットする。

 実は、そうした説を裏付けるような科学的な研究結果もある。2014年10月、英国・サウサンプトン大学の研究チームが学術誌『Resuscitation(蘇生)』電子版に以下のような内容の論文を発表した。

 同チームは英国、オーストリア、米国などで、心停止から蘇生した患者330人のうち、101人に対して聞き取り調査を実施した。すると39%の患者が、心臓が再始動する前にも意識を自覚していたとの結果が出たのだ。

 さらに患者の1人は、研究者らが3分間隔で鳴らしたブザー音を「2回聞いた」とも証言した。その調査結果からは、人は心停止の後も周囲の音を認識していることが推測できる。『臨終の七不思議』(三五館)の著者で、医学博士の志賀貢氏もこう話す。

「2007年に米ニュース雑誌『TIME』に掲載された、複数の米病院からの調査報告によれば、病気や事故で心停止が起こり、緊急治療によって蘇生した人の4~18%が『誰かが耳元で名前を呼んでいる声が聞こえた』と証言しています」

 なぜこのようなことが起こるのか。それを解き明かす研究データがある。

 今年3月、カナダ・ウェスタンオンタリオ大学の研究者が科学専門誌に発表した研究によれば、生命維持装置を取り除かれた4人の末期患者の心拍と脳波を測定したところ、そのうち1人は心臓と血流が停止した後も10分間にわたって脳波が観測された。緩和ケアに携わる東海大学健康科学部の渡辺俊之・教授が解説する。

「心臓が止まり、脳に血流が行かなくなった後も脳が活動を維持している場合があることを示す興味深い研究結果といえます」

◆遺族は会話にご用心

 臨終間際から亡くなる時まで、医師や看護師から「ご家族は声を掛け続けてあげてください」と促されることがある。実はこの言葉には重要な意味があるという。25年にわたり、約250人の患者を看取ってきた「日本看取り士会」の柴田久美子・会長の話。

「看取りの際の『声かけ』には患者の痛みや死への恐怖を和らげる効果があります。亡くなる直前に苦しげな表情を浮かべていた患者さんにご家族が『いままでありがとう』と話しかけると、穏やかな表情になり、そのまま亡くなっていったというケースも見たことがあります。声かけだけでなく、患者さんが好きだった曲を枕元で歌ってあげたりするのも有効です」

 ただし、患っていた病気によっては「声が聞こえなくなる」ことも推測される。

「脳梗塞で側頭葉近くの血管が破裂した場合などは死亡時は聴覚を失っていると考えられます」(志賀氏)

 もし多くの死者に家族の声が聞こえているとしたら、天国に旅立つ人への声かけは「安らかに送り出す」ための最高のはなむけといえるだろう。

※週刊ポスト2017年7月7日号

NEWS ポストセブン

名無しさん 1日前
母一人子一人だったので母が脳梗塞で倒れて脳死判定を受けたとき母の耳元で「独りにしないでよ死なないでよ」と泣きながら言い続けた。2カ月頑張ってくれて苦しそうな母の表情に、ついに「ごめんね、頑張ってくれてありがとう。もういいよ。大丈夫だよ。」と言ったその翌日に母は逝きました。
今でもちゃんと聞こえてたと思っています。
 
名無しさん 2017/06/29 18:36
泣いた
名無しさん 2017/06/29 18:38
お辛かったでしょうね。これからあなた様に沢山の幸せが訪れますように。
名無しさん 2017/06/29 18:42
ありがとう、もういいよと言ってあげたなんて、優しい人ですね。
さぞかし辛かったでしょう。
名無しさん 2017/06/29 18:48
お疲れ様です。
お母様にあなたの声は絶対に届いていたはず。
いつか空でお会いするときに、お母さんの知らないこれからのあなたの素敵なお話を聞かせてあげるためにも、日々楽しく生きていきましよう
名無しさん 2017/06/29 18:49
お母様も、あなたをひとりにさせまいと無意識の中でも必死で頑張っていたんですね
名無しさん 2017/06/29 19:15
新しい家族ができますように
名無しさん 2017/06/29 19:28
素敵な親子ですね。感動しました。
名無しさん 2017/06/29 19:31
はいはいワロスワロス
名無しさん 2017/06/29 19:32
お母さんも幸せだったと思いますよ
あなたのような子供で
名無しさん 2017/06/29 19:34
すごいオカンだ。
1人にさせたく無かったんだろうな、きっと。
そんなオカンの愛を受けて育ったんだから、いい人生になるよ。
名無しさん 2017/06/29 19:38
こんな話にワロスとか書くやつ神経うたがうわ。
 
