社会・経済

逸見政孝、シャープ元副社長… 日航機「123便」搭乗を回避した当事者たち

 昭和60年8月12日に発生した、日航機の御巣鷹山墜落事故。520人が犠牲となった一方で、間一髪で事故を免れた人々もいる。当事者たちが証言する当時の様子、そして“その後”の人生とは。

デイリー新潮 8/12(土) 8:00配信
墜落したJA8119(Harcmac60/Wikimedia Commons)

 ***

 急用でやむなく123便をキャンセルした結果、難を逃れた人もいる。

 シャープ元副社長の佐々木正もその1人である。今年100歳を迎えた彼が、当時の記憶をたぐり寄せる。

 
記事の続きを読む

 昭和60年、佐々木は副社長兼東京支社長の職にあった。12日は自宅のある大阪に帰るため当便を予約していた。

 ところが前日、佐々木に「明日、会えないか」と連絡をしてきた人物がいた。フィリップス社の東京支社長である。

「オランダ本社の社長が会いたがっているというんだ。フィリップスとは、(CDプレーヤーなどに不可欠な)半導体レーザーを共同で開発したり、液晶の生産拠点を設立しようとしたりして、関係が深かった。それで年末に、社長が来日して食事を共にするというのが恒例だったんだが、その年に限ってお盆のその日になってね。だから飛行機の予約を変更してもらったんです」

危機を2度も回避

 日航機事故のことを知ったのは、ホテルニューオータニのレストランで会食しているときだった。

 ちょうど同じ頃、大阪では悲鳴があがっていた。淨子(じょうこ)夫人は、夫が123便をキャンセルしたことを知らされておらず、いつものように、伊丹空港まで迎えに来ていたのである。そこにもたらされたのが事故の一報。

「家内は、かなり遅くまで待っていたようだ。いったんは私が亡くなったものとあきらめたらしいですがね。ところが東京に残って仕事をしていることを誰かが伝えてくれて、安心して帰宅したようです」

 淨子夫人は空港で待つ間、“あの日”を思い出していたかもしれない。実は佐々木は以前にも、航空機事故を奇跡的に逃れた経験を持っているからだ。

 それは昭和49年、佐々木がシャープの専務時代にさかのぼる。マレーシアに設立された生産会社の竣工式に出席した翌日のことだった。空港に行き、次の目的地であるクアラルンプール行きの飛行機を待っていると、前日竣工式で祝辞を述べてくれたマレーシアの農林大臣と出くわした。

「私の乗る便は途中クアラルンプールに寄る。早く着くから一緒に行かないか」

 と誘われた。心は動いたが、早く到着しても誰も迎えに来ていないと思い、佐々木は断った。その後、農林相を乗せた飛行機は墜落し、彼は命を落とした。

「生かされた命ですから、人の役に立つ製品をつくらなければと思って、これまでやってきました」

 電卓、真空管、半導体、液晶、太陽電池と、シャープ躍進の鍵を握る技術に、佐々木は関わってきた。

 そしていまは老化の原因である細胞の「酸化」を食い止める「還元」技術を勉強中。技術確立のために、「自分を実験台として使ってほしい」とまで熱く語る。

「『知恩報恩』という言葉が好きでね。これまで生かしてくれたご恩に報いたいと思っています」

イッツミーと123便

 フジテレビのアナウンサーだった逸見政孝は、その年、不惑を迎えていた。彼はあの日、妻と息子、娘の4人で、実家のある大阪へ飛行機で帰省するつもりだった。逸見が希望したのは、なぜか123便だった。

 だがその便を予約しようとすると、満席を告げられた。おそらくその後だろう、妻・晴恵が近所に住む実母に帰省の件を話すと、こんな懸念を口にした。

「4人で飛行機に乗って、もし事故でも起きたらどうするんだい」

 晴恵にとってその一言は重みがあったようだ。逸見の長男でタレントの太郎(当時小学6年生)によると、「祖母は霊感があるというか、不思議な存在だった」という。

 祖母は、世田谷区奥沢でよろず屋を営んでいた。店は十字路のすぐ脇にあったのだが、そこには太郎が知っているだけで3回、車が突っ込んでいる。

「そのたびに店はメチャクチャになるんです。でも、いつもは店番をしている祖母がそのときに限って、近所で世間話をしていて助かっている。そういう祖母の言葉だから、母も新幹線にしようと考えたのでしょう」

“123”

 父親は怖い人だったと太郎は言う。

「テレビの印象からは想像できないかもしれませんが、家では笑顔をほとんど見せず、頑固一徹。君臨するタイプなんです。自分が決めたことに不用意に口出しすると怒り出す。帰省の件でも、もし母が“お母さんが言っていたから”などと伝えていたら、“お前たちは新幹線で行け、お父さんは1人飛行機で帰る”と言いだしたことでしょう」

 事実、晴恵はこう説得している。

「4人だし、飛行機よりも新幹線のほうが安いから」

 それが功を奏し、一家は新幹線で帰省した。

 日航機墜落のことを知ったのは実家に着いてからだった。フジテレビでは露木茂アナが速報を伝えていた。

「自分が乗るかもしれなかったという驚きもあったでしょうね。よく覚えているのは、お盆休み中、父がずっとやきもきしていたことです。テレビや新聞を頻繁に見たりして、話しかけても上の空だったし。局から東京に戻れという指示はなかったのだと思いますが、やはり現場から伝えたかったんじゃないでしょうか」(太郎)

 逸見は3年後の昭和63年にフリーとなりお茶の間の人気者に。しかし平成5年1月、がん告知を受け、1年足らずでこの世を去る。

 太郎は取材の最後、興味深いことを明かした。

「父がフリーになって初めて買った車が、メタリックシルバーのベンツでした。それにつけたナンバーが“123”だった。“イッツミー”の語呂合わせ。大阪人特有の笑わせてナンボということだったんでしょうが、それにしても123便とは妙な符合ですよね」

 今となっては確かめようがないが、逸見があの日123便を希望したのも同じ理由だったのかもしれない。

(文中敬称略・年齢は本誌掲載当時のものです)

 ***

(3)へつづく

西所正道(にしどころ・まさみち)
昭和36年、奈良県生まれ。著書に『五輪の十字架』『「上海東亜同文書院」風雲録』『そのツラさは、病気です』、近著に『絵描き 中島潔 地獄絵一〇〇〇日』がある。

「週刊新潮」2015年8月25日号別冊「黄金の昭和」探訪 掲載

新潮社

 

デイリー新潮

 

名無しさん 1日前
JAL123便の搭乗を回避した有名人では明石家さんまさんが一番有名で、この事故以降、時間がかかっても東京ー大阪間の移動は新幹線以外は利用しなくなったそうです。
 
名無しさん 2017/08/12 08:57
でも後にJALのCMにさんま出てたよね
多額の金でも積まれたのかな
名無しさん 2017/08/12 09:03
さんまは東京の仕事が予定よりも早く終わったから
123便に乗るまで時間があったが大阪に早く行きたいので
123便をキャンセルした
名無しさん 2017/08/12 09:30
その日のヤンタン聴いてたわ
名無しさん 2017/08/12 12:53
>でも後にJALのCMにさんま出てたよね
 オーストラリアに別荘買った後じゃなかったっけ、JALのCMで始めたのって
名無しさん 2017/08/12 13:05
こういう記事を見るとより陰謀説を信じたくなるよな
名無しさん 2017/08/12 13:28
大阪やったら
新幹線の方が
はやいがな
名無しさん 2017/08/12 13:33
本人はそのことに相当トラウマがあるようで、あれほど自身の身の回りの事を散々ネタにするにも関わらず、この件に関しては一切口にはしないのだとか。
多分、この取材もNGにされたのかもね。
名無しさん 2017/08/12 14:01
本人も辛いと思うよ。
名無しさん 2017/08/12 14:46
これを機に座右の銘を「生きてるだけで丸儲け」にしたのか。
そうとは知らず、IMARUの名前の由来がこれと聞いた時「娘の名前としてはふざけてる」と思ったのだが、こうした経緯を聞くと重みを感じる。
あと、稲川淳二さんも、そうらしい。
当日、物凄く体調が悪くなり、大阪入りを翌日に延期したそうだ。
名無しさん 2017/08/12 16:47
運良くいつもの123便の1つ前に乗ったんだよね。収録が早く済んだから。
それがなかったらIMALUはこの世に存在しなかったんだな。彼女がテレビに映る度にこの事故を思い出す。
名無しさん 2017/08/12 16:51
奇跡的に助かった女の子は看護師になって尊い生命を救っておられます
名無しさん 2017/08/12 18:28
「もし、さんまが123便に乗っていたら」とか言っている人がいますが、その仮定は無意味です。
さんまが123便に乗らなかったのは事実であり、123便が墜落したのも事実です。どちらも事実だから、一方だけを仮定にするのは無意味です。
「もし、さんまが123便に乗っていたら」という仮定が成り立つのなら、「もし、123便が墜落しなかったら」という仮定も成り立ちます。
名無しさん 2017/08/12 18:48
いや、いくらのぞみではなくひかりだったとしても東京と羽田  伊丹と新大阪
新幹線の待ち時間と飛行機の待ち時間、便数を考慮すれば、
ドアツードアなら多くの場合は新幹線のほうが効率的。
名無しさん 2017/08/12 18:48
後にたけしとの対談でこの件について、「キン○マが小さい」とツッコまれてましたね。
名無しさん 2017/08/12 19:44
さんまさんってトラウマだらけよね。
親からネグレクト受けて存在しない人間として扱われて育ったせいで24時間ベラベラとしゃべり続ける人間に成長。
でもそんな家族の中で唯一「お兄ちゃん大好き」って言ってくれて心の支えになってた弟が若くして火事で焼死。
親は弟が可愛かろうと良かれと思って稼業を弟に譲ったのに、マスコミが憶測で「サンマの弟は稼業が重荷で自殺した」と報道したせいで、精神的に病んで笑えなくなってサンマさん引退の危機。
その直後、飛行機をキャンセルしたら墜落して自分の代わりに載った人が死亡。トラウマで飛行機恐怖症になる。
苦労人よね。
それをおくびにも出さず隠して頑張ってるから応援したくなるわ。
名無しさん 2017/08/12 20:28
>この件に関しては一切口にはしないのだとか。
G1グルーパーというラジオで話してたよ。他でも多分喋っている。
名無しさん 2017/08/12 21:55
ぶんぶん大放送でも出してる。話。
名無しさん 2017/08/12 21:57
>飛行機をキャンセルしたら墜落して自分の代わりに載った人が死亡。
 ひょうきんの撮りが早く終わったから、その日の最終に乗ることができて、大阪に帰った。
名無しさん 2017/08/12 21:58
名無しさん 2017/08/13 01:30
だがあまり新幹線に執着してると
東海・東南海地震で新幹線やられてエライ事になりかねんぞ?
今は数々の安全装置が実績上げて災害死者ゼロだとはいえ次もそうとは限らないんだからな
名無しさん 2017/08/13 05:26
123便に乗っていなかったのに殺された人たち
NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。現地に救助に向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。続報が入り次第お伝えします」
その後、百人以上の自衛隊員が殺されたのに、戒厳令が引かれて続報は一切なかった。皮膚から毒ガスを吸ったような症状が出ていたという。
名無しさん 2017/08/13 05:30
墜落後の火災、なぜか人間だけを焼き殺し、ほんの1、2メートルそばにある植物は全く焼けた跡さえ残っていない奇跡が何十か所で起こることですかね。
ジェット燃料は高くて1400℃に到達するというが、それは灯油の1100℃とたいして変らない。実体はほとんど灯油と同じと考えてよい。写真の子供は頭部の輪郭が崩れる程激しく燃えており、ジェット燃料(灯油)が原因ならば、まとまった燃料が本人にかかり燃えた、あるいは近くで激しく燃えていたことになる。しかし、子供の遺体に寄り添うように生えた木立にはほとんど焦げ跡がない。しかも雑誌の文面には「紙幣や書類が周囲に散乱していた」と記載されている。
ジェット燃料はこの子だけをめがけ飛び散り、この子だけを燃やして火は収まったというのだろうか?この不自然な状況を説明する理由を私はこう考える、「この子はごく間近から火炎放射器で焼かれたのだ」と。
名無しさん 2017/08/13 05:38
JAL123便が羽田空港を離陸したのは、午後6時12分のことです。そのまま順調に飛行を続け、水平飛行に移行した午後6時18分過ぎ、右側に富士山と江ノ島が見えます。高度は、約3500メートル。富士山と眼下の相模湾が一望できる風光明媚な場所で、この場所を飛行するパイロットたちがホッと息をつく瞬間だそうです。
 そのとき、右前方から奇怪な飛行物体が飛行機に近づいてきたのです。あり得ないことであるだけに、操縦クルーに緊張がはしります。「危ない!衝突する!」