コメントの続きを読む
名無しさん 2017/06/29 19:45
私の曽祖母も、耳は聞こえてたみたいで、動けなくても意思表示を指先の動きで察知できた。二択のうちどちらかの指が動くから。
名無しさん 2017/06/29 19:45
言ってあげられたコメ主さんほんとに凄い。
私なら、最後にそんな優しい言葉かけてあげられるだろうか?
言葉にならない、死なないでと言ってしまいそう。
お母さんきっと、ホッとして旅立たれたでしょう。
名無しさん 2017/06/29 20:46
お辛かったですね。
どうか、素敵な人生でありますように。
涙が止まらなくなりました。
名無しさん 2017/06/29 20:51
いい話だ
感動したよ
たぶん母上様は天からあなたのことを見守っているよ
名無しさん 2017/06/29 21:28
泣きそ…
名無しさん 2017/06/29 21:32
涙…
お母さんも安心して旅立ったのかな。
名無しさん 2017/06/29 22:02
泣けました。
自分がコメ主さんの立場ならそんなふうに言えるかな…
名無しさん 2017/06/29 22:06
ワロスとかコメントしてる奴は、可哀想だな。心持ちが変わればいいが、そのまま過ごせば最期の時に深い後悔しかねんぞ、あの世が有る無しかかわらず、精神的な平安を否定して穏やかな最期なんて無いからな。哀れだよ
名無しさん 2017/06/29 22:16
そんなカッコイイ最期が迎えられたらいいな、ワロス。宗教なんかにはすがらず、精神的なものも否定して、最後まで貫くのは中々凡人には難しいぞ。やってみるか?正気が保てるかな?70歳80最後越えてワロス言えるかな?見ものだな
名無しさん 2017/06/29 22:29
コメ主さん頑張ってくれよ
名無しさん 2017/06/29 22:42
コメ主さん、ごめんなさい荒らすような事して、私も同じような立場の者ですので、笑う人間に腹立ってしまいました。あなたは立派だ。いずれはあなたのように、母に伝えられればと思っています
名無しさん 2017/06/29 22:58
私個人の小さな体験に対して沢山の方が応援、コメントして下さり驚いています。
皆さんありがとうございます。
元気で頑張っています!本当にありがとうございます。
名無しさん 2017/06/29 23:01
ヤフコメで泣くとは思わなかった。
(T-T)
名無しさん 2017/06/29 23:07
(T^T)
名無しさん 2017/06/29 23:13
お母さんが生きてるうちに、感謝も、労いも、きちんと言葉で伝えたあなたは素敵な人です。
私も辛かったけど、父は亡くなっても身体の半分は父で出来ていると自分に言い聞かせています。
子供産んだら、二人目が亡き父に似てました。
子供の笑顔を見たら涙が出ました。
孫見せたかったです。
名無しさん 20時間前
コメ主さん、がんばってくださいね。きっと天国でお母さまが見守ってくださっていますよ。
 
名無しさん 20時間前
badを押す、ましてや否定的なバカにしたようなコメントを残す人の気が知れない。否定的な意見があるのはわかるけど、だったらどっちも押さないでほしい。医学的(可能性の中の一つの話かもしれないけど)にも聴覚が最後まで残るって言われているのに何も調べもしない、詳しく知ろうともしないでただ単にbadを押したいがためだけに押す人の気持ちが正直私にはわかりません。
 
名無しさん 19時間前
親子の愛に否定的なことを言いたいやつは哀れで可哀想なやつなんだよ。
親のありがたみがわかる人ならわからような事が、そいつにはわからないんだから。
そんなものはないと言い聞かせて生きてるんだよ。
でも、どこかに憧れを持ってるからこういうコメントに反応しちゃうんだよ。
あと、青ポチはページ送りしてる時に触れることもあるから、気にしないほうがいい。
 
名無しさん 1日前
興味深いですね。
私も大切な人を見とるときに、感謝の気持ちを伝えてあげたいと思うと同時に、自分自身も最期に人から感謝の言葉をかけてもらえるような人生を送りたいと感じました。
 
名無しさん 1日前
病室着いて機械音がなくなり
静まりかえった部屋でまだ温かく
寝るように横になってた姉貴も
読んでた声聞こえてたんかな。
名前よぶことしかできなかったことに
今だに後悔してる。
ありがととか姉貴として大切で
愛してると伝えればよかったと
今だに後悔してる。
小林麻央さんのニュースみるたびに
後悔て辛さがよみがえってくる。
 