123便は何らかの物体に衝突したという報道はほとんどなされていません。衝突があったという部分だけ、なぜかテープレコーダーからきれいに抹殺されているのです。

名無しさん 2017/08/13 05:43
8月13日04:00頃 墜落翌日まだ夜も明けぬ早朝、白バイを振り切って、長野県からオフロードバイクと徒歩で駆けつけた若者達2人。生存者の呻き声が谷にこだまし、響き渡っているのをはっきりと聴いた。およそ50人と推測。指が欠損しただけの、比較的軽症の人も。この人は助かる、と確信。既に到着していた100名くらいの自衛隊員。片手に抜き身の大型アーミーナイフ、目には暗視ゴーグル、また、靴は急峻な山での作業に適した短靴。1時間後、次の部隊が続々と到着。後から来た部隊は山で歩きにくいブーツ着用。
しかし、彼等は一向に生存者の手当をしようとはしない。大きな袋に何かを集めて入れる作業を黙々と続け、上空でヘリコプターがホバリングしながら集めた袋を回収するのみ。何故だ!?何故この部隊は救助をしない!?目の前で多くの人々が手当を待っているというのに!
名無しさん 2017/08/13 05:52
もしかしたら、JAL123便事件は、国家的な事件かもしれない。自衛隊の救助活動1つすら、あり得ない事柄が多く重なっているから。
名無しさん 2017/08/13 06:20
123便の事故で生存者は7人でした。7人は実際に病院に運ばれて命を取り留めたことは確認されています。
しかし、7人の生存者はなぜか誤報とされ、4人の生存者となってしまいました。
名無しさん 2017/08/13 06:28
自衛隊が殺され、または生存可能性のあった者と自衛隊員を殺したことなんて、信じたくないですけどね。
自分の友人のおじいさんが123便で、不審な死を遂げているので、いろいろ思うところありますよ。まさか、墜落による死ではなくて、殺害による死だったとはね。
名無しさん 2017/08/13 06:46
墜落の衝撃で亡くなったのか、墜落による火災で亡くなったのか、それとも火炎放射器で殺されたのか、アーミーナイフで殺されたのか、真相究明をしないと、123便の犠牲者はいつまでたっても、亡くなった人は弔われないように思います。
墜落事故から無事で、さらに何らかの勢力からの殺害からも奇跡的に逃れた生存者はいまだに苦しんでいます。実名を出して書き込むことはしませんでした。
事故もしくは何らかの殺害行為にあった被害者のご冥福をお祈りするとともに、二重の危険から助かった生存者の方も、事故・殺虐の苦しみを乗り越えて、普通の生活ができるように祈ります。
名無しさん 2017/08/13 06:52
同じ名前を一括非表示にする機能欲しくなったわ。
名無しさん 2017/08/13 06:57
個々の自衛隊の皆さんは、本当に頑張っています。しかし、上にいけばいくほど怪しい人物はいるもんです。
稲田元防衛大臣とかいうインチキも、同じでした。この女は馬鹿過ぎたから、インチキが普通に分かりましたが、稲田のような馬鹿女にかかれば、海外で自衛隊の方々がなくなっても、普通に記録ごと抹消できるということですよ。
皆さんはマスゴミに騙されて、日報事件なんかたいしたことないと思ってますが、あれは、自衛隊の方が海外で命を落とした事実すら、簡単に抹消できるということですよ。
日本は、不祥事をすぐに隠します。皆さんはどうして過去の大戦で大本営が出した命令が全く現場に通ってなかったことに疑問を持たないんですか。
平和がいい、戦争は悪いとか、そういう単純な話はしますが、大戦のことをちゃんと検証しようとすることはしませんね。
どうして特攻隊とか命を捨てろという命令がまかり通るのか、考えないんですか。
名無しさん 2017/08/13 07:00
僕は、稲田元大臣の馬鹿を見てから、さらに自衛隊は信用できなくなりました。稲田の馬鹿が大臣やっていたら、シビリアンコントロールとかあったもんじゃありません。
123便事故で救出に向かって射殺された多くの自衛隊の方々のご冥福もお祈りします。
名無しさん 2017/08/13 07:30
セウォル号がアメリカの潜水艦にぶつかって沈んだ、とか言い張ってる韓国人に近いテイストを感じる文章ありがとうございました
123便の故人や遺族を侮辱したいのかな?
名無しさん 2017/08/13 07:54
単なるアホやな。
名無しさん 7時間前
余程ショックだったんだよなあ。
そして、また、その後二度と利用しないってのも、あそこまで大きくなれる理由なのだろうか?
 
名無しさん 25分前
暑いと、変な人がでてくるね・・・
 
名無しさん 3分前
夏休みですからね^^;;
 
名無しさん 1日前
亡くなった人たちの遺族もいるのであまりおおっぴらにはしない方が良いと思う。助かった人には天命があるような言い方すべきではない。
たまたまなだけ。
 
名無しさん 2017/08/12 12:27
おっしゃる通りだと思います。
「忘れない」ことには賛同できますが、不必要に悲しくなります。
名無しさん 2017/08/12 13:24
そう思う。
伝えたい気持ちはわかりますが、多数の方が犠牲になられたわけですし。
犠牲者が全くいなかったというなら良いと思いますけどね。(もちろんシチュエーションとしてあり得ませんが)
名無しさん 2017/08/12 13:44
日野原氏のようにいい加減な法の運用でも救われる人も居たりするわけです、テロリストと話はしませんと言って空港で爆破するか上空で撃墜するような事態も想像されるわけですから。
ほかの生存者がどのような人が居たのか差し引きでマイナスと言う考えもできるでしょうが、医師として救った数も加えればその数字も少なくできていると思いますが。
名無しさん 2017/08/12 13:56
コメ主に賛同。
記事にせずに居酒屋で話しておけばよい話。
遺族の悲しみを増幅させるだけの記事。
名無しさん 2017/08/12 14:10
確かに。生き残る者はだいたい飛行機代を自分で払っていない者
自分で払った者はキャンセルや変更はせず必ず搭乗する
当日はスケジュールに合わせて行動する。乗り遅れないようにと。
美談でも何でもない
名無しさん 2017/08/12 14:15
pir_*****
そんなことはない。
変更の可能性があったり余裕があれば変更可能なチケットを買うし、会社のスケジュールや予算に合わせるために無理やり便に間に合わせる人もいる。
名無しさん 2017/08/12 14:20
キャンセルして助かった人がいるってことはその逆もあるってことだけどね
名無しさん 2017/08/12 14:34
配慮を求めすぎ。息つまりそう。
名無しさん 2017/08/12 15:15
たとえば逸見さん一家が乗った123便は墜落しなかったかもしれない。世の中はたくさんの偶然の連鎖で動いている。全ての人や物事はパズルのピースのひとつ。
名無しさん 2017/08/12 15:29
東日本大震災の生存者は、死者の遺族が悲しむから報道するなというんですかね?
地震発生時に何をしていたか、被災地の人の気分を損ねるから被災地以外の人間は語ってはいけないというのですかね?
※天邪鬼で言っているのではないです。
名無しさん 2017/08/12 16:23
あの事故の裏ではこんなことがあった、という報道自体は別にいいんじゃないかな。
たぶん「亡くなった方はどんな方だったかに触れておらず一面的」「社会的地位が高い人物ばかり」の2点によって反感を買いやすいのだと思う。
名無しさん 2017/08/12 17:19
chiさん
コメ主は、報道全体を非難しているわけではないと思いますよ。本当は乗るかもだったけど、奇跡的に回避できたー的な報道に対して非難をしていると思います。
東日本の報道で言うと、地震の前日に東北から引っ越してましたー!とか、本当はその日に東北に旅行に行く予定でしたが仕事の都合でキャンセルしてましたーとかの特集記事を読んで、はぁ?と思うのと一緒だと思います。
名無しさん 2017/08/12 17:21
近所のサラリーマンの方は部下と大阪出張だったが、飛行機のチケットが1枚だけ取れて、部下は新幹線に乗った。譲った部下ももう定年退職してるだろうが、こんな記事読んでどう思っているのだろう?
名無しさん 2017/08/12 17:30
天命云々の話はしない方がいいよってことをコメ主はおっしゃってるのでは?
亡くなった方は天命がないような言い方は亡くなった方やご遺族対して失礼では?ってことだと思うのですが。
名無しさん 2017/08/12 18:01
運も実力のうち
名無しさん 2017/08/12 18:01
知人の奥さんがキャンセル待ちで乗って
若くして亡くなりました。
遺書が発見されたので、何度も報道された方です。
綺麗な方でした。
慰めの言葉もありませんでした。
名無しさん 2017/08/12 18:09
たまたま?じゃあ、、あんたも、たまたま生きてるつまらん存在なんだな。
名無しさん 2017/08/12 18:29
孫正義の恩人だよね 翻訳機の。
名無しさん 2017/08/12 20:08
確かにただの偶然かもしれないし、亡くなった方のご遺族は複雑かもしれない。
ただ、こうした大きな事故を生き延びた人が事故のことを語ることで、日航機事故があったことすら知らずに生きている人々に伝えていくのも、事故を風化させない一つの手段であると思う。もう既にこの事故がフィクションだと思っている世代もいるのだから。
事故を避けられた人も、自分が乗っていればキャンセルで代わりに乗った人が死ななくてもよかったかも、と自分を責めている方がほとんどだそう。事故の記憶を話すのを、当事者でも無い人が責めることで口をつぐみ、事故がますます忘れ去られていくのは遺族も望まないのでは。
名無しさん 2017/08/12 20:14
かしまし娘の長女である歌江さんだった
彼女もにたような経験してるとか
名無しさん 2017/08/12 20:27
そういった日だからの記事なんだろうけど・・・
回避出来た人がいる一方、多くの方が犠牲になっている
なんか、改めて”運が無かったね”って言われている気のする遺族がいても
おかしくない
遺族じゃ無くても、今日この記事か・・・と思う人も多いのかも
名無しさん 2017/08/12 21:09
この事故がフィクションだと思ってる世代がいる?
これ本当ならかなり衝撃的ですね。少なくとも私の周りにはそんな人間は1人もいません。
名無しさん 2017/08/12 21:23
数年前、山梨のトンネル崩壊があったが、俺は友人らと崩落前に通過している。その当時は「危なかったな」的な会話はあったが、死傷者が出ている以上は不謹慎に思っちゃうんだよね。
名無しさん 2017/08/12 21:28
たまたま…運命…何処が違う??
そして記事には「生かされた命ですから、人の役に立つ製品をつくらなければと思って、これまでやってきました」とはあるが何処にも「天命」のような大それた表現はない。
表現を変えて噛みつかない方が良い。
この便に搭乗の予定が一つ前の便にキャンセル待ちが出て事故を免れた人もいて、その空いた席に搭乗した人がいて…
それも運命。
名無しさん 2017/08/12 21:55
こんな記事が必要です!
風化を防ぎます。
配慮のし過ぎは、息が詰まる。
来年も是非、同様の記事掲載を希望します!
名無しさん 2017/08/12 22:30
人生にも影響する予測外のことが起きた時に、それが単なる偶然なのかそうなる運命だったのかについては、人それぞれ考えの相違があるし、運命については科学的な証明があるわけではないので、宗教的又は哲学的な信念に基づくものであろう。
運命論が正論であっても、飛行機事故の被害者の遺族に「こうなる運命だった」みたいな事を軽々しく決め付けて言うべきではない。
これは被害者がどう感知するかにもよるだろう。
名無しさん 2017/08/12 22:33
逸見なんて胃癌で死ぬ運命だったんだし、シャープだって結局潰れる運命だったんだし、二人とも仲良く乗ってれば良かったのに。
名無しさん 2017/08/12 22:47