名無しさん 2017/06/29 09:21
どんなにベストを尽くしたつもりでも、ああすれば良かった、もっと、こう出来たのに、など後悔する事は必ず出て来ますよね。
お側にいて差し上げただけで、十分お姉様は幸せだと思いますよ。
自分があちらの世界に行く立場になったら、逆に残された家族に伝えたいですよね。
十分だよ、ありがとうって。
名無しさん 2017/06/29 18:04
そのような優しい気持ちを持っているコメ主さんだから、きっと近くで名前を呼んでいただけで充分、愛してるってお姉さんに伝わっていたと思います。
名無しさん 2017/06/29 18:16
私も祖父が亡くなったとき、「おじいちゃん!」しか言えなかった。「おじいちゃんありがとう」と伝えたかったです。
名無しさん 2017/06/29 18:30
医療に従事していますが…
これは本当だと思います。
名無しさん 2017/06/29 18:42
姉貴看護師でした。
助けることに必死なってたのに
神はほんとうにいてるのか
と、悔しくなりました。
名無しさん 2017/06/29 18:52
その想いがお姉さんにちゃんと伝わっていると思います。後悔なさらずお姉さんの分も素敵な人生を送られますように。
名無しさん 2017/06/29 18:58
心温まる言葉
ありがとうございます。
名無しさん 1日前
その名前を呼ぶ声にあなたの気持ちの全てが入っていたと思います。そしてそれをお姉様は分かっていたはず。お姉様はとても幸せだったと思いますよ。
 
名無しさん 22時間前
主様失礼
中世のヨーロッパか何処かでギロチンの後に数秒反応を示したという逸話?が有りますが、記事読んでやはり人によっては有るんだろうなと、、
いや、あるか無いかの話だけですが
、、
 
名無しさん 22時間前
自分の中の後悔ってありますよね…
私にも弟が居ます。
赤ちゃんから見てるし面倒も見てきた。
大人になり頻繁には会えませんが
ずっと可愛いです。
tepさんの愛は、
亡くなる間際ではなく
この世で姉弟だった全ての時間を通して
伝っています!!
 
名無しさん 1日前
医師による父親の臨終宣言の直後、父の名前を呼んだら、ゼロに落ちていた脈拍がグンと上がり血圧も上がった。こんなことを何回か繰り返して次第に反応が弱くなり、父はあの世へ行った。
だから私はこの記事を支持します。
 
名無しさん 2017/06/29 18:53
そんなこともあるんだ。。。
すごく興味深いです。人生は最後の最後まで何が起こるかわかりませんね。
名無しさん 2017/06/29 19:09
貴重な体験談をありがとうございます。
いざとなったら、自分も感謝の気持ちを伝え続けてみようと思います。
名無しさん 22時間前
私が中学生の時に亡くなった父方の祖父も同じでした。おじいちゃん、おじいちゃんと呼んだら、心臓が止まった(微かに動いていたのかもしれませんが)のに2回も戻ってきてくれました。
3回目の時に、また弟たちと呼びかけていたら、父が「これだけがんばってくれたんだから、もうゆっくりさせてやろう。みんなに呼ばれたら心配で天国に行けないから、ありがとうって送ってやろう。」と言い、家族みんなで旅立つ祖父を見送りました。
祖父にはちゃんと聞こえていたのだと思います。
大切な人との別れは来てほしくないですが、その時が来てしまった時は、心から感謝を伝えようと思います。
 
名無しさん 22時間前
自分はあんなに強かった父が本当にこのまま亡くなってしまうのが信じられなくて何も言葉に出来ずただただ手を握り締めることしか出来なかったです。
この記事をもっと早く読んでいれば、お父さん育ててくれてありがとうって伝えたかったなぁ。
 
名無しさん 20時間前
私もです。末期癌で父をなくし病院に駆け付けた時にはベットで横たわって2時間くらいたっていました。泣いてばかりいて何も言えなかった。いつも反抗ばりしてたからありがとうって言いたかった。入院中も優しい言葉をかけてあげたかった。悔やまれてなりません。
 
名無しさん 1日前
もともと耳が遠かった母だったので臨終の場になった時、私がしてきた親不孝の謝罪と感謝を聞こえるように大声で言うと、すでに意識はないはずなのに母が瞼をぎゅっとしました。私にはそれが最期の母の返事だったと思っています。夜中になくなったのですが遺体になった母を家に連れて帰る時、夜空に流れ星を見ました。偶然でしょうが母は星になったんだと思いました。
 
名無しさん 2017/06/29 18:14
お母様、空からコメ主さんを見守ってくれてますね^^
なんだか心温まるお話で目頭が熱くなりました。
名無しさん 2017/06/29 18:17
不思議だけど有るよね。
名無しさん 1日前
涙でちゃった・・・
 
名無しさん 22時間前
この記事のコメ欄、泣ける話が一杯で…(T△T)
 
名無しさん 21時間前
高齢だしいつ逝ってもおかしくないと言われたので、病室で葬儀のことも考えないとと相談してたら、耳は聞こえますよと看護師さんに怒られたな。耳が遠かったのに、何故か内緒話だけはわかる母だった。泣ける話じゃなくてすみません。
 
名無しさん 1日前
20代の時に臨死体験をしました。注射によるショックでの心停止。床に顔から倒れベッドに寝かされ体には全く感覚無し。医師とナースが慌てて自分の名前を呼んでいる声はずっと聞こえるのですが暫くしたら部屋の天井付近から寝かされている自分、医師達をぼんやり眺めていました。聴覚が最後まで、と言うのは本当だと思う。
 