それなら、人間みんな平等に死が訪れるんですけど。
名無しさん 2017/08/12 23:19
当時坂本九はすっかり落ち目、過去の人。逸見政孝はスーパータイムが当たって、フジテレビの看板アナ。ブロマイドが売れる程の人気者。運の上り下りはあるかもしれない。
名無しさん 2017/08/12 23:33
>亡くなった人たちの遺族もいるのであまりおおっぴらにはしない方が良いと思う。
考えすぎですよ。便を変更して事故にあった人もいれば、助かった人もいる。それはただ実際にそういう現実があったというだけのことです。そんな例は事故が起きた頃からいくらでも言われてたと思います。
名無しさん 2017/08/12 23:39
人の生き死にを、人がとやかく言うものじゃない・・
というセリフの映画があった。
名無しさん 2017/08/13 01:38
そのたまたまも、予め決められたものではないのか?世の中には偶然は無いという。
遅かれ早かれ人は必ず死ぬ。自分の見聞から云えるのは、寸前のところで命拾いした人は、その後に不幸に見舞われる事が多いように思える。
死神が迎えに来た時は素直について行く方がよい。抗えば予後は良くない。
名無しさん 2017/08/13 01:41
350便事故は風化してますね。
あちらは事故というより殺人事件ですが。
名無しさん 2017/08/13 02:27
123便事故がテロである可能性が高いのに、ここまで延々と報道規制が徹底されて僅かたりともその話題が出ない様は、天安門事件について徹底した情報統制を敷く中国と、日本はたいして変わらないなとつくづく感じてしまう。
名無しさん 2017/08/13 02:28
人間は想像力が豊かだからなあ。いろんなことを想像して偶然だ、必然だといろいろ考えたりする。そういうところに宗教が付け込んだりするんだけどね。
名無しさん 2017/08/13 03:00
人の人生何て、偶然の賜物。生まれ来る時からそうでしょ。人生の途中で起きる事も奇跡のような物。死を迎える人も居れば、生き永らえる人も居る。それは受け入れなければならない事。死を迎えた人の人生話もあり、生き永らえた人の人生話もある。両方あって当然。死を迎えた人の話ばかりじゃない。こういった永らえた人生の話も、自分の生き様に照らし合わせて必要な事。決して不必要な事は無い。
名無しさん 2017/08/13 03:07
別に遺族が記事に文句言ったわけじゃなし、
どーでもいいじゃねーか、
ヤフコメ連中ってホントくだらね。
名無しさん 2017/08/13 03:49
不謹慎厨なんて久しぶりに見た
まだいるのかこういう人w
名無しさん 2017/08/13 06:36
こんな話は酒の席で本人が話す事やね。
犠牲者家族からしたら不快になる。
名無しさん 2017/08/13 08:09
確か坂本九さんは逆にキャンセルを拾ったんだったよね
名無しさん 2017/08/13 09:29
この世は、全て確率で成り立っている。
今日、明日死ぬかもしれない確率は誰にでも必ず有る。
当選するかどうかは運次第。
とりあえず、二度も事故機に乗らずに済んだのも強運、
100歳でも病死していないのも強運。
運がいいだけ。別に君が死んでてもあまり世の中は変わらなかったとおもうぞ。
名無しさん 7時間前
そこ?って感じだけど、シャープの元副社長ひどい、前日にそのフライトで帰らないとわかっていたのに奥さんに連絡しないの?
奥さん空港で待ちぼうけ…ってすごいな。
 
名無しさん 56分前
満席だったからね
キャンセルして命を拾った人の分、命を落とした人がいるわけで…
悪気がないのは重々承知しているけど、あまり公に口にされないほうが…
 
名無しさん 49分前
キャンセルした人のせいで乗る事になった人もいるわけで…。
 
名無しさん 1日前
確か、さんまさんもそうでしたね。
 
名無しさん 2017/08/12 09:00
いつみさんもシャープも今は、ない。
名無しさん 2017/08/12 10:57
それがきっかけで娘の名前(生きてるだけで丸儲け→いまる)にもなったんですよね。
名無しさん 2017/08/12 12:11
「ひょうきん族」の収録が長引いたからだ。
名無しさん 2017/08/12 15:50
いや、一本早い便だったはず。
その後大阪で事故を知り、ラジオではショックで喋れなかったとか。
名無しさん 2017/08/12 16:28
さんまは有名でしょう。
名無しさん 2017/08/12 17:45
その日のヤンタンは「さすがにいつもの感じでは放送できひん」ということで、レギュラーが好きな曲をそれぞれ一曲ずつ流して、それにまつわるエピソードを紹介するという構成だった。なんか聴き入ってしまった。
名無しさん 2017/08/12 23:55
フジテレビの全盛期だよ、テレビ夢列島に毎正月のゴルフ対決。
タモリ・たけし・さんまのBIG3に、暴走しかしないこの3人を見事に引っ張った逸見さん。
そのうちのふたりが123便に乗るはずで乗らなかったというのは、なんという偶然の巡り合わせなんだろうね?
さんまがいないお笑いがどうなっていたかなんて、想像もつかない。
また、アナウンサー出身のバラエティ司会者の現在まで続く流れを作ったのは、間違いなく逸見さんだし、ガン告知に関するそれまでの概念をひっくり返したのも、逸見さんだったし。
そしてこのふたり以外にも、もし稲川淳二が123便に乗っていたら、今の日本でここまで怪談というものが身近かつメジャーなものになっていたか、という想いもある。
名無しさん 2017/08/13 01:09
ゾッとする話だね。逸見さんは結局短命だったのが悔やまれるが。
さんまさんに関しては国内での移動はこの後、新幹線と車のみと聞いてる。
今でも、さんまさんがいなかったら自分にとってテレビは本当につまらない物になってたと言い切れる。
名無しさん 2017/08/13 01:32
>>もし稲川淳二が123便に乗っていたら、今の日本でここまで怪談というものが身近かつメジャーなものになっていたか、という想いもある。

怪談話って古典落語のジャンルで確立されてるくらいだからそれは言い過ぎ。
名無しさん 2017/08/13 01:55
当日は月曜日で、大阪のMBSラジオ「ヤングタウン」の生放送がある日だった。さんまさんこの日出演を回避。「怖くて話ができない」と言うコメントだけだった。
この件に関してはその後の30数年、ほとんど公の場で発言してないはず。もちろん笑いにできないし、するようなこともないからだろう。自分が助かったことをよかった、と振り返ることすら遺族の気持ちを考えると不適切と考えるからではないか。
名無しさん 2017/08/13 02:00
それらの逆が坂本九さんだったから、あんまり滅多な事言うもんでないよ。
坂本九さんは日航嫌いで有名で、同時刻同一目的地だと必ず全日空機に乗ってたのに、あの日は全日空機が全て満席で、渋々乗ったのが123便。
名無しさん 13時間前
私は翌日に同機に搭乗予定でした。
事故原因は10年も前に起こした尻もち事故の修理不良によるものだったということで、10年間も持ちこたえていたのに、私が乗る前日に損壊したというのがとても恐ろしく感じました。
当時12才でしたが、やはりその後の人生観に大きく影響があり、いつ死んでも後悔の無い生き方を心掛けてしっかり実行しています。
自分には関係ないと思う人も、きっとどこかで、紙一重の幸運で生かされていると思った方が良い。
 
名無しさん 6時間前
>怪談話って古典落語のジャンルで確立されてるくらいだからそれは言い過ぎ。
確かにジャンルとしてそれなりの確立はされていたけれど、怪談をテレビやライブで通用するエンタテインメントとして大きく開花させたのは、間違いなく稲川淳二以外いないです。
怪談と聞いて、10人が10人とは言いませんが、10人に6人か7人くらいは稲川淳二を頭に浮かべる…それはつまり、そういうことです。
話がずれまくるので、これ以上は言いませんが。
 
名無しさん 4時間前
うちの父親も仕事のせいで便を遅らせたおかげで命拾いしたらしいけど、自分のキャンセルした代わりに誰かが乗って命を落としたと思うと複雑だと言ってた。
さんまとかも同じ気持ちなんだろうな。
 
名無しさん 1日前
逆のパターンもあったかも。乗る予定ではなかったのに、急遽乗ることになったと。そう思うと何も言えないな。
 
名無しさん 2017/08/12 17:54
さんまさんと稲川淳二さんの分
キャンセル待ちで乗れた人が亡くなってる。
名無しさん 2017/08/12 18:10
アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言いました。「この世界に偶然はない。未来は確定している」という意味です。(その後、アインシュタインは量子論の不確定性原理に負けましたが)
名無しさん 2017/08/12 20:17
稲川さんてよく不思議な体験するよな
名無しさん 2017/08/12 21:11
人の運と言うのは本当に分からないものです。
私の母が昔務めていた会社の同僚も、東京出張の後で福岡出張が入り、最初は日本航空123便の搭乗券を買っていました(乗り継ぎ便)。
しかし、その同僚は麻雀が好きで、1秒でも早く麻雀を始めたいという麻雀狂だったので、東京-福岡の直行便(こっちが到着が速い)の空きが4人分あると知ると仲間を説得してその123便をキャンセルして直行便に変更。
ただ、当時携帯もない時代なので事故当初はその4人の安否が絶望的だったことに会社内の空気は暗かったらしく、飛行機を変更して福岡にいると知った時は緊張の糸がほぐれたのか皆脱力したそうです。
麻雀を早く始めたいという理由に皆さん呆れたようですが、結果的に難を逃れたので、それ以降その麻雀狂の人は「持っている男」として有名になったそうです。
名無しさん 2017/08/12 21:33
この夜バーで飲んでて隣の客が「俺、あの便に乗る予定だったけど一つ前にキャンセルが出て乗ったんだよね。命拾いしたよ。」といっていた。
そしてその人の代わりにキャンセル待ちでこの、日航機「123便」に搭乗した人もいる。
それも運命。
合掌。
名無しさん 19時間前
タイタニックに似てる。
 
名無しさん 18時間前
阪神の球団社長だった中埜氏もオーナーの代理で会議出席のため予定変更、さらにANAに乗るはずだったのがJALの123便になってしまったそうで、阪神電鉄の常務さんと一緒に亡くなってしまった。
勉強家で選手を労わる良い社長さんだったとか。
 