名無しさん 2017/06/29 18:47
わたしも一度死にました。しかし周りが話してたり目で様子は伺うことができました。
名無しさん 2017/06/29 18:50
身体に戻れてよかったわね。
私の友人も同じような体験をしたと
聞いたことがあります。
名無しさん 2017/06/29 21:19
すごい体験をしましたね。私も予期せずいきなり注射をされて、すぐに具合が悪くなったことがありました。
生き返って本当に良かったですね!
名無しさん 2017/06/29 21:27
スゴイ体験ですね。ご無事で何より!
名無しさん 2017/06/29 22:12
myaさんの場合、プラシーボによる意識低下。
kenさんは、アナフィラキシーショックでは?何れにせよこんなとこで聞いてないで、心配なら医者に聞きなよ。
名無しさん 21時間前
参考になれば幸いですが。今なら食物アレルギーと呼びますがつまり幼少期からタンパク質等へのアレルギーがあったのは確かです。大学を出て建設関係の仕事に就き、現場で3日徹夜になりふらふらで病院に行き、点滴ではなくいきなり静脈注射、栄養注射をされました。その液体が入り切らないうちに体が熱くなり卒倒した、というわけです。しかもその20年後ポリープ除去手術での麻酔注射でも(事前にアレルギー検査をしたのに)また失神、血圧急低下で手術停止になりました。息子も強度の食物アレルギーで食べる物がない程でしたが無事に成人してくれました。自分の感覚では注射液が大量に入って来る事に異常に反応してしまう気がしていますがその後は歯科での麻酔やワクチン注射くらいなら何ともありません。
 
名無しさん 21時間前
それと幽体離脱については今でも意識が戻るまでの天井からの眺めや下での喧騒、何とか意識が頭に戻れても身体の感覚が無い事へのパニック
耳が聞こえても瞼が開かない苛立ち、最後に身体じゅうに血流が戻った時の毛細血管にドッと一気に血が流れていった時に血管が痛かった事を全て覚えています。生まれた時に超未熟児で仮死状態だったそうで、3回心肺停止を経験したことになりますが、風邪もひかない老年?です。
 
名無しさん 20時間前
どういたしまして。要はその日の体調によりということだと思うのですがプロのアスリートでさえ自分の体調が今日1日何%なのかは起きてみないと判らないそうですから完全な管理は無理。実は私の父、義兄は医者です。父は90過ぎて引退はしてますが元気です。カニ、エビアレルギー(笑)彼等が宣うには人は1人として同じ人はいない。当たり前ですが1人に薬となるものが1人には毒になる。命の糧は神のみぞ知る。患者の病を治すのではなく治そうと思う雰囲気を患者に持って貰えてナンボだそうです。良い医師に巡り会えますよう祈念いたします。お元気で
 
名無しさん 1日前
父が亡くなる時に看護師さんに言われたなぁ…耳は聞こえてますからって。
ありがとうまた会おうねとしか言えなかった。
 
名無しさん 1日前
私は心肺停止にはなってませんが、出産時に大量出血により出血性ショックに陥り、意識不明の状態に8日間なりました。
意識が回復するまでの間に自分は長い夢を見て、その夢から覚めて頭の中では意識が戻り、自分の置かれた状況を天井から見えました。
耳からは周りの声がはっきりと聞こえてました。話してる内容も分かり、自分状況も何となく理解出来ました。それから完全に意識が戻った後に意識不明の中で自分が聞いていた会話が本当であることがわかった時は鳥肌が立ちました。
だから、死を告げられても人の声は聞こえてるは本当だと思います。
 
名無しさん 1日前
末期ガンの父が亡くなる時、意識のあるなしも分からぬ状態なのに、「がんばったね、辛かったね、もう楽にしていいんだよ」と言ったら、安心したのか首をカクッと落として亡くなった。聞こえてるんだと思う。
 
名無しさん 1日前
絶対に聞こえてると思う
最後に読んだ時に涙がスッーと、、
伝えたい言葉がいっぱいあったと思う
 
名無しさん 1日前
聞こえてるに決まってる。
 
名無しさん 1日前
父が亡くなる時に今までありがとうと言ったら
意識もなく呼吸も苦しそうなのに、涙をポロっと流しました。聞こえていたのかな。
 
名無しさん 1日前
意識不明の枕元で、遺産相続の話とかしてる人がいるって看護師の友達が言ってたけど、聞こえているなら、尚更最悪だね。。
 
名無しさん 1日前
相続の話とかしたらあかんで
 
名無しさん 1日前
父が意識不明になった時、祖母が耳元で一生懸命話しかけていたら意識は戻らなかったけど、一筋涙を流してた。
聴力が残ってたのかなって納得した。
 
名無しさん 1日前
私の父親(83才)は余命3ヶ月を宣告を受けて入院しています。その時が来たら、父親の最後に立ち会えたならたくさん話しかけてあげたい。
 
名無しさん 23時間前
最後の時とは言わずに今からたくさん話しかけてあげて下さい
 
名無しさん 22時間前
そうそう、いまから是非に。
いざって時には気が動転して思うようにいかないから。
 
名無しさん 21時間前
ありがとうございます!
今から楽しい話でもたくさんしてあげます!
 