名無しさん 9時間前
この年、タイガースは日本一に…
 
名無しさん 1日前
九さんは亡くなってしまった…
しかし、国内線で乗る乗らないは別として、これだけ有名人が重なるものなのか。
 
名無しさん 2017/08/12 08:40
羽田→伊丹という主要都市間、かつビジネスマンには使い勝手のいい夕方の便、更にお盆という繁忙期だからじゃないですかね?
名無しさん 2017/08/12 09:54
あと覚えてるのはハウス食品の社長かな。
名無しさん 2017/08/12 11:10
阪神の社長も乗ってたな
名無しさん 2017/08/12 12:28
九さんはJAL嫌いでANAしか搭乗しなかったのに、この時は手違いか空席がないかで123に搭乗したんだよね。阪神は中埜球団社長がなくなって、123便の機体の一つ前のフライトが福岡-羽田便で平和台の試合が終わって後楽園に移動する、吉田監督以下掛布、岡田、真弓、バースら日本一の主力メンバーが搭乗してたよね。
名無しさん 2017/08/12 12:36
当時、新幹線は東京~新大阪で3時間10分かかってたから、少しでも急ぐ人は飛行機を選んでた。(国鉄の末期で、何度も値上げしていたので、料金差も少なくなっていた為)
この事故と、新幹線のスピードアップ(今は上の区間が2時間半で、飛行機の搭乗手続きの時間を含めると遜色なくなった)もあって、東京~大阪の移動は新幹線を選ぶ人が増えた。
名無しさん 2017/08/12 15:22
当時の伊勢ヶ浜親方(元清国)の妻子もいました。
名無しさん 2017/08/12 18:26
当時の新幹線は食堂車もあったよ
名無しさん 2017/08/12 19:24
今みたいに割引チケットもなかったし、今みたいに庶民が気軽に乗るようなものではなかったのも確か。
名無しさん 2017/08/12 22:15
ミス日本をたくさん輩出していた和田美容研究所の
和田浩太郎先生も乗っていました。
姉が指導を受けていたので、悲しんでいたことを
思い出します。
名無しさん 2017/08/13 01:49
明石家さんまは、実際には若干違う日時の便の予定だったけど話のネタに123便だったと言ってるらしいです。
名無しさん 2017/08/13 01:59
坂本九は墜落事故の次の日に、なるほどザ・ワールドに出演してたから飛行機に乗ってたのは間違いだなってホッとしてたけど、後からやっぱり乗ってて残念な結果になってしまい本当にびっくりしてたのを今でも覚えてます。
名無しさん 2017/08/13 05:26
>当時、新幹線は東京~新大阪で3時間10分かかってたから、少しでも急ぐ人は飛行機を選んでた
↑いやいや…空港まで行く時間、チェックインしてから離陸までの時間、到着してからの手続きの時間、、、もろもろ考えたらそんな選択しねぇよ
名無しさん 2017/08/13 08:08
明石家さんまさんは偶々ひょうきん族の収録が早く終わって一本前に搭乗出来て難を逃れた。逸見政孝さん一家は直前に飛行機から新幹線に変更して難を逃れた。ではなかったですか?
名無しさん 2017/08/13 08:18
九さんがあの飛行機に乗らなかったら今頃は、と、30年以上たった今でも思わずにはいられない!!
名無しさん 4時間前
子供の時に九さん好きだったから悲しかった。
不謹慎だけど、当時「九さんだけ助からないか?」とさえ思ったもの。
六八九の3人も、全員亡くなってしまいました。
 
名無しさん 4時間前
そのあと坂本九の不倫の話を知って、4んでよかったと子供心に思った記憶がある。
 
名無しさん 3時間前
時間帯でしょう。
 
名無しさん 1日前
逸見さんは難を逃れたけど、その後があまりにも短かった。
 
名無しさん 2017/08/12 12:27
いや違う。
それまでは只のフジテレビ報道アナウンサー
それ以後は、結果国民的司会者。
事故以後彼は大きな名声を手にした。
短いということはない。
名無しさん 2017/08/12 12:27
63年に原因不明の腰痛や突然倒れたりがあり、その頃からガンがあったともいわれている。
名無しさん 2017/08/12 16:42
逸見さん、今情報を見ると十分人生を謳歌したように見えるのに
当時はまさかというか、ショッキングなニュースだったなぁ
名無しさん 2017/08/12 18:43
その後、奥さんもしばらくしてガンを連発して亡くなったのはちょっと残念だったね。
太郎が奥中にかよっていた時はひどくアレていたけどw
名無しさん 2017/08/12 19:16
シャープの佐々木社長が100歳になるというのにびっくり!です。
名無しさん 2017/08/12 19:17
1年後に亡くなるのは本意ではありませんと言ってたのに・・・。
名無しさん 2017/08/12 19:19
ガンのため48歳の若さで亡くなられました。今でこそ芸能人や有名人がガンになったら世間に発表したり、医者が本人にガン告知をするのは一般的になりましたが、そのきっかけとなったのが逸見さんでした。
生きてさえいれば、今年で72歳ですね。タモリさんと同い年です。「ブラタモリ」でゲストに出て、二人で色々話しながら歩く姿を見たかったです。
名無しさん 2017/08/12 20:38
>>生きてさえいれば、今年で72歳ですね。タモリさんと同い年です。「ブラタモリ」でゲストに出て、二人で色々話しながら歩く姿を見たかったです。
今やれば、絶対見てる。2人とも早稲田だしトークに花咲かせそう。
タモリ、さんま、たけしのお笑いBIG3と逸見さんの絡みは面白かった。
名無しさん 2017/08/12 22:52
さっきカキコをした者です。佐々木元社長と書いたけど「佐々木元副社長」の間違いです。申し訳ありませんでした。
名無しさん 2017/08/13 08:25
逸見政孝さんががんに侵されなかったら今頃は、と、20年以上たった今でも思わずにはいられない!!
名無しさん 4時間前
難逃れたみたいになってるけど満席だったんだよね?だったら元々乗れなかったんではと思う。キャンセル待ちしても4人分取れるかは分からないしね。
単純に乗れないから新幹線にしただけの話でしょ。
祖母が霊感みたいな話もあるけど満席で予約取れてないんだから関係なくね。
 
名無しさん 4時間前
確かに逸見さんはその後の人生は短かったが太かった。逸見さんがフリーになって活躍しなかったらアナウンサーはただの原稿読みだったかもしれない。
 
名無しさん 3時間前
世の中には「太く短く」生きる天命の人がいます。
でもそれだけに人の心に強く印象を残したのだと思います。
 
名無しさん 1日前
自分の同級生はキャンセル待ちで搭乗して亡くなりました。
人の運命って本当にわかりませんね。
強運の人って何か特別な使命でもあるのかな?
 