名無しさん 1日前
前に何かで見た話なんだけど、交通事故を起こして意識不明で運ばれて運ばれてきた男の人が、なんとか持ち直したんだけど、嫁と母親がそばで言い争い始めた途端に容態が急変してすぐに亡くなったそうな。
急変したあとは何をしても反応がなくなり、医者はまるで、生きる意思が無くなったみたいだったと言っていた。
 
名無しさん 1日前
もうたくさんだと思ったんだろうね
 
名無しさん 1日前
心臓が止まる事が死ではないとすると、
死の定義とは、どうなるのだろう。
魂が体から抜けた時?
それはどう証明したらいいのだろう。
 
名無しさん 2017/06/29 18:49
瞳孔が開いた時でしょう
名無しさん 2017/06/29 20:41
う~ん。深いですねぇ
興味があります。
名無しさん 2017/06/29 21:07
心臓が止まっても、血流もピタッと止まるわけではないだろうし、わずかにでも脳は酸素を供給されているのではないかと思います。
なので、脳にすっかり酸素が行かなくなり、脳細胞が死滅するまでは、脳は機能しているのではないでしょうか。
だとすると、口がきけない、目はあけられない、でもしばらく耳が聞こえているのは説明がつく気がします。
名無しさん 2017/06/29 21:28
身体から魂が抜けると体重が21g軽くなるらしいよ。
名無しさん 2017/06/29 21:57
医師が死亡診断書を書いても生き返ることがあるくらいですから
(すぐ火葬せず通夜を行う理由の一つでもある)
なんとも言えませんよね
現に私の父の知人は葬儀中に生き返ったことがあります
名無しさん 2017/06/29 22:20
死の定義って、脳死じゃなかった?
医学に魂とかないし‥笑
名無しさん 2017/06/29 23:28
葬儀中に生き返ったお話、もう少し詳しく聞きたいです…
名無しさん 11時間前
約40年前のこと
長崎県諫早市に住んでた元校長先生が病気で死亡した
深見辺りにある蓮行寺の檀家さんだった
『死体』は土葬用の檜の棺桶入れられ
(時代劇とかに出てくる円柱形のやつ)
土葬するために担がれて運ばれていた
親族も後ろから付いて葬列を組み悲しみに暮れていた
その道中運び手がつまづいて棺を落とし
『死体』が放り出されてしまった
すると放り出された『死体』が蠢き出した
そしてムクリと起き上がると親族の方へゆっくりと歩き出した
それを見た葬列の参加者達は一目散に逃げ出した
悲しみに暮れていたはずの親族も例外ではなかった

「せっかく生き返ったというのに
誰も喜んで駆け寄ってくれる人はいなかった」
とその人は後で嘆いていた

 
名無しさん 7時間前
それは無いだろ
 
名無しさん 2時間前
>new
何が無いというんだ?
葬儀中に生き返ったり死体安置所で生き返ったりするという事例は世界中で数多く報告されているし
カナダの学者が墓を掘り返して調査してみると
5%の棺で
棺が引っかれていたり 叩いた後があったり
死体が頭を抱えていたりしていたりした
という調査結果もある
『死人』が生き返ることはフィクションじゃなく現実に起こり得ることだよ
 
名無しさん 1日前
自分が死に掛けの時に脳波計とかつけてもらって確認してもらいたいですねー。
結果を知れないのが残念だけど。
 
名無しさん 1日前
眠るように亡くなる人もいれば心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方もいる、病名によっては苦しんで亡くなる方もいるだろう。孤独死とか立ち会ったことありますが何にを思って何を言いたかったんだろうとかいろんなこと考えます。寂しかっただろうなとか怒って亡くなったんだろうとか、、、みんながみんな眠るように微笑んで後悔なく死を迎えることができたら良いんだけど。だから感謝の言葉は日頃から伝えるようにしてる。いつ誰に何があってもおかしくない時代だから。
 
名無しさん 22時間前
そうですよね。誰でも命は永遠ではないし。
日頃からありがとうは伝える様にしています。
 
名無しさん 21時間前
ヤバい。すごく耳の痛い記事とコメントだ。
両親に心から感謝してることは確かなんだけど、言葉ではなかなか伝えてないな。
「親子なんだしそこはまあ以心伝心で」ってのはやっぱ甘えかなぁ。
普段から感謝の言葉は伝えておくべきだよね。
両親にも、それ以外の人たちにも。
 
名無しさん 4時間前
ありがとうは言われても、言ってもちょっぴり幸せになれるよ(^^)
 
名無しさん 1日前
危篤状態の時に本当に声が聞こえるみたいです。もう今はいませんが、私の母が危篤になった時声をかけ続けていたらあの世から戻ってきてくれました。母が言うにはちゃんと誰々の声が聞こえたと、三途の川の所で閻魔様らしき人が貴方はまだ此方に来ては行けませんと言われたみたいです。同じくそこには青年がいたみたいで貴方は此方と言って三途の川を渡って行ったらしいです。本当にあるみたいですよ。
 
名無しさん 22時間前
本当ですか︎凄い…
 
名無しさん 21時間前
三途の川を見るのは日本人だけ。三途の川の話を知ってるのも日本人だけ。
問題はなぜ危篤状態になるとこれを見やすいのか、レム睡眠中に見る夢と何が違うのかさっぱりわからない。
すごく興味深い。
 
名無しさん 1日前
7年前に膵臓癌で一年半の闘病の末、亡くなった父。病室で母と父の思い出話をしていました。暫くして葬儀の手続きなどをしていた兄が病室に戻って来て、父の顔を見るなり「笑ってる」と…確かに、亡くなった時は少し苦しそうな顔だったのが穏やかな顔になり微笑んでいました。
当時は不思議で仕方ありませんでしたが、この記事を読んで納得です。
母との会話がちゃんと聞こえていたんですね。
 
名無しさん 1日前
看護師です。亡くなられる前に限らず、意識が無く反応できない状態の方の側で家族は色々な話をされます。
葬儀の話、遺産の話など「患者さんが聞いておられるので、話しかけてあげてください」と言います。家族はビックリされ「まさかぁ~」となり話を続けられたりも・・後に化けて出られても知らないゾッと思いながら部屋を出ますが聞こえてると思いますよ。
 
名無しさん 21時間前
まぁ、心停止しても脳に酸素は残ってるし5分後から脳細胞の破壊が始まるから10分は聞こえてても不思議じゃないよ。
でも聞こえてたところで、死んだらそれまで。化けてでるなんて医学的根拠0だし‥まぁ最後の10分どんな思いで死ぬのかってところか。
 
名無しさん 1日前
そうなのか…死んでもしばらく耳は聞こえている…この事よく覚えておく事にしよう。
親族が逝くときは少しでも気持ちよく送り出して上げる為に…。
その時が来たら気が動転して、ただただ泣いてしまいそうだが…(*_*;。
 
名無しさん 21時間前
最近は看護師や医者が遺族に言ってくれるよ。まぁ病院によってか。
 
名無しさん 23時間前
これは、多分本当だと思う。
父を2年前に見送ったとき、聞こえてるんだなぁ、と思った。
ミャンマーにいる私の兄弟が戻るまで、ひゅー、ひゅー、と息が苦しそうな意識のない父に声をかけ続けた。
呼吸の間隔が長くなると、大声で、もうちょっとや!頑張れ!、◯◯が帰ってくるぞ!って。
丸一日、家族交代で声をかけ続け、◯◯が帰ってきた。
間に合った!頑張ったなぁ。
30分くらい、◯◯も声をかけた。
丸一日、苦しそうな父を見ていた家族で、もう頑張らんでええよ、最後までほんまにがんばったなー、ありがとうな、、、
と大声での声がけをやめた。
帰ってすぐの◯◯は、戸惑っていたけど、ほんまに苦しそうやったから。
そしたら、すぐに、静かに、ゆっくり、呼吸が止まった
頑張って建てた小さな家の、夕陽が差し込む部屋で、母と、私たち兄弟4人に囲まれて。
たぶん、最後のありがとう、聞いてくれていたと、思います。
 
名無しさん 21時間前
祖父とのお別れを思い出します。うちもそうでした。頑張れ頑張れもう少しと声をかけると本当に頑張ってくれるんですよね…。
そんな中、ずっと病院に付き添っていた祖母だけは、お父さんもう頑張らなくていいよ、もう充分頑張ったもんね、お疲れ様。と声をかけていました。
毎日病室に泊まり手を繋いで、一番近くで祖父を見てきた祖母は最後まで愛を渡していました。また来世でも一緒になりたいそうです。
 
名無しさん 22時間前
母が事故で植物状態、父が脳卒中で倒れ病室は違うが運良く同じ病院に入れましたが暫くしたら父が亡くなり看護師さんにお願いして母をベッドごと父のベッド横に運んでもらい、最後に夫婦で手を繋いでお別れをさせてもらいました。
あの時は亡くなって10分ほどしてからですが聴覚だけでなく手の感触ももし最後に感じていてくれてたら嬉しいなぁと思い記事を読んでいました。
ただの自己満足の為に忙しい中わざわざベッドを運んでくれた看護師さん達には今でも本当に感謝の気持ちで一杯です。
おかげで少しだけ最後に親孝行出来たんじゃないかなと思っています。あの時は本当にありがとうございました。
 