名無しさん 2017/08/12 13:33
守護霊が
強い
名無しさん 2017/08/12 15:59
確か昨日のこのシリーズの記事で、キャンセル待ちをしたが、自分の前で満席になったことを書いていましたね。ご友人が、キャンセル待ちで乗ってしまったその内のお一人だったのですね。
人の運命は、わからないものですね。
名無しさん 2017/08/12 18:08
アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言いました。「この世界に偶然はない。未来は確定している」という意味です。(その後、アインシュタインは量子論の不確定性原理に負けましたが)
名無しさん 2017/08/12 20:29
どうでもいいことばかりで運を消費してしまう…
名無しさん 2017/08/12 20:30
私も、実は。。。
阪神大震災を回避した人間です。
東京転勤を言い渡された12月半ばに夫は、「翌年の1月20日に引っ越そう」と言い出しました。
しかし私は「早く東京に行きたいから年内に引っ越したい」と言い出したのです。幸い私のわがままを会社も認めてくれて、年内に引っ越しを強行できたのです。
その翌年1月、阪神大震災が起き、私の親戚や友人たちがパニックに!まだ転居通知を出す前だったので、みんなすごく心配してくれたようです。
他にも、東京のサリン事件や、大阪の脱線事故にも、時間差で回避できました。
名無しさん 2017/08/12 21:34
この夜バーで飲んでて隣の客が「俺、あの便に乗る予定だったけど一つ前にキャンセルが出て乗ったんだよね。命拾いしたよ。」といっていた。
そしてその人の代わりにキャンセル待ちでこの、日航機「123便」に搭乗した人もいる。
それも運命。
合掌。
名無しさん 19時間前
阪神を回避できたってことは大阪か兵庫にそこそこな期間住んでおられたとうことですよね。脱線事故は尼崎なので兵庫県です。関西以外の人から見ると大阪のあたりと思うかもかもしれませんが、大阪や兵庫の方であの事故を大阪の事故という人はいません。
 
名無しさん 17時間前
阪神大震災で、家族や友人が全員亡くなり自分だけ難を逃れた、というのであれば凄い強運だね~って話になりますけど、そうじゃないのであれば、日航機事故回避と同列で語る。ちう
日航機事故は、搭乗→殆どの方が亡くなっていますので、
 
名無しさん 4時間前
特別な使命ではなく、未熟者で、まだやり残したミッションがあるから4なせてもらえないという解釈もあるらしいよ。
 
名無しさん 1日前
人の生き死には分からない。健康な若者が不慮の事故にまきこまれることもあれば、余命を告げられた老人が余命をはるかに超えて生き永らえることもある。だとしたら人生は気負わず、のびのび生きたいな。
 
名無しさん 1日前
私の昔の上司が、やはり急用が入りキャンセルをして難を逃れたそうですが、かわりに犠牲になった人がいることに心を痛めていました。
その方は地下鉄サリン事件のときも、急用ができて違う時間にしたとのこと。
運命といえばそれまでですが、亡くなられた方やご遺族にとっては、運命なんて言葉で片付けたくはないですよね。
 
名無しさん 2017/08/13 09:41
>かわりに犠牲になった人がいることに心を痛めていました。
これは流石に仕方ないよね。
名無しさん 4時間前
自分のことばかりでなく、代わりの方のことを気遣えるとても心の優しいかたですね。
 
名無しさん 4時間前
遺族はお金いっぱいもらってるから平気だよ
 
名無しさん 29分前
運命です。
 
名無しさん 1日前
今みたいにケータイがなかったから…
空港でどれだけハラハラして到着を待っていたのでしょう…
逸見さんも、それは大変でした…
ご家族で乗るところだったのですか!
きっと、123(イッツミー)に乗りたかったのでしょうね…
コメント欄に書いてあったさんまさんが移動手段を新幹線に変えたことは存じませんでしたが、そのくらい恐ろしい事故でした。
 
名無しさん 2017/08/12 14:36
乗る便は伝えていたのに、予定変更を迎えに来る奥様に
伝えないなんて、自分勝手に感じるのは私だけですか?
名無しさん 2017/08/12 14:44
↑昔は携帯ないからね
名無しさん 2017/08/12 15:32
登場直前ではなく前日にわかっているのだから固定電話で連絡すればよいのにと思います。
身勝手というかなんというか、奥さんは家来という時代なのかもしれません
名無しさん 2017/08/12 18:19
今ならLINEで済む。
昔は固定電話しかないからね。
駅に伝言用の黒板があった時代。
名無しさん 20時間前
当時はポケベルでした
 
名無しさん 20時間前
↑今も駅に伝言板はあるよ。
 
名無しさん 3時間前
奥さん気がもめて大変だったでしょうね。
当時は企業戦士の時代だし、まして会社の頭になる人は会社に家庭のことなんてにおわせなかったと思う。
仕事に没頭すると家庭は二の次だった…。
今なら考えられないよね。でも当人が連絡できなければ、誰か部下にでも頼んで連絡入れてあげればよかった。
 

 

関連記事

  1. 小田急、保存ロマンスカーなど一部を解体へ
  2. 田園調布「お受験の名門塾」が大事にすること
  3. バブル期超えた!景気拡大、私たちの実感が薄いのはなぜか? 今後は…
  4. 音楽教室から著作権料、反対署名56万人 文化庁に提出
  5. 妻と別居で毎月22万円の赤字に…「婚姻費用」に押し潰される男たち…
  6. 子どもの病気で「急な欠勤」繰り返したらクビになりそう…どうすれば…
  7. 「20兆円、徳川埋蔵金」は本当に実在するのか
  8. マナー違反する他人の子供を「叱るべき」か否か、結果は圧倒的

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生…

【高校野球】“大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!

初戦で自己新記録の154キロをマークした佐々木朗はせず 第100回全国高等学校野球選手権…

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は?

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。逮捕から23年だ…

スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか

● スタバとマックの背中を押した 想像以上にひどいプラスチック汚染 ダイヤモンド・オ…

トミー・ジョン手術を受けた球児の悔い 「痛み我慢せず早く言えば…」

 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱…

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴー…

ビットフライヤーに改善命令、新規募集停止へ

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改…

マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案…

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界

 RPGで「はい」か「いいえ」を選ぶとき、私は必ず「いいえ」を選ぶ。 大抵は「はい」で先…

静岡の29歳女性遺棄、40代の男逮捕 監禁容疑、名古屋の警察署に出頭

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査…

new!

プロダクト&サービス

PAGE TOP