名無しさん 20時間前
素敵なお子様ですね!さぞ、ご両親喜んでおられたでしょうね。なかなか出来ない事だし何よりご両親が喜んでおられるでしょうね。
 
名無しさん 1日前
昔からそう言われてますよね。
言い伝えられてるのは、何かしら根拠があるから。
だから、本当なんでしょうね。
 
名無しさん 1日前
例えば、テレビをつけっぱなしで寝てしまった時に、なんか音は聞こえていたりその内容に関連するような夢を見ていたりするのと同じような状態なんだろうか。
 
名無しさん 1日前
俺がじいちゃんにかけた言葉、聞いてくれてたのかな。
興味深い記事でした。
 
名無しさん 1日前
心臓が止まった瞬間体中の細胞が同時に死ぬわけでないので
順次死んでいくとしたら、耳に届いているかも…
数年前に病室に駆けつけた数秒前に死を宣告された父の耳に私の声は届いたとその時も、今も思っている。
 
名無しさん 23時間前
連絡もらって急いで駆けつけたけど間に合わなかった。少しでも温もりを感じたくて背中に手を入れたらまだ温かかった。温もりを忘れないように、お父ちゃんありがとうって耳元で言ったのは聞こえてたのかな
 
名無しさん 1日前
あの静まり返った音の全くない部屋。
自分は
お疲れ様。よく頑張ったね。ありがとう。
っていった
 
名無しさん 23時間前
これは納得。祖父が危篤で駆けつけ、既に静まり返った病室でおじいちゃん、おじいちゃんと何度か叫ぶように声を掛けると、消えいるような声だったけど、私の名前を呼び旅立ちました。
今だにその時のことを思い出すと泣けてくる。
 
名無しさん 1日前
嘘か本当かとかよりも、そうであって欲しいよね!
 
名無しさん 21時間前
自分はそうでないでほしい。まぁ医学的に聴覚が生きてても不思議じゃないんだけど、問題は聞こえてても理解できるかどうか。
死んでるのに、声聞こえてたら残酷じゃない?
 
名無しさん 22時間前
私の祖母もガンの末期で
口は開けっぱなし、目は半開き、
普段は話しかけても何も返事がなかったのに
亡くなる数時間前、血圧も下がってきて覚悟して
今までよく頑張ったね。辛かったね。
もう大丈夫だからね。と言って足を撫でると
小さく頷いて、微かな声で何か喋ってました。
何を言ってるのか全く聞き取れなかったんですが
最後の力を振り絞ってくれたんだなと思います。
必ず聞こえていると思います。
 
名無しさん 1日前
母親は癌で病院で半年がんばったけど全身に転移してしまい最期は生命維持装置をはずされ逝きました。癌は意識は死の直前までハッキリしている。ありがとうね。とハッキリ言った最期の言葉は今でも鮮明に覚えています。哭いたね。本人心臓が止まってもまだ聞こえていたんだ。死により今までの苦しみから開放されたんだね。自宅に戻って不思議に母親が半年ぶりの我が家に喜んでいる気配を感じました。
 
名無しさん 23時間前
母の最後をみとることができなかった
子供を生んで母親の有り難み大変さを
実感して親孝行しなきゃと決意した矢先の
母の死
せめて最後に感謝の言葉を伝えたかった
それが心残り…
 
名無しさん 22時間前
私も経験がありますが、まわりが慌ただしく何かガチャガチャ始めた音や救急隊員が呼び続けてる声などが聞こえたのを覚えてます。瞳孔が開くのか真っ白くなった後、真っ暗になったと記憶してます。その体験を活かして、周りには絶対聞こえてるから立ち会った時は最期まで話しかけてあげて欲しいと色々な人に伝えてます。
 
名無しさん 1日前
生まれて初めて、外界を知るのはやはり聴覚で、母親の心音だと聞いた事がある。
聴覚に始まり、聴覚に終わっていくのかな。
 
名無しさん 21時間前
ここでのいろんな方のコメント見たら、涙が出てきた。
日常で、他人が家族を看取った時の話って聞きにくいじゃないですか。
でも、みんなずっと覚えているし、こうやって書きながら思い出すこともあるんですよね。
私は若いときに父を亡くし、死に目に会えずでした。
ただ失踪してしまったかのように感じて、どう自分の中でお別れしていいのか何年も納得いかず。
でも、目の前で亡くなっていたら納得できたのか?乗り越えられるのか?
いろんな人のコメント見ていたら、いろいろ考えさせられました。
名前を呼んだ人、お別れの言葉言えた人、何も言えなかった人。
それぞれ辛い別れをして、私だけじゃないんだと思いました。
こうして思い出している事が一番の供養になるんじゃないかと思います。
 
名無しさん 22時間前
祖母が危篤になり、亡くなる前日、親戚、孫が集まり、もうすぐにでも止まりそうな脈の祖母を見守っていました。
しかし、祖母にとって初孫にあたる私の兄だけが出張で来るのが遅れており、夜、ようやく兄が病室に到着して祖母の横に腰かけた際、ずっと無反応だった祖母の脈が急に早くなりツムッタママノ目から涙が流れました。そして数時間後の明け方に亡くなりました。
 
名無しさん 23時間前
余命宣告を受けてなかったから、
父にきちんとお別れを言わなかった。
きっと父は自分がもうすぐ亡くなることは気づいていただろうけど。
亡くなる直前、
父の病室に着いた時、
お父さん、お父さんと呼びかけるしか出来なかった。
聴覚が残ってると知っていたなら、
大好きだよって伝えたかったな。
 
名無しさん 1日前
在宅での看取りの大切さが分かる記事だなぁ。
 
名無しさん 1日前
聞こえていると思う。っていうか、そうあって欲しい。
 
名無しさん 23時間前
誰か近しい人を看取る事ができたなら、その時の糧にさせてもらうよ
自分が亡くなった時、誰か声を掛けてくれるのか、不安にはなるがな
 
名無しさん 1日前
私の母が逝った時は、覚悟はしてたとはいえ、ただただショックで言葉が出なかった…
思いを言葉にすればよかったと後悔してます。
 
名無しさん 21時間前
この記事を読んで、『やっぱり、そうだったんだ。』と。
私の育ての親であった祖母が、脳梗塞で倒れ、意志の疎通も難しくなり、臨終の時を迎えた時の事です。
私は、嫁ぎ先から急いで病院へ向かいましたが、着いてまもなく、心音が停止し、“〇時〇分、ご臨終です。”と告げられました。
その時、子供の時の祖母の姿と懐かしい記憶が蘇り、『ばあちゃん!!!』と大声で叫んでしまいました。
その直後、祖母の心音計が動き出したのです。驚きましたが、私の声は、間違いなく祖母に届いたのだと思いました。
少しの間、波形を取り戻しましたが、まもなく停止。
『聞こえたよ』という、ばあちゃんからの知らせだったと思います。
 
名無しさん 1日前
昨年癌に伴う病で父を亡くしました。
病院から危篤の電話を受け、家族が駆け付けたけど誰も臨終には間に合わなかった。
でも先生や看護師さんから「亡くなっても暫くは聞こえてますから声かけてあげてください」と言われて、感謝の言葉とお疲れ様と声かけました。
聞こえてたらいいな。もっと親孝行したかった。
 
名無しさん 1日前
最後のお別れの時、今まで言えなかった事が素直に言える瞬間だと思ってる。せめてその言葉を聞いてて欲しいと思う。
 
名無しさん 1日前
私の同僚に、意識がない人やただ目を開けて動けないという状態のお年寄りとかのベットのそばで、なんの躊躇もなく、家族の悪口や憎まれ口を叩く人がいる。
私は彼らも耳は聞こえてるって信じているので、絶対に失礼のないようにしている。
信じられない。もうそんなのに嫌気がさして、私は看護の世界から離れました。
 
名無しさん 23時間前
ほぼ同じ理由で、病院で働くのはムリと思い、離れました。
今は在宅に関わる仕事をしています。
今の方が自分の思う関わりができていると感じるし向いてるなと思っています。
周りには、同じような理由で転職してきた人は多いですよ。
 

 

 

関連記事

  1. 「就活の趣味欄は盛りがデフォ」「和文化趣味はおばさんの“倉庫”」…
  2. ドトールコーヒーで「食べるべき/避けるべき」メニューは? 元店長…
  3. 朝ごはんに何を食べたかによって、その日の態度が変わる!?
  4. 北海道夕張市の「財政難」が日本各地で起こり始めている…人口減少が…
  5. 百田尚樹氏 「今こそ、韓国に謝ろう」の真意を語る
  6. 「飲酒」で命を落としかけた私が、今伝えたいこと(米)
  7. スマホでのろのろ歩きに、入口に立つけど絶対に降りないマン 電車や…
  8. 中国人が日本の医療にタダ乗り!高額のがん治療で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

遺留品バッグから犯人毛髪=黒色、バリカンの跡―世田谷一家殺害・警視庁

東京都世田谷区で2000年12月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で…

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生…

【高校野球】“大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!

初戦で自己新記録の154キロをマークした佐々木朗はせず 第100回全国高等学校野球選手権…

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は?

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。逮捕から23年だ…

スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか

● スタバとマックの背中を押した 想像以上にひどいプラスチック汚染 ダイヤモンド・オ…

トミー・ジョン手術を受けた球児の悔い 「痛み我慢せず早く言えば…」

 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱…

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴー…

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP